Entries

高校の不登校で先生から通信制へ転校を勧められた

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高校1年の女子の母親です。
性格は優しく真面目だが頑固な 一面も。

小さい頃からパティシエになることを志していたが、高校へ入って
視野が広がり、他の事にも興味を持ち始め、今はそれが根本的に
揺れ動いてるようです。小学2、3年生の時、短期間の不登校を
繰り返した経験あり。高校は進学校に入学しました。

2学期3日間だけ保健室登校したものの、その後は全く行けず。

普段は家に閉じこもっている訳ではなく、私が買い物や散歩等で
出かけると抵抗なく"一緒に行く" とついてきます。

先月末、欠席日数が1カ月を超えるということで学校側から今後の
方向を話し合いたいと言われ私だけ行ってきました。

その中で、娘がスクールカウンセラーと話をした結果、 "原因の
分からない不登校"のタイプであること。娘自身も原因が分からず
葛藤していることを知らされる。

・欠席日数の猶予が2カ月であること。
・休学、留年等いろんな対処の仕方があるが、先生方から
 通信制の高校に転校してはどうかと勧められた。

質問ですが、高校生の不登校の場合、娘をありのまま受け入れて
くれる場所ってあるのでしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

私もたくさんの高校の先生や中学校の先生
からも相談を受けます。


ここ数年で、高校や中学の先生が通信制を
勧めるのが早くなりました。自分でどうにか
するよりも、通信制へ行かせた方が楽だと
考えていると、話してくれています。

とても残念ですが、親御さんもそれを望んで
いるケースが増えてきました。

高校へ行けなくても、高校の卒業資格さえ
もらえたら、それでいいんだ。後は、どうにか
なるだろう。そう考えていると聞きます。


私は個人の自由だから、人が何を考えて、
決断しようが何も言いません。

結局は、自己責任だからです。

先生に転校を勧められて、転校して上手く
いかなくとも、先生は悪くないです。あくまで
提案しただけで、決断したのは自分です。

私は教育者なので、さまざまな研究データ
を集めています。

世界中からデータを集めて、心理学者や
社会学者の実験結果も知っています。将来
子どもがどうなるかもほとんどわかります。

だから、私は何としてでも不登校の子を
進学させたいと思ってがんばっています。

中学、高校で大きな挫折感を経験して、
進学もできなければ、研究データでは
その後の人生で立ちあがれる子はごく
わずかだと言います。


あくまで統計なので、一人ひとりは違うと
思いますよ。でも、社会を見れば、そう思って
しまうのは仕方ありません。

なので、がんばって進学を目指せるような
状態を作ってあげたいと考えています。

この子の場合、パティシエに興味があって、
今は他の事にも興味があるようです。それは
良い事ですよね。自分に合うものを探せば
いいわけです。

でも、それが高校でできなかったことで
不登校になっています。

カウンセラーの先生が、「原因が分からない
不登校のタイプ」と話してくれています。
ほとんどの不登校がそうなので、一般的に
そう言わざるえません。

それで、どんな解決策を示してくれたので
しょうか?

そこがよくわからないのです。

それで、時間が来て、「さあ、他の学校へ
転校して下さい。」って言われても、何も
納得できません。

実際、このお母さんのような状況になった
人はたくさんいます。

自分が不登校に関する知識が無いから、
周りの先生たちに話を聞く。でも、言われても
具体的にどうすればいいのかは言っては
くれない。

「子どもが落ち着くまで待ちましょう。」

と、言われて待ち続けて留年が決まる。

こんなことばかり繰り返しています。

情報、知識が無いと自分で判断できず、
周りに流されてしまうのです。これでは
いけません。自立していると言えないです。


私は何でも自分で調べられることは調べて
自分の決断に責任を持ちます。

不登校について、多くの学校の先生や
カウンセラーの先生たちも知識が無いです。
それが現実です。

不登校を克服した経験がないから、知識が
蓄積できないんですね。


これは仕方が無いんです。

スクールカウンセラーやカウンセラーの先生が
学校へ入って、教室に行き、子どもを指導する
ことはできません。

高校の先生は2ヵ月休めば留年になるから、
克服する経験をしようにも無理です。

がんばろうにもカウンセラーが間に入ると、
直接話す事もできなくなります。機会を失って
しまうのです。

そういう事情も知っていて下さい。

こうなると、親自身が不登校の知識を持た
なければいけなくなります。

そのために私は不登校小冊子を作りました。

今も毎日、毎日、申込みがあって、毎日、
送付しています。休めないぐらいです。
でも、そうしないと間違った決断をして、
取り返しのつかない事になる人が増えます。

困った時は、基本、原点に戻る事です。

不登校の原因が何で、どんな不安を持って
いるのかを知ることが大切です。

時間が無いのはわかります。

でも、不登校になった状態は通信制へ転校
しても変わらないです。通信制でも不登校
になっている子は、たくさんいます。


根本原因を解決しない限りは、どこへ行っても
同じです。

基本を学んで下さい。

高校の不登校、中学の不登校を放置したら、
社会人になってから、会社を休みます。


学校はお金を払う側だけど、会社はお金を
もらう側です。立場が逆転して、より厳しく
なります。

私は大人の引きこもりを解決する立場に
ないですが、原理は同じだと思っています。
ほとんどの大人の引きこもりが不登校から
延長してなっているからです。

それでは、今すぐ不登校小冊子を読んで
不登校の正しい知識を知って下さい。

まずは、ここからスタートしましょう!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1994-bd9e44d8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ