Entries

孤独で友達がいない中学生の不登校の対応法

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

助けてください、青田先生。

今にも、不登校になりかけの、中3の一人息子のことです。

勉強はいつも平均くらい、中学3年間は帰宅部でした。
友だちもなく、ストレスをため込みやすく、現実逃避だと言って、
暇があればゲームをしています。

この10月に入って、毎朝、「学校へ行きたくない」「学校が嫌い」と
言って、休みたがるようになりました。

毎朝、学校に行きたくない理由をきくのですが、絶対に言いません。

「いろいろ考える問題があり過ぎる」「自分の問題だからほっといて欲しい」
「先生には言うな」と言って、布団に潜りました。担任の先生とは相性が
悪いようで、不信感いっぱい。中2の終わりから、父親を嫌うようになり、
口もききません。

受験のこの時期に、学校を休ませたくない親のエゴですが、なんとか
息子を学校に行かせたいのです。そのためにも、「学校へ行きたくない」
「学校が嫌い」の理由、原因を知らなければと思っています。

どうすれば、息子は理由を打ち明けてくれるのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

今、大人を叱ってくれる人はとても少ないです。

大人だからだって、何でも出来るわけではない
です。私でもまだまだ未熟です。そう思って
いないと、間違いを反省し無くなります。

中学3年間、帰宅部で友達が居ない。

学校へ行きたくなくて当然です。

友達が居ないのを分かっていながら、それを
放置していた周りの大人たちの責任です。

中学で友達がいなければ、大人になっても
友達は作れないでしょう。テレビに出てくる
ような話はなくて、孤独な人はずっと孤独です。

「そのうち友達ができるだろう。」

と、思っていたのでしょう。

でも、そうはならなかった。判断が間違って
いたのです。

友達ができない子ですから、自分で何かを
することはできないです。家の中だけでは
強い自分を演じないと精神が保てません。

息子さんが不登校の理由を話さないのは、
話しても無駄だと思っているからです。

だって3年間、ずっと助けてくれなかった
からです。


この子がどれほど苦しかったのかを、理解
してあげることが最初にやるべき事です。

子どもに聞かなくても、想像できるはずです。

学校で3年間、友達もいなくて、休み時間も
お昼も一人で机に座って、誰と話す事もなく、
じっとしている。


先生から授業であてられたら、周りがピリっと
した雰囲気になってしまう。

何かグループで行動しないといけない時に、
グループ分けをする時に、最後に余る1人に
なってしまうのです。

この自分が存在しなくても、誰も困らない。

そんな風にまで思っているはずです。不登校に
なっても仕方ないと誰でも思います。学校も、
それを放置していたし、それより親が放置して
いた。

反省をしなくてはいけません。

では、どうすればいいのでしょうか?

親子関係の改善をしてみましょう。

共感の会話テンプレートを使って会話して
下さい。


何よりも、お父さんとの関係を改善しておく
必要があります。子どもが中3にまでなって
学校を休んだ1つは父親との関係が悪い
からです。

これをまずは改善する事です。

私は友達が1人もいなくても、不登校になる
子とならない子を分けるのは、やっぱり、
不登校の原因の感性の変化だと確信して
います。


友達がいなくても不登校にならない子が
ほとんどです。

どうしても学校で我慢できない、自分を内へ
抑え込み続けるのが難しくなっているのです。
感性が閉じ込められないぐらい豊かなはずです。

それが不登校の原因です。

これは子どもに聞いても答えてはくれません。
自分でも休む理由が分からないからです。

理由が聞けようが聞けまいが、親子関係が
良好であることが優先ですよね。大切なことを
先にやってしまう事です。


それでは、今すぐ共感の会話で親子関係を
改善してみてください。

子どもの笑顔が戻ってきますよ!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/2016-705b6710

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ