Entries

父親から認められると、ひきこもり不登校は変わる!

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学に入ってから、こんなに頑張ってる息子を
見た事ないくらい、部活も遅くまで、そのあと
週2で塾も頑張ってました。

中2になり仲良かったクラブの友達は辞めてしまい、
クラスも仲良かった子は全て他のクラスになり、
一学期の6月頃から頭痛やしんどいと言う理由で休みが増え、
朝、突然泣き出す事があり、先生にも相談し無理やり
行かす事は辞め、夏休みになりましたが、引きこもりになり昼夜逆
転で朝寝て昼頃から夕方起きる生活になり主人に怒鳴られました。

6月頃クラブ辞めたいと父親に話したところ、情けないなど、
かなりけなされ、否定され、勉強の事も塾行ってその成績か!と
私と息子は怒鳴られました。

いつも子供の事の価値観が合わず、今までその度、私と息子は
言いたい事も言わず黙って聞いて来ました。

引きこもりや不登校に何か関係ありますか?

2学期もまだ数回しか行けてません。

******************終わり******************************

……

回答:

お父さんが大変厳しい家庭の不登校について
相談が届きました。

「不登校は怠け者だ」、「親の教育が悪い」
「自由に育て過ぎている」、と言われて
います。


しかし、それは誤解です。

この家庭のようにお父さんが大変厳しい
家でも、関係なく不登校になるのです。

親の教育と不登校は関係がありません。

関係ないのだから、関係ないのです。

もし、本当にお父さんの厳しさが原因で
不登校になっているのなら、家に居れば
余計に叱られるわけだから、学校へ行く
はずです。

あの恐いお父さんに叱られる以上に、学校へ
行く事の方が苦痛だと、判断しているのです。

ここが分からないといけません。

私たちだって中学生の時に、少しぐらいは
学校を休みたい気持ちはありました。

でも、親に叱られるのが嫌だから眠い目を
こすりながら、小走りで学校へ通ったのでは
ないですか?

だから、親が恐いなら学校へ行くはずです。

でも、この子は、その厳しい父親の反対の
ことをしてまでも学校へ行けないのです。
辛くて仕方がない。


これをわかることが不登校解決に繋がります。

この不登校の感情の理解ができないままだと
不登校が中学卒業まで続いていきます。そして
引きこもり生活になる可能性が高いです。

前回の相談者の方も、父親から強く叱られて
ひきこもり生活へ突入しました。

この子もひきこもり、昼夜逆転しました。

親子の断絶は、不登校の将来を奪います。

では、なぜ不登校になったのでしょうか?

周りの子がいなくなったことで、自分を
出せる、自分の意見を言える環境が学校に
なくなったことが大きな原因です。

不登校の子でクラス替えで、友達と離れて
学校へ行かなくなる子が多くいます。

友達がいなくても、クラスで自分らしさを
出せる、表現できる子はいいのですが、
大人しくて真面目な子は我慢して、周りに
合わせようとします。


自分らしさを出す訓練ができていないんです。

言い方を変えると、自分らしさが何かを
知らないのです。

なぜなら、思春期がやってきたことで、
自分らしさの感性がぬ~っと出現しました。
しかし、どうやって、その感性を出せば
いいかわかりません。

そこで戸惑い、迷ったまま、周りに合わせて
いたら、ストレスが蓄積したのです。

限界がやってきて、頭痛になり、不登校。

父親は関係ないですよね。

しかし、ひきこもりになったのは、父親を
避けるためです。自分の存在を否定された
気持ちになったので、逃げたのです。

人は「自分の事を理解してくれる人」の
話を聞こうとするのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

おそらく、ここまで厳しいお父さんだと、
何を言っても変わらないはずです。

そう言うと諦めているみたいですよね。

そうではありません。違うアプローチを
してみる必要があります。

この子の場合、2つの対応が必要です。

1つは、自信を持たせる。もう1つは、感性
を育てる環境を作る。


自信が無いのは、父親から認められていない
からです。何かをやって認めることではなく、
存在自体を認められていないことです。

これは父親から直接褒める、認めてもらえれば
いいのですが、そうはいきません。

そこでお母さんが代わりにやるのです。

「あのね、お父さんはああやって厳しいけど、
実は、あなたのこと認めているのよ。

あなたに強くなって欲しいから厳しいだけで、
あなたの可能性を信じてくれているのは、
お父さんだけだよ。

”あいつはすごい奴だよ、俺は信じている”
って、お父さん言ってたからね。」

・・・


こんな声掛けを、あなたが父親の代わりに
やってあげるのです。

2つ目、感性の活動です。

最初に話しましたが、不登校になったのは
自分を表現できないからです。自分らしさを
出せなくなったから不登校になっています。

自分らしさを出せる場を学校で作らないと
いけません。


わかりますか?

今の学校にある活動では、自分を押し殺す
以外には何も出来ません。そこで、この子が
自分の意見を言える活動を考える事です。

何にこの子の感性は刺激するのか?

それは子どもの中にしかありません。

感性を探すのが教育です。小さい頃からの
子どもの様子から探すのです。本を読むのが
好きだとか、文章で評価されたとか、物を
作るのが好きだったとか…。


それを探して、その活動を学校でスタート
させるのです。

詳しい方法は、今後話していくので安心して
ください。

それでは、まずは子どもに自信を持たせる
ように、父親の代わりの声掛けを言って
あげてください。

家の中での状況をまずは改善しましょう!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1985-4b5c058b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ