Entries

愛情が足りなくて不登校になる子とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学三年生の息子です。
外では、おとなしく友達もいません。

中学2年の2学期から遅刻、欠席を繰り返しています。

昼夜逆転していて、朝なんとか起こそうとしますが、どうしても
起きられない時もあります。

小さい頃に、あまり誉めて育てなかったなぁとか、愛情が
伝わっていなくて親子の信頼関係が出来てなかったのでは等、
反省点は多々あります。

中高一貫校の為、今のところ学校側としては進学させてもらえそうなので、
何とかやる気を取り戻してほしいと思っていますが、無理だったら思いきって
転校も考えています。

息子の将来が心配でなりません。

今後どのように接していけばよいのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

「愛情不足だから不登校になったのか?」

愛情を与えていないお母さんなんてほとんど
いません。みんな、子どもを愛しているし、
周りのお母さんと変わらない愛情を与えています。

ここを間違えてしまう人があまりにも多くて
困っています。

不登校になって、急に子どもに愛情を注ぎ
始めて、子どもが甘えてしまい、逆に動かなく
なってしまう事がたくさんあります。


私の学校へ入学した子で、お母さんが愛情を
異常に注いでしまって、自立出来ない子が
たくさんいます。

この子たちを育てるのは、普通の学校では
とても難しいと思います。

私も苦労するぐらいだから、大変です。

だから、不登校を愛情不足と結び付けるのは
あまりよくないです。逆効果に働く人が多くて
困っています。


もちろん、叱り過ぎている特殊な場合は
除きます。

私が1万以上の不登校家族を見て来て、
家庭教育が原因の不登校はほぼいません
でした。


正直、家庭環境が非常に苦しい子ほど
学校へ行きます。

家に居る方が辛いからです。

親が甘やかして不登校になる子もいない。
厳しい家庭で不登校になっているケースは
たくさんあります。

だから、不登校の家庭に共通点はないです。

一方、不登校の子自身には共通点があります。


それを私は発見した事で、不登校を解決する
ことができるようになりました。

不登校に共通点があるということは、同じ
原因を持っているということです。原因を
取り除けば、みんな解決して行くわけです。

今の学校に居ようが、転校しようが、原因を
取り除かなければ解決はできません。


これをわかってください。

では、不登校の原因は何か?

それは私が小冊子でも話しているように、
「感性の変化」です。

言い換えると、他の子とちょっと違う感性を
持っていることが原因です。


才能や感性、能力が違うから合わない。

だから、友達もいません。

合わないんです。


ただし、感性が発揮できている状態なら
友達もできます。これが面白い所です。

今の学校では、この子は全く輝いていないです。

自分の感性を隠しているので、周りに合わ
せようとするだけです。でも、合わないから、
周りから見ると暗くて、存在感の無いように
感じます。

そんな子と友達にはなりたくないと判断して
いると思います。

では、どうすればいいのでしょうか?

自分らしさを出せる活動が学校になければ、
不登校の子は立ち上がれません。

当たり前のことなんだけど、わかっていません。

学校に合わせるのが普通、だと思い込んで
しまっています。それはそうなのですが、
不登校になるまで追い詰められている。

それなら、考え方を変えないといけないです。

まずは不登校の原因を学んで下さい。

私がメールマガジンを通じて、不登校の子が
持っている不安や本音を伝えていきます。

そして、具体的にどういうアプローチをすれば
良いのかも話しているので、参考にしてみて
実践して下さい。

すべては原因に戻るのです。

原因から逃げていけば、大変な事になるのは
分かっていると思います。

不登校の問題は中学や高校だけでは、
終わりません。大人になっても続いて、苦労
している人がたくさんいます。

だから、今のうちに解決しましょう!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2040-bd0dacfb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ