Entries

父親と不登校の息子の関係改善が重要ポイント!

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

私立男子校に通う中2です。

地元の中学に不安を感じ、私立に進みましたが、
休むようになってしまいました。

幼い頃からこだわりが強く、コミュニケーション出来ず、
すべてにどうせ自分なんて、とネガティブ思考です。

まわりがみんな出来るように見える、みんな仲良しで
自分だけ中に入れない、話も合わない(合わせられない)、
人と同じく出来ずに落ち込み、やる気をなくす、宿題も
たまり休みたくなる、といった状況です。

このまま死んだほうがらくと言って泣きます。
こんな時、どう対応したらいいでしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

「友達ができない。」

不登校の子で孤独で学校で居場所が
全くない子がいます。

一方で、友達が多く、明るく、居場所も
あるのに不登校になる子もいます。


注意が必要なのは、友達がいないから
不登校になるわけではない事です。あなたが
学生時代にも友達が一人もいない子が
クラスの中にいたはずです。


でも、その子は不登校ではなかったはずです。

これが不登校の不思議な部分です。

子どもの話の表面だけを聞いていると、
寂しさから不登校になった、勉強がなかなか
できないから不登校になった、と感じて
しまいます。

不登校の原因があって、その副作用、
付随する現象として、人間関係や勉強、
面白くない、朝起きない、などが起きている。

自暴自棄についてもそうです。

例えば、右足をくじいたら、歩き方が変に
なって、左足の骨に疲労がたまり、腰も
おかしくなる。

こうやって次々におかしくなる。

そうなれば、すべてを1つ1つ直さないと
いけません。

でも、根本原因である右足を治せば、
他の問題も消えていきます。

お母さんの中で子どもを見ると、色々な
問題があって、どれから手をつければ
いいのかが分からないはずです。


鍵穴は1つです。

いくつも鍵があるからわからない。
どれを差せばいいのか迷っている。

そこで、私が「その赤い鍵を差して」と
答えを教えるので、それを素直にやって
みてください。

せっかく勉強して私立中学へ進学したのに、
不登校で台無しになれば、子ども自身も
お母さんも残念だと思います。

戻れるようにアドバイスしますね。

何が原因なのか?

不登校の原因は明確です。はっきりして
います。

「心」だけではないです。

「感性の変化」が原因です。


つまり、他の子、周りの環境とこの子が
持っている「感性」が違うのです。

だから、合わない。

合わせようとしても、感性が違うから
ストレスが溜まるし、辛いんですね。

詳しくは私の小冊子を読んで下さい。

合わないから、違和感を感じます。

「自分だけ、おかしい人間なの?」


このように言う子もいました。周りと自分が
あまりにも違うので、恐怖感があるのです。

才能や感性がある子は、他の人とは必ず
違うものを持っています。それに自信を
持てればいいですが、真面目な子は違いを
ダメなことだと思ってしまいます。

それが根本原因です。

では、どうすればいいのでしょうか?

まずやってほしいのは、お父さんと息子さんの
関係を改善する事です。


ここまで話していませんでしたが、これが
とても重要です。

不登校の中で「死」という言葉を使う子が
います。この子たちの特徴は、男の子の
場合は、父親との関係が良くない。


これは私が1万以上の不登校家族を
観察していて見つけた共通点です。

父親が不登校に関わらない家があります。

それでは解決しません。

不登校の子は自信がありません。それに
父親が見離す態度が加われば、さらに
孤独感が増します。

母親の愛情だけでは補えないのです。

まずは父親と息子さんの関係改善です。


そのためには、2つの事をやってください。

1つ目は「共感の会話法」。2つ目は、
「共同作業法」です。会話と共同行動で、
解決できます。


それぞれやり方はメルマガでお話している
ので、大丈夫だと思います。

お母さんだけがんばっても上手くいかない
ケースは、父親です。

これをやってください。

父親と関係が良くなるだけで、この子は
ポジティブに少しなって行きます。それで
学校へ戻る気持ちも出てきます。

注意して欲しいのは、父親が下手になって
子どもを動かそうとすることです。


急に優しくなるのとは違います。

そうやってしまうと、動かなくなります。

そこから先は、今後ブログを読んで
頂ければ、詳しく話していくので、安心して
ください。

まずは親子関係を改善する事だけに
集中して下さい。

それが1つ目の扉の鍵です。

こうやって1つずつ扉を開けて行けば、
必ず不登校は解決します。違う鍵を
差し続けるから、解決しないです。

1つずつですよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2032-8783cbbd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ