Entries

高校受験を拒否する不登校の2つの動かし方

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

先生のブログなど読ませていただき、
勉強させてもらっております。

中3男子、6月から不登校になり、
ほとんど家から出ないでゲームをしています。

部活をさぼったことを、父親に叱られ、
次の日から行かなくなりました。

父親の叱り方が、子供の人格を否定する叱り方で、
何年も前からそうで、子供が不登校になって、初めて
叱り方が間違った事に気づき、その事については謝り
ました。

当初は、特に父親と話をしませんでしたが、先生の
おっしゃる通り、共感の会話をしたところ、びっくり
するぐらい穏やかになり、今は普通に、前よりも反抗期が
終わったんじゃないかと思うくらい、素直に会話が
できるようになりました。

しかし、高校進学の話をすると、行かない
の一点張りで、どうしたらいいのか、わかりません。

実際、学校を見て、目標が出来れば、学校に復帰
できるんじゃないかとか思いますが、どう声を
かけていいかわかりません。

親として、どう、背中を押してあげればいいのか
わかりません。どうすればいいのでしょうか。


******************終わり******************************

……

回答:

共感の会話法を実践して、親子関係が改善
できたんですね。おめでとうございます!
よかったですね!

こうやって、次々、共感の会話法を使って
不登校の子が改善しています。


あなたもメルマガに書かれている通りに
やってみてください。みなさん、行動して
実践して、結果を残していますからね。

それで、今回は高校進学についてです。

中学3年生の不登校の子は、高校進学が
最大のチャンスです。


しかし、ここで動かなければ、もう、
私でさえ、どうすればいいのかわからない
です。人生が止まってしまいます。

実際、文部科学省のデータによれば、
中学3年生の不登校の約20%の子たちは
高校進学していません。つまり、家の中に
いるのです。


この子たちがそのまま引きこもりになる
のは間違いないと思います。

とてもかわいそうです。

そうならない為にも、高校進学へ向けて
受験勉強をスタートさせないといけません。

このお母さんのように、学校を見学させ
ようとされるのは、賢いと思っています。

しかし、動かないのも確かです。

では、なぜ動こうとしないのでしょうか?

人が行動すのは2つの理由しかありません。

「恐怖」と「希望」です。

例えば、ミュージシャンのコンサートに
行くのは、その瞬間、その時間を最高の
ものにしたいという希望があるからです。

一方、

朝、早く起きて会社へ行くのは、給料を
減らされる恐怖が理由です。

私たちの行動は必ず「恐怖」と「希望」
2つによって、動かされています。
だから、誰かを動かしたいのなら、この
どちらかを使わないといけないのです。

例えば、勉強をさせる時に、多くの人は
「恐怖」で子どもを動かします。


でも、上手な人は「希望」で動かします。

どちらがいいのかは、わかるはずです。

先程のコンサートの例を考えましょう。

「このコンサートに行かないと、あなたの
人生はダメになる!」と脅されても、誰も
行動しませんよね。

恐怖を与えても動かない人はたくさん
います。

なぜなら、コンサートより会社へ行かない
ことのほうが恐いからです。もっと恐怖
のものを知っているからです。

不登校の場合を考えて下さい。

学校へ行っていない時点で、不登校の子は
恐怖心で満たされています。その子に対して
さらに恐怖で動かそうとすると失敗します。


「高校へ行かないと、終わりよ!」

と、言われても、もう中学で不登校になって
いる時点で、自分は終わっていると感じて
いる子がほとんどです。

だから、恐怖を追加しても、動きません。

この子もそうです。

では、どうすればいいのでしょうか?

そうです、「希望」を与えることなんです。

不登校の子が望んでいるのは「希望」です。
惨めで、ダメ人間が変われる「希望」を
求めています。

それを高校進学で見せてあげるのが私たち
大人の役目なのです。

恐怖を追加すると、余計動かないです。

固まってしまいます。

「高校進学して、あの高校へ行けば、
自分は変われるんだ!」


と、思わせる事が必要です。

そういう話し方、そういう対応をしてみて
ください。それが最初にあって、高校見学
の話に行くのだと思います。

「不登校でも、高校で多くの人は変われて
いるんだよ!安心しなよ。こういう高校も
あるし、こういう高校もあるよ。

お母さんはあなたらしさが出せる高校が
良いと思っているけど、あなたはどう思う?

自分を伸ばせる高校を選ぶといいね。」

・・・


こういう言葉を掛けてあげればいいですね。

「恐怖」ではなく「希望」で動かして
あげることを意識してみて下さい。

どうしても「恐怖」で動かす方が楽です。

何も考えず、脅せばいいからです。

不登校の子は、もう「恐怖」で満たされて
動けない。明るい希望の光を見せてあげて
動かしてみましょうね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1983-de2a719d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ