Entries

小学生の不登校が抱える3つの問題とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

小学3年生の娘です。
夏休み明けから不登校になり、丸2か月になります。

カウンセラーさんから、本人の意思に任せるように言われ、
まったく行っていません。親が学校へ行けと言わないので、
毎日安心して明るく過ごしています。

土日は学校の友達とも遊びますし、地域の行事にも参加できます。
学校へ行っていないこと以外はいたって普通で、いわゆる明るい
不登校です。

原因ははっきりとは分かりません。

親からみると、プライドが高く、わがままです。今まで、クラスの
リーダーを率先してやったり、常に目立って、親からもすごいねと
言われている子供でした。しかし、だんだん皆に追いつかれてきて、
追い越されはじめてきたことを気にしていたところもありました。

今は、本人の意思に任せ、見守っています。

しかし、学校へ行こうという気持ちはまったくありません。このまま、
見守っていていいのでしょうか。よろしくお願いします。

******************終わり******************************

……

回答:

小学生の不登校の子の相談です。

小学生の不登校も増加してきています。
そして、解決していない小学生の不登校の
子たちがたくさんいます。

実は小学生の不登校には3つ問題があります。

1つ目は、感性の問題です。

不登校は基本的に思春期の問題です。

小学生だと早いように感じると思います。
私の理論、考えと違うように思うかもしれない
です。しかし、これには理由があります。

思春期に人は自分らしさが大きく出てきます。

しかし、それは元々、自分の中にあるもの
だから、生まれた時から出ているものです。

例えば、音楽の才能がある子がいたとします。

15歳で開花する子もいれば、3歳で開花する
子もいますよね。ベートーベンは3歳でピアノを
ひいいていたと言われています。

でも、15歳ぐらいから音楽に興味を持ち始め、
ピアニストになる人だっています。

結局は、同じです。

元々あった自分の音楽の感性が出ている
だけですよね。

ダイヤの原石が泥で覆われているのか、
最初から一部が見えているかの違いで
ダイヤがあるのには変わりありません。

それと同じで、小学校、中学校、高校のどこで
不登校になっても原理は同じなのです。


2つ目は、学校の対応です。

そうは言っても、中学生が一番不登校が多い
わけです。2倍近くいます。

ということは、つまり、学校の先生も不登校を
対応している経験が半分だということです。
この意味が分かるでしょうか?

不登校を対応した数、実績、経験が小学校の
先生にはほとんどないということです。


しかも、中学は3年で、小学校は6年間です。

倍の学年数で、不登校の数が半分なので、
なかなか先生たちにとって不登校対応は
経験できない訳です。

だから、先生としてもどうしていいのかが、
よくわかっていません。

3つ目は、小学校の不登校は中学へ行っても
継続するということです。


当然、中学へ行けば勉強も難しくなるし、また
新しく友達グループを作らなくてはいけなく
なります。

人間関係が苦手な不登校の子には厳しいです。

実際、小学6年生の不登校の5人中4人が
中学進学後も不登校が続いているデータを
文部科学省が発表しています。


これが小学生の不登校の3つの問題です。

その結果、カウンセラーに話が行くわけです。
学校の先生ではよくわからないからです。


それでカウンセラーは「本人の意思に任せる
ように」とアドバイスをしました。未だにこんな
アドバイスをしている人がいるのかと、驚き
ました。

仕方がないです。

カウンセラーは話を聞く人であって、解決する
人ではありません。ここがみんなが分かって
いない所です。


例えば、プロ野球選手が悩んでカウンセラーに
相談しても、打てるようにならないのと同じです。

わかりますか?

カウンセラーは悩みを聞いてくれて、心の安心を
与えてはくれます。でも、不登校を解決してくれる
わけではないです。不登校の専門家ではないから
です。

カウンセラーの先生は何も悪くないです。

悩んだらカウンセラーに相談するべきだと、
私は思っています。しかし、それと不登校を
解決するのは別の次元の話です。

では、どうすればいいのでしょうか?

まずは、不登校の原因を知る事からです。

この子は真面目で良い子で、周りの期待に
合わせて今までやってきました。それで、
しんどくなったのです。


もっと自分らしさを出せる活動を作って
あげないといけません。

そのためには、原因を知る事です。

私の小冊子とメルマガを読んでください。


そこから、娘さんの感性、才能が何かを探し、
それに合う活動を学校で作っていきますよ。

これから小学生の不登校についてもきちんと
アドバイスしていきます。楽しみに待っていて
ください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2019-414224dd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ