Entries

母親に暴言を吐く不登校の娘の抑え方とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学1年生の娘は、小学校5年生の秋から登校できなくなりました。

腹痛がひどく、学校でいつトイレに行きたくなるかわからない恐怖から、
学校へ足がむかなくなりました。起立性調節障害ではないか、とのことで、
薬を処方してもらっています。

しかし、薬ではなかなか治らず、調子が悪いととても機嫌が悪く、
そのイライラを母親にぶつけ、暴言を吐き、時には部屋で暴れます・・・ 

保健室の先生が大好きで、少しずつ学校にいけるようになりました。
2~3時間くらい過ごして帰って来ます。お弁当は教室で食べることが
できるのに、授業は受けれません。

2学期も2週間程経ち、体育祭と学園祭が近づいて、とても楽しみ
にしていたのですが、また体調が悪化し、気持ちも不安定になり、
また暴言と暴れが始まりました。

どうしたらいいでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

不登校になって2年近くの中学生の相談
です。小学校から不登校で、中学進学後も
不登校になっています。

お母さんには中学進学したら、学校へ行ける
ようになるだろうと期待しいていたはずです。


しかし、環境が変わっても不登校のままでした。

実際、文部科学省のデータでも小6の不登校
の子は中学進学後も5人中4人が不登校が
継続しています。進学は不登校を解決する
ことはありません。


ということは、つまり、クラスが変わっても、
学期が変わっても戻らないってことです。

普通なら、切り替わる時は、私たち自身の
気持ちも変わります。しかし、不登校の子は
変わらないのです。

このままだと暴力や暴言でお母さんが耐えられ
なくなってきます。

親子関係が悪化して、ひきこもりになります。

そういう不登校の女の子がたくさんいます。

中学生って、一番楽しい時期です。その時に
友達と遊び、勉強し、クラブ活動に励む。
それが人生の大きな土台になるはずです。

笑顔で学校生活を楽しむようにしてあげましょう。

なぜ不登校になり、親に暴言を吐くのか?

不登校になったのには明確な理由があります。

それは、真面目で大人しくて良い子だから、
周りに合わせ過ぎるのです。最初はそれで
親に認められます。しかし、成長するにつれ
合わせるのがしんどくなるのです。

その成長とは思春期の成長です。

思春期になると自分らしさが急激に出てきます。

特に女の子は男の子より成長が早いです。
思春期が早いということです。

ここがポイントです。

その思春期での成長が普通の子もいれば、
全くない子もいれば、大きく成長する子も
います。

不登校の子は、大きく成長した子ばかりです。

外見ではなく、内面の感性、才能が大きく
成長したのが不登校の子です。


成長が大きいと周りの子、クラスと違いが
大きくなります。でも、子どもの習慣は何も
変わっていません。周りに合わせる習慣です。

思春期が来る前は、ちょっと合わせれば
周りに合っていました。

思春期後の成長で、周りと違う感性を持って
いるのに、無理に合わせようと続けます。
ストレスが異常にかかってしまいます。それで
腹痛が起きていると考えられます。

ストレスが体調不良を引き起こします。


本来、思春期が来たら、自分を主張するように
なります。周りと意見が違ってもいいんです。

しかし、それを我慢して、抑え込んでいるから
苦しくなるのが不登校の子の特徴です。

家では別の姿を見せているので、学校での
様子はわからないかもしれません。先生に
話を聞けば、周りに合わせるのがわかります。

これが不登校の原因です。

そして、家でお母さんに強く暴言を言うのは、
お母さんのコントロール、管理のやり過ぎ、
過干渉が原因なのと、急に弱くなり、言う事を
聞くようになったからです。


強く当たっていたのが、急に弱くなると子どもは
どうしていいのか分からなくなります。

娘さんにとっては、強くて包容力のある母親を
求めています。

「大丈夫!何があっても、お母さんが守って
あげるから!安心するんだよ!」


って、言ってくれる強い母親を望んでいます。

親が弱さを見せた時に暴言や暴れが出ます。
お父さんもそうです。

それだけは理解して下さい。

このように、不登校にも、暴言を言うのにも
理由があります。これらを理解する事が大切
です。

まずは、親子関係の改善からスタートして下さい。

共感の会話法でも、共同作業法でもいいので
実践して下さい。


親は学校へ行かせようと焦る。子どもは親の
期待に応えられないで焦る。すると、子どもの
精神が不安定になっていきます。

今すぐ、共感の会話法で親子関係を改善して
みてくださいね。

娘さんに素晴らしい中学生活を過ごさせて、
明るい笑顔をもどしてあげましょう!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1978-2519b2b5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ