Entries

先生に不信感を抱く不登校の解決法

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

5年生の男の子の母親です。

6月から不登校です。たまには登校もしました。
理由は強い吐き気です。

9月に入ってから、2週間登校しましたが力尽きたのか、
また元通りです。どうも原因は、先生の指導力の無さや先生への
不信感(本人が言うにたるんでる)のようです。

こうなると、先生が変わらない限り問題は解決しないのでしょうか?
他に手立てはありますか?

******************終わり******************************

……

回答:

不登校解決には、学校の先生のサポートが
絶対に必要です。

学校へ行けば、親はどうする事も出来ない
です。先生が子どもに対応して、不登校を
克服させないといけません。

それなのに、学校の先生と子どもの関係が
悪いと改善しようもありません。

それで転校している不登校の子も多いです。

学校の先生と喧嘩をしたりしても、余計に
不登校が長期化するだけです。もちろん、
程度はあると思っています。

特に、担任の先生との関係で問題がある
場合は、必ず学年主任や教頭、校長先生
などと連絡を取る事が必要です。

これだけは頭に入れておいてください。

私が言うのもなんですが、学校の先生は
一般社会とは少し違います。

例えば、お母さんなら美容院に行くと思い
ます。そこでは、入ったばかりの子たちは
髪を洗う係で、髪を切ることはできません。

2、3年間、その状態を続けて、閉店後に
練習をやって、ようやくお客さんの髪を切る
ことができるようになります。

料理屋さんに修行に入れば、もっと時間は
かかります。

しかし、学校の場合、新卒の先生がクラス
を持つのは普通です。先生の成り手が少なく
なってしまい、そういう環境ができあがって
しまいました。

先生としての基礎が育つ前に現場は入り、
忙しく働くので、基礎が無いままなのです。

ここまで、先生について話してきましたが、
相談内容に答えていきます。

まず、わかっておかないといけないのは、
不登校の子は、自分が学校を休んでいる
原因が分かっていません。これを理解して
おいてください。

だから、この子は先生がどうだ、こうだと
言っていますが、これは無理やり原因を
自分で見つけているだけだと思います。

理由が見つからないから、とにかく、嫌な
ことを列挙しているだけです。

先生が悪いから不登校になっているわけ
ではありません。

もちろん、この子にとって合わない先生なの
だとは思いますよ。でも、それで不登校に
なるなら、クラス全員不登校ですよね。

他の子はならないのに、この子だけ不登校
なのだとしたら、原因は先生ではないです。

あくまで先生は「きっかけ」にすぎません。

これを親として、客観的に気が付く事が最初
だと思います。不登校の原因をしっかりと理解
してください。

この勘違いから対応が間違って来るのです。

不登校の原因を私の小冊子やメルマガなどで
学んで下さいね。この不登校の原因を理解する
ことが、解決の第一歩です。

原因と、きっかけは違います。

それを知って下さいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1991-11f33682

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ