Entries

留年が近い高校不登校の迷いと決断

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中二、高一の男子の母です。

二人共別々の私立中高一貫校に在席しています。
次男が中一の3学期から不登校になり、統合失調症を患い、
暴力やわがまま、対人恐怖等…の荒れた時期を乗り越え、
現在はだいぶ落ち着きフリースクールに少し通えるようになりました。

そんな矢先、高一の長男の不登校が始まりました。

高校なので早くも留年の危機が迫ってきています。本人は
中学からサッカー部で友達も多く、成績もよく、学校は大変な事も
あるけど、やめたくない、通いたい!と話ます。

毎晩、翌日の準備をし私にも必ず起こして!と言っ寝ますが、
朝になるとどうしても起きられず登校できません。

しばらくゆっくり休ませてあげたい気持ちと、学校をみんなと
卒業したい、という思いもある本人を留年させたくない、気持ちで、
どう対応すべきか悩む日

どうぞ、ご意見をお聞かせください。

******************終わり******************************

……

回答:

兄弟で不登校になっている家庭もあります。

2つのパターンがあります。

お兄ちゃんが不登校で、弟が真似をして、
学校を休む事があります。不登校自体を
よくわからず、怠けている、自由にやって
いると勘違いするのです。

不登校が伝染してしまうパターンです。

この場合は、状況をしっかり話せば不登校に
ならずに済みます。

もう1つは、純粋に偶然、兄弟で不登校に
なってしまうパターンです。


この場合、兄弟の不登校は伝染していない
ので、それぞれに不登校の原因を解決して
いかなければなりません。

不登校と言っても、子どもによって対応法は
違います。

弟さんの不登校と、お兄さんは違います。

統合失調症まで患って、薬を飲まないと
行けない状況までなっている弟と、まだ
不登校初期段階のお兄さんでは同じには
なりません。

精神病まで進んだ不登校の子を落ち着かせ、
フリースクールに通わせるまでがんばった
お母さんは素晴らしいです。

普通はひきこもりになって、家から出ません。

問題は、高校の不登校だと言う事です。

みんなと一緒に高校を卒業したい気持ちは
よく分かります。そうしてあげたいです。

でも、出席日数が足りなければ無理です。

義務教育ではないからです。

だいたい3カ月程度休むと留年になります。


ほとんど時間はありません。弟さんの場合、
中学生だから、何日休んでも進級できるし、
卒業もできます。

中学生の不登校の感覚で接していると、
留年、退学、ひきこもりにすぐになります。


だから、時間が全くありません。

弟さんと同じ対処法では間に合いません。

自動的に留年になるので、それに対応する
必要があります。アメリカの高校生はもっと
厳しいです。

ある高校では5回遅刻しただけで退学になる
学校もあります。

厳しいのではなく、それが入学時点の契約で、
それを守る前提で入学しているからです。それが
大人の社会であり、中学と高校の違いでもあると
思います。

だから、親としては現実的になるべきです。

ズルズルと子どもに流されて留年まで進んで
しまっては、取り返しがつかないです。


留年になるまでに違う高校へ転校させて、
新しい環境でやり直してあげた方が良いと
思います。

不登校の場合、今の学校で新しい活動を作るか、
新しい環境へ移るか、方法は2つあります。


今の環境、今の活動で不登校になっているの
だから、現状のままでは解決はしませんよね。

だから、新しい活動や環境が必要です。

居場所と言っても良いです。

「でも、私の子はサッカーもあるし、友達も
たくさんいるし、成績も良いんですよ!」


と、怒られそうなので、答えておきます。

この子のような不登校の子もたくさんいます。

一見、周りと上手くやっているのですが、
すべて周りに合わせているだけ。自分を
出す、自分らしさはどこにもないのです。


それが思春期を迎えて苦しくなったのです。

自分らしさを出せていないことで、脳が、
ギシギシ言っているんですね。我慢の限界
になっています。

だから、自分らしさを出せる活動を作って
あげなければ復活する事はありません。

誰が悪いわけでもありません。

そうなってしまったのです。持って生まれた
感性が豊かだったこと、真面目で良い子
だったことが重なってしまったのです。

だったら、早く自分を出せるようにしてあげる。

それが急務です。

でも、今の学校で出来ないなら、転校して、
新しい環境を求めないといけません。現実的に
そうなってしまいます。

今の学校で新しい活動を作るのが早いし、
その方が良いと思います。


でも、時間が無いなら新しい環境を求める。

やることは明確で、不登校解決できる環境を
作れる場所を求める事です。子どもが動くのを
待っていても、動かないです。

その姿勢は高校生の不登校には通用しない、
やってはいけないことです。

留年して、退学すると、本当に大変です。

安定だった状態から、一気に不安定状態へ
進む事になります。

そうなる前に、今すぐ行動して下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2018-962b8be0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ