Entries

担任の先生を自在に動かす不登校の親の会話術

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学1年生女子。

辛うじて不登校になってはいませんが、クラス 部活
でずっとひとりぼっちです。自由昼食の時は1人で
食べています。話しかけても 冷たくされることが多いようです。

青田先生のアドバイス通り 学校の先生に相談、クラスの
リーダー的な子に時々声をかけてもらえないかお願いしましたが、
この年代の子は友達関係に口出ししても 効果がないので
娘が 頑張って輪に入る努力をして しんどいようなら別室登校を
すすめられました。

娘はコミュニケーションを取るのが苦手ですが、既に頑張って
色々な子に話しかけてます。これ以上 どうしたらいいのでしょうか。

毎日が我慢大会のようだと言っています。
最近 過呼吸の症状が出てきました。

どうしたらいいのでしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

一度、学校の先生に断られたぐらいで
諦めないで下さい。

親が諦めたら、不登校の子は助けられない
ですよ。不登校の子が自分から動けるはず
ないですからね。


最初に答えを言いいますね。

女の子の友達関係の場合は、必ず女の
先生に頼まないといけないです。


男の先生では何も出来ません。

この私でも、女子生徒を動かす時には、
間に女子の先生を入れて間接的に動かして
います。

女子バレーの監督さんを見ればわかります
よね。あと、シンクロナイズドスイミングの
監督さんも。女子には女子の先生でないと
動かせられません。

逆に、男の子は男の先生の方がいいです。

それと、頼み方が下手なんですよね。

これは前にも話したのですが、学校の先生の
動かし方というのがあります。この方法を利用
して下さい。

学校の先生の協力を引き出す方法」です。

具体的には、こう言わないといけないです。

「うちの子は、いつも一人ぼっちなんですね。
このままだと孤独で、学校に居づらくなって
しまうかもしれません。

先生だったら、どうやって孤独から抜け出させ
ますか?」


と聞きます。

あるいは、

「先生のお子さんが、クラスで友達がいなくて
ポツンと一人ぼっちなら、どうしますか?」

と、質問します。

こちらから、世話をするのが好きな子に相手を
してくれ、とは言わないです。

あくまで、お願いする側なので、先生に話を
聞く、質問して、先生からアイデアを引き出す
ことが大切です。

学校の先生たちは、昔なら、自分で色々と
行動する事が出来ました。


でも、今は世間が厳しくて、何か問題があると
教育委員会に言われてしまうのです。そういう
恐怖心を親の側が植え付けてしまいました。


だから、先生たちは何も出来ないのです。

何かして、失敗したら恐いからです。頭が固く
なってしまっています。そこで、保護者の方から
先生を動かさないといけないのです。

先生への頼み方、質問の方法を学んで
くださいね。

これで大きく動きが出て、変わって行けます。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1972-4836e7e0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ