Entries

不登校の保健室登校の悪影響に注意しよう!

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

小学校4年の女の子です。

今年の6月より、教室に行けなくなりました。
きっかけは、クラスの女の子たちの悪口を聞くのが
嫌ということからでした。

性格は、真面目で、お世話好き。2、3年生の頃は
不登校の女の子のお世話をしてました。1学期は、
短い時間ながらも保健室登校。そして、たまに、教室にも
行けていました。

教室復帰のステップを、先生たちにコピーして渡したり、
話し合いをもったりしてますが、教室には、全く行けなくなりました。
クラスには仲のいい女の子が1人、男の子が数人いますが、
今は、距離があるように感じます。

クラスの子が来ても、逃げると担任に言われました。

今は、他の子たちと同じように、自暴自棄になり、授業を
受けてないから、将来何にもなれないと言っています。
同じような、教室に行けない仲間がいる場合、1人よりも、
難しいような気がしています。

どのようにして、教室復帰させたらいいでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

問題の本質を突いています。

別室登校や適応指導教室、フリースクールで
課題となっているのが、このお母さんの相談
内容なのです。


これは通信制や昼間定時などでも言われて
います。

不登校の子が集まると、不登校同士で仲間に
なります。それは良いように感じてしまいますが、
ネガティブな面も大きいです。

ネガティブな状態の不登校同士が集まる事で
ネガティブが強化されてしまうのです。


例えば、悪い人の集団に入ると、真面目な子も
悪い格好をして、悪い言葉を使い、悪い人に
なっていきます。

周りに影響されてしまいます。

これは、私が一番注意している事です。

私の学校の場合、クラスの人間関係以上に
寮生活で先輩生徒との関係を重視しています。

先輩生徒は不登校を克服しているので、
入学したばかりのネガティブな気持ちを
持つ子どもに対して引きずられません。

一緒にネガティブになりません。

むしろ、ポジティブな先輩生徒の影響を
受けて元気になってくれます。

フリースクールや別室登校をすることで、
家の引きこもりからは抜け出せます。

しかし、そこに長期間居ると、周りの不登校
の子どもたちと仲良くなり、ネガティブな影響を
受けてしまいます。

不登校の子を一時的に受け入れる施設や
場所が確保されるようになったのですが、
その逆効果、影響が問題となっています。

その場所から移動しようとしないのです。

不登校の仲間と仲良くなった事で、教室の
クラスメイトとの距離ができてしまいました。

溝が深くなったのです。

そして、この不登校仲間が学校を休み出すと
同じように再び不登校になります。

では、どうすればいいのでしょうか?

方法はいくつかあります。

詳しい状況が分からないので、先生と相談
してみるといいです。

2つの方法をお話します。

1つは、保健室に居る不登校の子、全員に
同じ教室復帰のアプローチをすることです。


周りの影響を受けるなら、周りの子たちを
一緒に教室へ戻してしまえばいいのです。

これが1つ目です。

次は、今のアプローチを少し変える事です。

おそらく、この先生やクラスメイト達は無理に
教室へ戻そうとし過ぎたと思います。

しばらくは教室へ戻す刺激を一切やめて、
保健室でクラスメイトと楽しく過ごす事を
大切にして下さい。


これは、この子だけでなく、保健室に居る
他の不登校の子も巻き込む事です。

みんなが一緒に楽しく過ごす時間を作る。

教室へ戻るとかは忘れさえるべきです。

それが1週間は必要だと思います。

様子を見ながらですが、クラスメイトを嫌がる
様子が無くなるまで続けるべきです。

それから、教室へ戻るアプローチをスタート
させてみるといいと思います。

焦れば焦るだけ、悪い方向へ進みます。

それでも、こうやって先生と一緒に行動する
お母さんは素晴らしいです。行動する人が
不登校を克服する事ができます。


今すぐ、行動して下さいね!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2033-3714e917

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ