Entries

明るく元気な不登校が学校へ行けない3つの条件

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中1の男子の父親です。

家族は他に母親と高2の兄です。夏休み明けから学校へ
行けていません。

家では明るくていつもふざけている子でした。学校でも
おとなしいタイプではありませんでした。

小学6年生の3学期に2,3回行き渋りがあり、学校で何かあったのか
心配しましたが、いじめなどはなかったようで最後は機嫌よく卒業し、
公立中学入学後もしばらくは普通に通っていました。

吹奏楽部に入り楽しんで参加しているように感じていましたが、
結構厳しい部だったのでやりがいがある反面、夏休みに入ったころから
レベルが難しくなったのか練習にいっても途中で体調が悪くなって帰宅したり、
朝起きても眩暈がして行かない、ということが続き、宿題にも手を付けず、
で、こちらも怒ったりするうちに荒れだし、不登校になったという流れです。

今はだいぶ落ち着いてます。

しかし、相変わらず外へ出るのは人目が気になってできません。

勉強が難しくなり、クラブも思うように上達しないということで、それが
できない自分をダメ人間と決めつけているように思います。

で、現状の家の外へも出られない状態では、ゆっくり待っていても復帰は
難しいと感じています。

どのように言葉がけすればいいかアドバイスをよろしくお願いします。

******************終わり******************************

……

回答:

「元気で明るい子がなぜ不登校に?」

そう思って当然です。

周りにとっても、親にとっても不思議に思って
しまいます。

しかも、大人しいタイプでもありません。

不登校の典型的なタイプとは真逆のように
思えてしまいますよね。

しかし、私たち不登校の専門家から見れば、
本質、根本は同じタイプの子です。不登校
にはいくつかの条件があります。

それを満たしていれば、不登校になります。

だから、明るくても不登校になるのです。

そのことを理解することが不登校解決へ
つながっていきますからね。

お父さんが言われるように、このまま待って
いても解決することはありません。不登校は
動きません。動けないから不登校です。

自信を失っているから、さらに動かないです。

人目を気にする対人恐怖の症状も出ている。

ますます自分から動きません。私たちが、
動かしてあげなければいけません。

中学卒業まで不登校が続き、高校進学も
できない子にするか、ここで動かしてあげて、
元気な子供に戻してあげるか、親次第です。

なぜ明るいのに不登校になったのか?

不登校にはいくつかの条件があります。
簡単に3つの条件について話します。


1つ目は、真面目でいい子で周りに
合わせるタイプであることです。


大人しい必要はありません。

2つ目は、豊かで繊細な感性です。

他の子にない豊かな感性を持っていないと
不登校にはなりません。イジメを受けても、
ほとんどの子は不登校にはなりません。

理由は2つ目の条件を満たしていないから
なのです。

3つ目は、自分らしさを出せない環境です。

1つ目と2つ目があっても、自分らしさを
出せる環境があれば不登校にはならない
のです。

この3つが重なることで不登校になります。

この子の場合を見ていきましょう。

まず1つ目の「周りに合わせる」ということに
ついてです。これは明るい子だから、周りに
合わせないように感じてしまいますよね。

でも、日本人である限り、みんな合わせます。

だから、元気だろうが、大人しかろうが、
合わせます。

「合わせる=自分を押さえつける」です。

これは私たち日本人はみんなやっています。

なので20万人も不登校の子どもたちが
いるのです。日本だけです。他の国には、
ほとんどいません。

日本の文化の特徴です。

だから、明るい不登校の子もたくさんいます。

3つ目の自分らしさを出す環境についてです。

この子には、吹奏楽部という場所があると
思いますよね。

実は、吹奏楽部の不登校の子が多いです。

なぜなら、吹奏楽部は周りに合わせる時間が
とても多いからです。楽譜に合わせ、周りに
合わせて演奏しなくてはいけません。

音楽を自由に表現する時間は少ないです。

ここのところが分かってほしいのです。

だから、私のところへやってくる不登校の
子たちで、吹奏楽部の子たちがいます。

個人で出場するコンクールに応募させると
県大会で金賞を獲得する子がたくさん
出ています。

では、どうすればいいのでしょうか?

まずは親子関係をしっかり作ることです。

不安で、自信のない子に自信を持たせる
には、親がそばにいてくれる安心感が
必要です。

心のエネルギーについては、メルマガ
でもブログでも話していますよね。


親子の共感関係が、子どもの心に変化を
もたらします。

共感の会話法、共同作業法を実践して
みてください。

次に、学校へ戻すステップについてです。

対人恐怖が出てきているので、最初は、
誰もクラスメイトに会わないで学校へ戻る
状況にしてあげる必要があります。

別室登校の環境を作ってあげてください。

学校へ行かせようとする声掛けをするより、
共感して、一緒に行動、作業をしてあげて、
楽しむ方がいいんです。

そうすることで自信が出てきて、学校へ
行こうとする気持ちが出てきます。

「お父さんは、オレの味方をしてくれている。」

そう思わせることです。それが共感の会話
ですよね。

それでは今すぐ、共感の会話法を使って、
子どもがあなたに信頼を持てる関係を
作ってみてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2020-a76f3414

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ