Entries

優し過ぎる不登校の心の鍛え方

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学2年生の息子です。

性格は先生に「大人しく真面目ですね」と
言われてきました。

中1の11月円形脱毛が出来ました。部活でやる気が
みられないことと、塾に通っているのに成績が上がらないことで
父親に厳しく怒られたことが原因です。

起こられたとき過呼吸になり、塾はやめました。

部活は続けると子供が言いました。円形脱毛はあちこちに出来、
野球部で坊主のためとても目立ってつらい思いをしました。
今も右のこめかみに円形脱毛があります。

9月中旬、起立性調節障害と診断されました。

小児科の薬を飲むと余計に具合が悪くなるので薬はやめました。
体の症状が少しでも和らげばと思い整体に通い、めまい、たちくらみ、
食欲不振、小学校高学年からあった頭痛と耳鳴りが治ったのですが、
朝起きることが出来ません。

部活で活躍の場がないので、辛かったら辞めていいよと言っても
首をかしげます。友達はいますが、趣味が合わないようです。

ベットへ入っても2時間くらい眠れないようです。寝ても疲れが
とれない、たまに悪夢をみると言っています。眠ることができて
疲れがとれたら学校に行けるといいます。

息子が朝起きるようにどんな声をかけたらいいでしょうか。
解決したいです。よろしくお願いします。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校で心が優しく真面目な子たちは、
ストレスで体調不良が次々に起きます。

この子のように、円形脱毛、耳鳴り、腹痛、
下痢、過呼吸、めまい、立ちくらみなどが
出てくるのは普通だったりします。


ストレスで自律神経、免疫機能が弱まり、
体の異変状態が起きます。

病院に行っても治らないのは、原因が
ストレスだからです。ストレスを治さない
限りは、改善しません。

真面目で大人しいと自分を抑え込みます。

周りから何か言われても、それを抱え込んで
しまう。それで抱えきれなくなって、円形脱毛
のようなことになるのです。

私も今まで何人もの円形脱毛になっている
不登校の子を見てきました。

すごくストレスに弱いです。

起立性調節障害もストレスが原因です。


これらのストレスを跳ね返さずに、内に
抱えてしまいます。外へ出す練習、訓練を
していくことで、改善していくので、安心して
下さい。

では、何が根本原因なのでしょうか?

父親の怒りによって学校を休み始めたとの
ことです。

ここが大切です。

厳しい父親がいる、それなのに学校を休む。

普通は、休めば、もっと叱られると考えます。
だから、学校へは行くものです。それなのに、
学校へ行かないのです。


父親に怒られるより、学校を休む方を選択して
いるのです。


子どもにとって親より恐いものはないです。

それなのに休むのです。

ということは、つまり、親が不登校の原因では
ないのがわかりますよね。原因だったら、家に
いないほうがいいです。学校へ行く方が楽です。

お母さんも本当は気が付いているはずです。

次に、野球部についてです。

活躍の場がないということなので、これは、
あまりよくないです。

それでも友達関係の繋がりとかがあるから、
簡単に辞められるものではありません。
安易に辞める事を勧めない方がいいです。

より孤立感が増します。

もう一つ心配なのは、野球部内で馬鹿にされて
いないかどうかです。これは調べて下さい。

具体的にどうすればいいのでしょうか?


まずは、親子関係をきちんと作り直すことです。

これを抜きにして不登校は解決できません。

父親と息子さんの関係を正常に戻しましょう。
これが最初です。

共感の会話法と共同作業法をやってください。

メールマガジンなどで詳しく話していますよね。

父子関係が改善すれば、家の中では普通に
過ごせるようになります。朝も起きてきます。

起立性調節障害は不安から起きています。
恐怖心と言っても良いです。その半分が親
から受けるプレッシャーなので、そこを軽減
してあげれば、改善していきます。

朝、どれだけ起きる事ができても、学校が
合わない以上は、同じ事を繰り返します。

学校の活動を変えないといけません。

1つは、この子の感性に合う活動を見つける
ことです。野球ではありません。野球をやって
いる時は、ストレス発散できるのでしょう。


スポーツで汗を流せば、気分はスッキリします。

満たされているわけではないです。

2つ目は、自分を主張する体験をさせることです。

自己表現への恐怖感を持っています。本当は
表現、主張したいのに抑え込んでいます。

これを出させるトレーニングが必要です。

感性に合う活動をしながら、そこで主張させる。

これを同時にやる必要があります。

例えば、私の学校でロボットが好きな子に
ロボット製作をさせています。プラモデルでは
ありません。コンピューターで動かすような
ロボットです。

それを製作している時、感性は満たされます。

そして、それらを全校生徒の前で、プレゼン
させるようにしています。自己表現をさせる
活動を加えます。

そうやって育てていくのです。

原因が自分を抑えることだったからです。

やることはわかったと思います。あとは、
しっかり実行してください。

そうしないと、この不登校は高校進学まで
続いて、高校で留年、退学になってしまう
かもしれません。


それでは、今すぐ共感の会話法を使って、
親子関係を改善して下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2042-cf3f9569

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ