Entries

担任とスクールカウンセラーの不登校の考え方が違う

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中1の娘が1学期の終わり6月下旬から、学校に行き渋り
そのまま風邪で、学校を休み。それからそのまま、不登校に……

無表情で自分の意思を伝えるのも、一言二言目。夏休みに中学校に
勧められたカウンセラーさんと1週間に1回。カウンセラーを受け
昼夜逆転や引きこもりにしないように、積極的に関わり出かけ…

別室登校と言う形で毎日1時間から2時間、学校に行っています

娘の性格は、真面目な優等生タイプ。友達は……私が知る限りでは
いません。一人で本を読んだり、する事が好きで目立つ事を嫌います。

娘は別室登校で保健室の先生とカウンセラーさんだと落ち着いて
登下校のみ、付き添いで大丈夫なのですが、担任、他の教師に対しては、
他の生徒と一緒なら大丈夫なのですが、ワンツーマンでは、お母さんも
一緒にいてと一緒に学習ルームにいます。

別室登校から、教室にこれで戻れるのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

別室登校から教室へ戻れていない中学生
です。対人恐怖のような状態でもあります。

親としては、なかなか、学校の中の問題を
どうすることもできません。文句を言っても、
誰も動いてはくれないので、親自身が中に
入って変えないといけないです。

例えば、この子は、友達が一人もいません。

お母さんが気が付いているのだから、担任の
先生も知っています。給食の時間でさえ、
一人で過ごしているのかもしれません。

知っていても、誰も何もやろうとはしなかった
ですよね。学校もしてくれませんでした。

だから、待っていても時間が経つだけです。

この学校が悪いとは思いません。どの学校
でも、起こる事です。普通だと思っています。
今の学校は親が恐いから動けないのです。
勝手に動いて文句を言われるのが恐い。

そのことも理解してあげないといけません。

今回の相談の問題の1つが、担任の先生と
スクールカウンセラーの関係についてです。


実は、今、スクールカウンセラーについての
問題が学校教育では言われています。

スクールカウンセラーがいることで、学校の
先生が不登校に関われなくなっていること
です。


不登校はスクールカウンセラーに任せる
ことが、教育委員会の方針になっているので
学校の先生が不登校を学ぶ機会はどんどん
少なくなっています。

なので、スクールカウンセラーが全国の学校
に設置されても不登校の数はほとんど減少
していません。

これは、私ではなくある公立中学校の校長
先生が言われていた話です。

まだまだ不登校に対する理解は少ないです。

スクールカウンセラーと言っても、学校へ所属
しているわけではないので、担任の先生との
コミュニケーションは取れていないのが現状です。

クラスへ戻すなら、スクールカウンセラーでは
なくて、担任の先生との関係を強くしないと
戻れないです。


ここから、どうやってクラスへ戻すのか話します。

学校の先生の中には、不登校は根性がない、
やる気がない、弱いだけだと思っている人が
います。

そうすると、「ね、一緒に教室へ行こう!
みんな待っているからね!」とか言うんです。

これが一番動かない声掛けです。

無理に教室へ戻そうとすることを、この子は
知っているので、嫌なのです。拒絶反応を
起こしています。

私がメルマガなので別室登校から教室へ
戻す時の方法を話していますが、そこでは、
担任の先生は出てきません。

表に出てくるのは、あくまでクラスメイトです。

先生がどれだけ子どもの話を聞いても、最後は
「教室へ戻ろうね。」と言ってしまいます。

戻さないと、教頭先生とか、学年主任の先生
とかからプレッシャーがあるからです。純粋に
子どもの心に入る事ができないのです。

そういう先生が多いので、あえて、クラスメイトを
メインにした解決法にしています。

詳しくはメルマガを読んでほしいのですが、
クラスの中で面倒見の良い、優しい子がいます。
その子に事情を話して、話し相手を別室へ行って
してもらいます。


そこで人間関係を構築します。

その時には、絶対にクラスに戻ろうって話は
しないように決めておきます。


そして、次は1人増やして、また慣れさせる。

そうやって3人ぐらいまでクラスメイトと過ごせる
ようになったら、クラスへ戻る事ができるように
なります。

大人ではなく、子どもを使うのです。

私がそうやるのは、不登校の子だけでなく、
その子たちも成長できます。教育的にはすごく
効果があります。

今、上手くいかないのは何かが間違っている
からです。

それは大人で何とかしようとしていたことです。

子どもは、子どもで動かすのがすごくいいです。
担任の先生と相談して、クラスの面倒見の良い
子を探して、話し相手にしてみて下さい。

それで教室へ戻れた子がたくさんいますよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1974-3a09cddf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ