Entries

親子関係は良い不登校を学校復帰させる会話法とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学1年男子、起立性調節障害の診断を受け、
1年になります。

中学に入学してからほとんど行けてません。

親子関係はいい方だと思いますが、自分に都合が悪くなると
逃げます。結局、現状から動けずにいます。感性の大きな変化、
共感の会話、その次の段階に進めません。

******************終わり******************************

……

回答:

「入学後すぐの不登校が一番難しい」

そう言われています。

例えば、中2からの不登校と中1入学後の
不登校では状況は全く違います。

入学すると2,3カ月かけて、子どもたちは
人間関係、友人関係、グループ関係を作ります。
その関係が固まると、安定して過ごす事が
できるようになります。


特に、中学1年生はクラブ活動の影響が
とても大きいです。

小学校からの友達もクラブが違うと、疎遠に
なってしまうことだってあります。

だから、中学1年の1学期が一番重要な
時期とも言えます。

その時期に不登校で学校に居ないとなると、
友達関係はほとんどありません。グループに
入れないのです。


孤独感が強いです。

これは、中2から不登校の子にはない問題、
不安です。中1の入学当初の不登校が抱える
大きな問題です。

だから、そもそも友達も少ない中で学校へ
戻る気持ちが出てこないのです。

この事を子どもはよく理解しています。

自分が学校へ行っていない間に、みんなは
クラブ活動をやって、仲間意識を強めている。
自分は除け者、部外者だと感じています。


それを感じ続けている状況で、子どもから
動くのを待っていても、動かないです。

ここが分かってほしい子どもの本音です。

普通は、共感の会話をして、親が信頼して
くれて、学校にも友達が居れば、気持ちは
だんだんと変化していきます。

しかし、学校の友達、人間関係が希薄なら
学校へ戻りたい気持ちは少ないです。

そこに働きかけをしないといけないわけです。

では、どうすればいいのでしょうか?

不登校の子は自分が学校へ行かない為に
いろいろな言い訳をします。それを言わせる
会話をしないことです。

ご紹介したいのが「成長の会話法」。

多くの親御さんが不登校の子を動かすのに
失敗しているのは、「押しつけ会話」をしている
からなんです。

「別室登校してみたらどう?」

「午後からでも学校へ行ってみたら?」


提案しているようで、子どもから見ると、
押しつけられている感覚になります。

だから、子どもが自分から考えて、結論を
出して行動させるようにする。その会話法を
使ってもらえるといいです。


それが「成長の会話法」です。

メルマガでお伝えしている方法なのですが、
とても効果的です。

簡単に方法を説明すると、子どもにこれから
どうするのかを尋ねるということです。

「あなたは、これからどうすればいいと思う?」

「どうやったら、学校へ戻れると思うかな?」

「もし、明日から学校へ行けるとしたら、
あなた、学校のどの場所なら、一番不安が
少ないと思う?」


こういう会話をしていくことで、親が学校へ
行かせようとすることを防ぎます。子どもの
反発が少なくなります。

この会話なら、子どもが自分でどうするかを
決めなくてはいけません。

そうすることで、子どもも逃げられなくなります。

決断する事で、人は動きます。その状況を
どうやって作ってあげるかが家庭内での
会話で大切です。


それを作り出すのが「成長の会話法」です。

これは共感の会話ができて、親子関係が
良好になって、次へ進む段階でやるべき
会話法です。


間違っても、共感の会話ができていない
段階では使わないで下さい。逆効果です。

しっかりと順番を守って下さい。

おそらく、子どもは別室登校が一番安心して、
不安なくスタートできる場所だと思っている
はずです。


だから、どうしても別室登校を選択せざる
おえません。

自分で決断するか、親に押しつけられるかで
思春期の子どもは違います。

そのことも頭に入れておいてくださいね。

それでは、今すぐ成長の会話法を使って、
子どもの意志を確認して、学校へ戻す
段階へ進んで下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2035-9fadfcca

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ