Entries

ひきこもり不登校が父親を避ける理由とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中3の長男が9月から不登校になりました。

中2の時から「学校が嫌だとか、死にたい」とか、
「学校に行かない」って言うようになり、先生と
相談しましたが、改善せず、部活が終わり、主人に
注意されて、とうとう引きこもりになり
学校も行かなくなりました。

気持ちの起伏が激しく、食欲なかったり、不眠に
なったり主人が帰ってくると部屋にこもる。家を
出たいとも言ってます。

私は病院を勧めてますが、なかなか行きません。

私にしか話をしないのですが、学校でいじめられてる
内容は教えてくれません。死にたい気持ちを止められると
否定されてるって言われました。

辛くて胸が痛いって、そんな息子に
私はどうすればいいですか?

******************終わり******************************

……

回答:

相談内容をまとめると、「いじめ」を
受けていること、そして、父親から注意
されて、ひきこもりになっている状況です。

お母さんは、病院を勧めています。

お母さんには息子さんは話をしている状況
なんですよね。

このままだと中学卒業まで不登校が続いて
しまうでしょう。そして、高校受験もしない
可能性があります。


不登校の子の多くは、学校を休み始めた半年
ぐらいまでが一番不安定な時期です。

なので、受験時期と重なってしまうので、
高校受験をできなくなる中学3年の不登校の
子たちがたくさんいます。

だから、何としてでも早く、安定させないと
人生が大きく変わってしまいます。

では、なぜ不登校になったのでしょうか?

いじめ、不登校、ひきこもり、これらは全部、
別の原因があります。いじめの原因と不登校
の原因は全く違います。


そして、不登校の子で引きこもるのは、別の
理由があるかです。

それぞれ違うので、どれを解決したいかで
対応方法は全く異なります。注意して下さい。

だから、お母さんが病院へ行かせようとして
いるのですが、どの問題を解決させる為に、
病院に行かせるのでしょうか?

おそらく「死にたい」と言っている事に対して
精神医療を受けさせたいのだと思います。

しかし、それと不登校やひきこもりは別問題
なので解決はしません。ここを理解しておいて
くださいね。

私もたくさん、「死にたい」と言う不登校に
会って来ました。その原因も知っています。

全てには原因があります。

不登校の原因は、私の小冊子やメルマガで
話しているので、そちらを読んで下さい。


いじめの原因は、不登校と重なっている要素
はあります。人間的な強さの部分も要素に
なっています。

ひきこもりの原因は、お母さんもわかって
いるように「父親」です。


一般的に言えば、親子関係が悪化する事で
ひきこもりになります。病気でなるのでは
ありません。

不登校で引きこもりになる子は、ほぼ確実に
親子関係の失敗が原因です。

この子も父親から無理解による叱りを受けて
ひきこもっています。病院に行っても父子の
関係は改善しないので、ひきこもりは続いて
しまいます。

病院に行っても、いじめの加害生徒は消えない
ので、いじめを受け続ける事になります。

だから、何も解決しないのです。

唯一、お母さんの気持ちは楽になるのかも
しれないです。

不登校は「心の病気」ではないので、病院
へ行っても、ほとんどの子は学校へ戻れて
いません。


「死にたい」と言う男の子のほとんどが、
父親から「認められたい」欲求があります。

父親が構ってくれない、無関心、無口、頑固
だったりすると、自分の存在を否定されている
ようで、この世から存在を消そうとするのです。

「死にたい、消えたい」

と、言ってしまう心理は父親なんです。

では、どうすればいいのでしょうか?


いじめ→不登校→ひきこもり、の順で問題が
起きているのだから、逆に改善して行くしか
方法はありません。

ひきこもり→不登校→いじめ、の順番です。

1つずつ解決していくようにしましょうね。

まず最初に、「ひきこもり」から解決します。
これは原因は父親です。父親と息子さんの
関係を改善するしか方法はありません。

「死にたい」と言うのも、父親でしたよね。

本当に解決したいなら、父親が本気になって
私の「共感の会話法」「共同作業法」を学ぶ
ことです。

馬鹿みたいに、意固地になってプライドを
保っていても不登校も、ひきこもりも解決
しません。

父親が動くかどうかだけです。

その為には、お母さんのあなたが、父親を
動かさなければいけません。

ここでも必要なのが「共感の会話法」です。

父親、旦那さんに対して、共感の会話法を
やってほしいのです。ここで理屈で色々と
言っても、気持ちを切り替えてはくれません。

面倒ですが、夫婦の関係を改善するのです。

その中で、私が話したことを言うんです。

「ひきこもりになる男の子は、父親に
認めてもらいたい。存在そのものを
受け入れてほしい。」


そうやって、言えば、分かってもらえます。

お母さんが原因でひきこもりになっていない
のだから、これ以上がんばっても限界です。
原因である父親が変わらなければいけません。

難しいのはわかっていますが、これをやるか
どうかで、息子さんの人生は決まってしまう。

本当にそういう岐路に立っています。

その緊張感を持って、今すぐ旦那さんに対して
共感の会話法を実践してみて下さい。


ひきこもり状態から解放させてあげましょう!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1984-380bd905

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ