Entries

不登校とイジメの問題は別の対策が必要です。

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************
中1の3学期からいじめがもとで不登校。

この春から私立高校に入学して、1学期は週1、2週間に
一日くらいの欠席で登校できていました。夏休み明けから
週2、3日の欠席が目立つようになりました。

朝は起きて食事も取るのに、両親が先に仕事に出るため、
無断で欠席することが多くなりました。友達もできたし、
高校はやめたくない、大学へも行きたいのに、高校には
登校できない、理由はわからないと言っています。

不登校、留年、退学になるのではと心配です。

******************終わり******************************

……

回答:

イジメと不登校の2つの問題を抱えている子が
います。


その場合、親は2つのことを考えて対応する
ようにして下さい。どちらか一方だけでは
いけません。

例えば、イジメの場合、人間関係を解決する
必要があります。しかし、不登校の原因である
感性を育てるための活動はしていません。

イジメ対策しかやっていません。


お母さんは、いじめがきっかけで不登校に
なったと考えています。確かにそうだと
思います。

しかし、いじめを受けた子がみんな不登校に
なるわけではありません。

ほとんどのいじめられた子は不登校には
ならないんです。これは教育の世界では
常識です。


つまり、不登校には不登校の原因があり、
イジメには、イジメの原因があります。


この子は、この2つの原因が重なったから
同時にイジメと不登校が起きたのです。
この原理を理解しないと解決できないです。

わかったでしょうか?

不登校とイジメは別です。


イジメの問題を解決しても不登校の問題は
解決していません。何度でも同じ事を言って
おかないといけません。間違えるからです。

不登校の原因については、前回の記事でも
書かせて頂いています。

また、不登校小冊子を読んで下さい。

この子は周りに合わせることばかりで、自分
自信を主張したり、表現する事ができていない
です。我慢ばかりしています。

大人しくて、真面目です。

自分らしさを表現せず、我慢していると
ストレスが蓄積されていきます。

不登校になる子は、他の子と違う感性や
才能を持っている子がほとんどです。親が
気づいていなくとも、他の子と違います。


違いが大きいのに、自分らしさを消して、
周りに合わせようとするのです。

ストレスが溜まるに決まっていますよね。

そのことを理解して欲しいのです。

その対応をこれから学校でしなければ
いけないのです。

高校の不登校なので、留年になってしまう
可能性は高いです。そこで、やる気を失う
子ども達はたくさんいます。

「自分はみんなと違う道を歩まなければ
いけない。ダメな人間だから、ダメなんだ。」

そう思ってしまい、前進することができません。

だから、留年しないように、その前に転校
してしまう方法をとってください。

しっかりと現実的に考えて行動して下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1981-def00760

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ