Entries

何をしても動かない不登校の娘への諦め…

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

いろいろやってきましたが、学校に行きません。

明日は行くと言うのですが、時間割もせず、目覚ましもセットせず、
本当に行こうと思っている様子はありません。この言葉に何度も
裏切られた感があり、もう疲れました。

娘の不登校はただ勉強したくない、怠け者にしか思えません。

学校の先生、友達、私だけが、一生懸命にいろいろ考えているだけで、
娘は、周りがどれだけ自分のために動いてくれているか考えもせず、
自分自身を甘やかし、自分は変わろうとしてません。正直、そんな娘と
話したくもなく、本当に疲れました。

******************終わり******************************

……

回答:

お母さんの気持ちはよく分かります。

どれだけ周りががんばって動かそうとしても、
不登校の子は全く動きません。努力に反応
してくれないので、イライラしてしまいます。

何カ月も経過すると親の方も疲れてきます。


そして、諦めてしまうのです。

そうなれば不登校が当たり前になり、家族も
本人も学校を休む事を気にしなくなります。


そうなると、中学卒業まで不登校が続きます。

勉強もしていない、欠席も多いので高校への
進学を諦めてしまう子もたくさんいます。希望
する高校へは行けなくなります。

結局、中学や小学校の不登校を引きずった
ままその後の人生を歩き続けるのです。


どこかで不登校をリセットしないといけません。

リセットして元に戻してあげて、本来の子どもの
才能、能力に合った場所へ進ませてあげたい。

そのためには、あなたが諦めない事です。

親が諦めたら、子どもから動き始めることは
ありません。不登校の子は動けないから、
学校を休んでいるんです。動けるなら、学校へ
すでに行っています。

だから、私たちが諦めてはいけません。

上手くいかないってことは、やり方、考え方が
間違っているんです。

その事に気が付くのが最初です。

「怠け者にしか見えない。」

そう思うのは当然です。しかし、それも
私たちから見た子どもの姿であって、
子ども自身の心の中は見ていませんね。

「学校で気を使って、疲れた。」

これが多くの不登校の子たちがみんな思って
いることです。心の声です。

違う言葉で言えば「合わせられなくなった。」
ってことだということですね。


気を使うってことは、合わないんですよね。

合っていれば、気を使う必要はないです。
合わないから合わせようとして、気を使う。
ここが不登校の原因の本質だと思います。

もう1つ問題があります。

急に合わなくなったということです。

今までは気を使わなくてもよかったんです。
それが急に合わなくなったのは不思議です。

これが不登校の子の特徴です。

理由を話しますね。

突然、合わなくなったということは、何かが
変化したから合わないんですよね。それは
学校の方でしょうか?


違いますよね。

学校って、そんなに変化がある場所では
ないです。

ということは、つまり、変化したのは子どもの
ほうなんです。その原因は思春期ですね。
思春期を迎えて大きく変化したのが不登校
の子です。

変化したから、周りと距離ができて、合わせ
にくくなったのです。

こうやって聞くと、少し変化したぐらいに感じる
かもしれませんね。でも、不登校の子たちは
著しい変化が起きています。

何が変化しているかと言うと、内面の変化、
感性の変化です。


そこが大きく変化したので、合わせようにも
合わせられなくなっているんですね。別に
合わせる必要はないんです。けど、真面目で
優しい子だから自分より相手が優先です。

だから、お母さんの言うことを忠実に守る子
だったはずなんですよね。

その子が自分を優先させるにはどうすれば
いいのか?これは、難しいようですが、
簡単だと思っています。

自分の意見や考えを言えないのが癖に
なっているので、それを壊す環境を与えて
あげることです。

私の学校でもなるべくそういう機会を
作ってあげています。

自分の意見を他人に言ったり、他の人の
前で自分を表現することで、無駄に人に
合わせることがなくなります。自信を持って
歩いていけるようになります。

どんな環境、活動なのかは、この子の持つ
感性が何なのかがわからないといけない
ですよね。

何がこの子は得意ですか?

小学生の頃、何で賞をもらいましたか?

他の子と何が違いますか?

これから、この子の才能・能力を探すことが
大切になっていきます。それに合う環境を
与えてあげるのが不登校教育です。

少し話を戻すと、不登校の子は自分でも、
どうして不登校になっているのか分からない
のです。

とにかく学校へ行くとしんどい。

その原因は思春期の感性変化だと話を
してきました。不登校小冊子やメルマガで
話しているので、読んでみて下さい。

そして、

・「不登校の抱える4つの不安
・「不登校の全体像7ステージ
・「不登校の共感会話テンプレート

について、まずは知って下さいね。

まずは、それからです。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1999-abcbbd8a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ