Entries

反発する不登校を抑えて行動させる方法

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

「不登校は見守っていては解決しない」
という先生の言葉で、自信が持てました。
ありがとうございます。

不登校なのは、長男 中1です。

思えば、楽しそうに登校したのを見たことが
ありません。

6月に入ってから、朝、頭痛、腹痛、吐き気など
訴えては学校や部活を休むようになり、夏休みに入り、
部活を殆ど休み、そのまま夏休みが明け、登校しない
まま現在に至ります。

幼い頃から難しい子でした。思い通りにならないと、
すぐに不機嫌になります。

頭は良く察しもいい子で勉強しなくてもいつもいい成績を
おさめてきました。優しい所もあります。

パソコン、スマホ、ゲーム、昼寝などをして1日を過ごしています。

彼には些細なことでも構わないので「日課」を作って欲しいと
考えています。「一緒にやろう!」と促しても、露骨に嫌な
顔をされて、「なんかやってる時に言うの辞めてくれる?」と怒ります。

毎回、このやりとりで私が萎えてしまって終わりです。
このままではおそらく引きこもってしまうと思います。

どのように声がけや接し方をしたらいいでしょうか?


******************終わり******************************

……

回答:

お母さんのがんばりは素晴らしいです。

このまま何もしなければ、不登校が中学卒業
まで続いてしまうでしょう。中1の不登校の
子は、そういう傾向があります。

1学期は友達や部活などが流動的ですが、
2学期に入ると友達関係なども固定化します。


その2学期に学校を休むと戻れないのです。

戻る居場所が学校にないということです。

だから、できるだけ早く戻してあげる必要が
私たちにはあります。

「待っていれば、学校へ戻ってくれる。」

そんな夢のようなことがあれば、私だって
何も言いません。実際、子どもを待って
いれば、何年も不登校が続いてしまいます。

ひきこもり不登校の家庭の多くが、この考え
で、動けなくなってしまっています。

同じようにならないようにしてください。

もう一度、ここで親子関係を改善して、
家の中で笑顔に戻してあげましょう。それで
学校へ戻る気持ちがでてくるので、学校復帰
させてあげましょう。

なぜ反発ばかりするのでしょうか?

不登校は基本的に「思春期=反抗期」に発生
するものです。思春期が不登校の原因の1つ
でもあります。

だから、この時期の子がお母さんに対して
反発するのは普通のことです。

反抗期は子育てで必要なものです。

反抗期がやって来ない子は、何時まで経っても
親の考え方の中で生きています。自分らしさが
何もないのです。

親と子は本来、違うものです。

子育ては子どもを自立させるのが目的です。
そのためには、子どもに親とは違う、自分
そのものの考え方を持たさなければいけません。

自分で考えて、自分で行動していく態度です。

それには、どうしても親から離れる作業が
必要です。それを反抗期と言います。最初は
無理な事をしたりしますが、それも経験です。
経験を通じて、人は学んで行くのです。


だから、反抗期はやってこないといけません。

しかし、その反発が多すぎると感じるのなら、
原因は親の方にあります。

あまりに言い過ぎなのです。

親にしたら「正論」「正しい事」を言って
いるのだと思います。しかし、子ども自身は
それも任せてほしいと考えています。

「親の力を借りずに、自分で何とかする。」

これが反抗期の子どもの基本の考え方です。
それを邪魔してしまうと、大きな反発として
帰ってきます。

「善悪」については、関係なしに指摘する
べきだと思っています。

それ以外について言い過ぎるのはよくない
ことです。子どもをコントロールしようと
すればするほど、子どもの心は離れていく
ものです。

子ども扱いし過ぎない事です。

では、どうすればいいのでしょうか?

反発し過ぎている時点で、親子関係はあまり
良いとは言えません。

「どうやって言う事を聞かせればいいか?」
と、考える事自体が、子どもをコントロール
しようとしている発想です。

そうではなくて、

「この子を理解してあげるにはどうしたら
いいか?」


と、考えて下さい。

その発想に立てば、親子関係は改善します。

具体的な方法は「共感の会話法」「共同作業法」
です。この2つの方法は、文句なしに効果が
出ている不登校対応法なので、安心して下さい。


昨日も、この方法で親子関係が改善して、
子どもが保健室登校をスタートさせたと
報告が届きました。毎日、同じような報告が
全国から届いています。

それぐらい効果があるので、やってみて下さい。

特に、共感の会話法はメールマガジンで話して
いるので、参考にしてみて下さいね。

このお母さんのように行動的な方が、不登校を
克服しています。結局、子どもを動かすのは、
お母さんなんですよね。

大丈夫、一緒に解決していきましょうね!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1982-149ce740

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ