Entries

小学生の不登校の昼夜逆転

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

昨年9月から登校しぶりを続けていて、最近では1日いっては
1日~2日を休みを繰り返しています。給食を食べたくないので、
主に午後登校。

なんでも物覚えがよいので、できることを繰り返しやるのが苦手。
見た目はいい子そのもの。

昼夜逆転をつづけている。

そもそも不登校の理由は学校や勉強に意味がないと
断言している。頑張っても仕方がないと勉強を強く拒否。
問題点は公立の小学校にかよっていますが、本人の独特の
感性と学校がそもそも合わないのだと思います。

先生がおっしゃることを色々と実践していますが、
やっぱり学校にいくのが苦痛で仕方ないようです。

最近では本人も学校に行きたいけど行けないと口にするようになり、
学校に行くと決めた前の日はより一層不安で眠れずに苦しんでいます。
良く頑張ってるね、というと最後は落ち着きますが、不登校のままです。
本人も苦しんでいて助けを求めているのにどうしたらよいのかわかりません。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校は学校へ行くのが恐いし、嫌です。
親や家庭を嫌がっているわけではないです。


しかし、子どもが不登校になってから、
親子関係がギクシャクしてしまう家庭が
ほとんどです。

これも仕方のない事です。

最初は怠け者だと勘違いしてしまうので、
親は強く子どもを叱ります。当たり前です。
でも、不登校は怠けものではないので、
叱っても学校へは戻りません。


そこで、壊れた親子関係を改善する作業が
大切です。

起立性調節障害、昼夜逆転、ひきこもり、
家庭内暴力などは、親子関係の乱れが
原因となっています。


これを改善するのが先です。

その後に、学校へ戻す段階に移行します。
そこからは学校との協力が必要です。

なので、自分がどの段階に居るのかを
理解した上で、私の話を聞いて下さい。
私が2つも先の段階の相談に答えている時に、
それを実行してはいけませんよね。

自分の段階にあった、相談を参考にして下さい。

この子の場合、珍しい状態になっています。

学校へ行けているけど、昼夜逆転。


今、この子はとても努力している。かなり
がんばっています。お母さんもそうです。

しかし、お母さんが言われるように、全く
学校と子どもが合わないのです。だから、
不登校になっています。

でも、それを何も改善していませんよね。

それだと今の状態がずっと続きます。

小学校だけで不登校は終わらないことも
わかっています。


文部科学省が発表しているデータでは、
小学6年生の不登校の5人中4人が、
中学進学後も不登校が継続しています。


だから、今のうちに解決しておかないと、
中学でも同じ生活が待っています。

なぜ改善しないのでしょうか?

2つの問題を整理しましょう。

1つ目は昼夜逆転についてです。

これは、親子関係が影響を与えている
ケースがほとんどです。

お母さんなのか、お父さんなのかは、
家庭によって違いますが、一方とは
上手く行っても、片方がダメな場合も
あります。

夫婦でしっかり話し合って、子どもが
親の何に対して不安を抱いて避けて
いるのかを見つけて下さい。

2つ目は学校での活動についてです。

合わないのが分かっているなら、
合うように変えなければいけませんよね。
合わない所へがんばって行っても、また、
つまずいたら起きあがれなくなるだけです。

このお母さんは学校へ戻ったという
次の段階へ来ているのです。

そこでの対応が、まだできていません。

学校が不登校になった時から何も変化して
いないわけだから、学校へ行くのが嫌に
決まっていますよね。何もしていないから。

学校での活動を変えればいいのです。

それで楽しいと思えれば、通えるように
なりますよね。

では、どうすればいいのでしょうか?

私の不登校解決の経験から結論を出すと、
1つでも自分に合う活動があれば改善します。

何でもいいのです。

前回話したのだと、ある不登校の男の子は
「囲碁」が得意でした。放課後に囲碁サークルを
作らせて、新しい活動をスタートさせました。

まさに、この子に合う活動の1つです。

それで、この子は学校へ行くのが楽しくなり、
勉強もやり始め、クラスメイトとの関係作りも
出来るようになって行ったのです。

同じように、この子ができる事、感性に合う
活動をスタートさせて下さい。


それなしで不登校解決はないです。

まずは学校の先生と何か放課後に1時間でも
できないか相談してみて下さい。そこで勢いを
つけさせることで、朝から通学できるようになる
のです。

今すぐ、子どもの感性に合う活動を学校で
作れるように学校へアプローチしてください。

このままだと中学以降も不登校が続くかも
しれません。笑顔で明るい息子さんに戻して
あげましょうね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2027-84d35291

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ