Entries

精神不安定で髪の毛をむしり取る不登校の子

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

初めまして中二になる女の子の母親です。

今年の夏休み明けから不登校になりました。
勉強が原因ではないかと思っています。

今は一日一食、真夜中に行動しています。

自分で頭の髪の毛を抜いていて(中一から)
今は帽子をかぶらないと出かけられません。
時たまコンビニに行っている様子です。

先生のメッセージを拝見させていただき、
今のわが子とそっくりなのに私も主人も
びっくりし驚きました。

子供に寄り添うとありましたが、顔も見せず、
カウンセリングも拒否し、どのようにアプローチ
すればいいのでしょうか?

何か言えば、『ほっといて』『あっちいって』です。
良きアドバイスをお願い致します。

******************終わり******************************

……

回答:

子どもが反発、反抗するのは決まって
親が無理やり動かそうとした時です。

カウンセリングに無理やり行かせようとしたり、
適応教室やフリースクールに無理に誘ったり、
子どもの意思を聞かないことで反発します。


子どもが嫌がる理由の多くは親が原因です。

「私は子どもの意見を聞いています!」

と、言われそうなので答えておきます。

多くの親御さんが間違ってしまう声かけは、
こんな感じです。

「フリースクールに行ってみたら?」

「カウンセリングを受けてみようか?」


と、尋ねていませんか?

子どもの意見を聞いているようで、自分の
意見を押し付けているのがわかりますか?

子どもの心理状態をしっかりと理解しておく
ことで、正しい接し方ができます。そうすれば
子どもは正しい方向へ進んでくれます。

このまま親に反発を続ければ、不登校も
続いていきます。

中学卒業まで不登校です。

親子がいい関係になれば、会話も戻って、
笑顔も戻り、学校へ向かう気持ちも出てきます。
そして、楽しい学校生活を過ごしてくれます。

なぜ親に反発するのでしょうか?

親は子どものために色々とやります。

すべて子どものためだと先回りして、
アドバイスしたり、行動させようとします。

思春期になった子どもは、親が自分の意志、
つまり、自分の存在を尊重せずに行動する
ことを極端に嫌がります。

これは不登校だけでなく、思春期の子は
みんなそうです。

あなた自身も思春期の時はそうだったはず。

存在を否定されているように感じるのです。

子どもが不登校になった時、親が色々と
言いすぎたのです。それに反発して、この子は
「ほっといて」「あっちいって」と言っています。

これは仕方がないと思っています。

誰も、自分の子が不登校になるとは思って
いません。

怠け者だと感じてしまいます。

だから、怒るし、学校へ行かせようとします。

しかし、不登校は無理に動かしても動こうと
しません。そして、専門家やカウンセラーから
優しくしなさい、自由にさせないさ、と言われて
そうします。


ここで子どもが一気にワガママになります。

逆回転、逆作用、逆効果となって、親へ
反発して、さらに親子関係が悪くなります。


親が子どもになめられる、馬鹿にされる。

さらに、それだけでは終わりません。

弱い親、立場が低い親が家の中にいると
子どもの精神状態が不安定になります。

これは精神科医のお医者さんでも、
気が付いていません。社会心理学とかの
分野の研究です。

私も過去に、この子と同じように頭の毛を
むしり取る不登校の子に出会っています。

やはり、親子関係が乱れていました。

親が子どもの下になっていたりして、
なめられているのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

2つのことをやってください。

1つ目は、親の権威、親がなめられない
ように夫婦で話してください。


あまりに子どもの自由にさせ過ぎては
いけません。親の上に子どもがいる
ような状況は作らないでください。

2つ目は、「共感の会話法」です。

これは親子関係がきちんと直ってから
やらないといけません。

共感の会話テンプレートを使って、会話を
してみてください。

これで精神状態が元に戻っていきます。

カウンセリングを受けたら改善するのでは
なくて、親子関係が改善すれば、心も改善
していきます。

原因が親子関係だからです。

それでは、今すぐ親子関係をしっかりとした
なめられない関係を築いてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2037-a7fc6cb3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ