FC2ブログ

Entries

カウンセラーに相談しても不登校が動かない理由

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学1年男子、1年程前に起立性調節障害の診断を受け
私立中学に合格するも、ほとんど行けてません。

心療内科で行動療法の指導を受け、本人のカウンセリングを
受けていますが、先生の話では、学校へ行かなければならないと
思っていない、今の状況に困っていない様子との事です。

ゲーム、テレビを完全に取り上げるも、スマホを取り上げる事に失敗し、
現在、解約しようかと検討中です。うちの子は病院で幼いと言われ、
行きたくても行けないという感じでは無さそうです。こういうタイプの
不登校の対応を教えて下さい。

******************終わり******************************

……

回答:

私はカウンセラーの先生とは不登校に
対する考え方が違います。

見方も違います。

例えば、「魚」の見方も人によって違います。


漁師さん、料理人さんでは違います。
釣り人と水族館の人でも違います。

同じように不登校でも見方は全く違います。
どれが正しいとかではありません。それぞれ
目的、立場によって、見方が違うのです。

だから、料理人さんに水族館の人が魚の
様子を観察した内容を話しても、何の参考にも
ならないのがわかりますか?

カウンセリングの先生の見方と教育者の
見方も違います。


だから、同じ子を見ても結論は違うのです。

心療内科の先生は「心」を基準にして対応
されていると思います。

私は「心」だけで対応しません。

この違いを理解しておかないと、私の話を
聞いて、カウンセラーの話を聞いて、混乱
しないようにしてください。

自分が信じられる、自分に合うと思う先生の
話を聞くようにするといいと思います。

不登校はどんなタイプでも、基本は親子関係
そのものが良い状態になければいけないです。
料理人が魚を取り扱う時、どんなタイプの魚
であっても「新鮮さ」が大切なのと同じです。

共通しているのは親子関係です。

私からすると、カウンセリングを受けなくても
幼いかどうか、学校へ行く意志があるかどうか、
親が聞けば分かる話だと思っています。

それができない状態がおかしいと思うべきです。

つまり、親子関係が良くない、正常でない。

親子関係が正常なら、テレビやゲームを
取り上げなくても問題はないはずです。


ここが分かってほしい所です。

では、どうすれば親子関係は改善するのか?

「共感の会話法」を使って下さい。

親の多くは子どもに問い詰め過ぎています。
動かそうとして必死になり過ぎています。

子どもの気持ちや感情、答えに共感して
あげることをしていません。心を開かなくて
当然です。

カウンセラーの先生に心を開いても、
あなたに心を開かなかったら意味はない。


私はそう思っています。

だから、私はカウンセリングを受けられない、
行かない不登校の子にも使えると思って
お勧めしているのが「共感の会話法」です。

メールマガジンで詳しい方法は話しています。

テンプレートに沿って、実践して下さい。

子どもはすでに多くのシグナルを発しています。
それに気がついていない大人たちなのです。
気づくために共感の会話法が必要です。

多くの不登校親子が共感の会話法で
改善できるので、安心してやってみてください。

これで大きく前進しますよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2044-aac06c20

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

不登校小冊子をお申込みされた方に、講演動画を限定配信しています!



プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ