Entries

ひきこもり不登校を持つ親の決定的な間違いとは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

私立中学1年女子です。

中学入学してから鬱ぎ込むようになりGW明け頃から
自傷行為が始まりました。2学期の始業式から行けていません。
性格は人見知り、頑固、優しい、素直なところもあります。
絵や漫画を書くのか好きです。

幼稚園時代から集団生活に馴染めない感じはありました。

部活は入りたかった文芸マンガ部では無く、父親との
話し合いでスマホと交換条件でバドミントン部に入りました。

公立より勉強量も多く部活も楽しくなく追い詰められたのかと
思います。私立入学と部活の選択について本人の希望に
沿わなかったと思い両親から謝りました。

一日一食で家族とは時間をずらして食べ会話もしません。

「見守ってる、あなたのままでよい。」と手紙や言葉で伝えていましたが
「向こう行って!」と怒鳴られました。

せめて以前の様に日常会話を出来るように部屋から出てこれるように
したいですがどう関わっていったら良いかわかりません。
関係改善が出来てから不登校を解決していきたいとおもっています。
よろしくお願い致します。

******************終わり******************************

……

回答:

親子には見えない壁があります。

その壁が見えていないと、親子関係が
狂ってしまいます。


時々、親は間違った選択をしてしまい
子どもを追いやってしまうことがあります。
それも、良かれと思った行動が逆の結果を
産み出す事があります。

優しい声掛けをしてあげたのに、反発を
受けたのはショックだと思います。

その気持ち、すごくよく分かります。

しかし、これが「ひきこもり」のスタートだと
思っています。親子の関係が離れ、子どもが
親を叱り、親は子どもに申し訳ないと下がる。

ここで親子の関係が決定的になっていきます。

引きこもりの多くは、本人だけの問題では
ありません。自分の部屋に逃げるというのは、
親子関係が原因です。


この事に気がついて下さい。

そのためには、自分の子どもばかり見ている
のでは、いけません。他の不登校の子や家庭が
どのような状態なのかを知る事で、客観的に
あなたの家庭状態を見るようにして下さい。

では、ここまで曖昧に話してきた事をはっきり
言おうと思います。

実は、親が子どもに謝ったことが一番の原因
です。これがいけませんでした。間違いです。
ここで親子関係がぐちゃぐちゃになりました。


親にしたら、子どもを良い教育機会を与えて
あげようとして私立へ入れたわけです。

何も不登校にしようとして入れたわけではない。

意図的に悪い事をしたわけではないです。
むしろ、良い事をしたはずです。謝る必要は
どこにもありません。

おそらく、この子は私立に入れようが、公立に
進学していようが不登校になったと思います。

私立とか公立とかは関係ありません。

そういう問題ではないのです。

自分の子ばかりを見てしまうと、客観的に
物事を見れなくなります。そして、親の自分が
悪いと思って、謝ってしまう。


子どもは、親を信じてずっと生きてきました。
親の言う通りすれば、幸せに暮らせる。何でも
上手く行くと思って生きてきました。なぜなら、
親は一番尊敬できる存在だからです。

その親が「自分の選択は間違っていた。」と
言われたら、子どもはどうなるでしょうか?


今まで信じていたものが崩壊してしまいます。

これから何を信じて生きて行けばいいのか
わからなくなります。迷子の状態です。

信頼できる親の下に居たから、子どもは
安心して、安定して生活できます。

ひきこもりの家庭をずっと研究していくと、
親子関係がぐちゃぐちゃです。優し過ぎる
親がほとんどです。優しいのが悪いのでは
ありません。尊敬できない親になったのです。

そうすると、子どもは不安定になります。

不安定になると、人間は自己嫌悪に陥ります。
さらに不安定状態に入ります。

ここで人間は自分よりも下のダメな人間を
作る事で、自分はまだ上に居ると錯覚させ
ようとします。それで精神安定を求めるのです。

親を自分の下に敷く事で安定しようとします。

それで引きこもりが何年も続くのです。

結局、親が子どもよりも下の地位になった
ことがきっかけです。今回のように謝ったり
すると、もう加速されてしまいます。


つまり、親子状態がしっかりと縦の関係に
なっていないから、子どもに共感の言葉を
掛けても効果がなかったのです。どんな事も
前提条件があります。

今回の話は、かなり難しい内容です。

自分と子どもの関係だけを見ているとわから
ないです。私の他のブログの相談を読んで
みてください。似たような状況の人がたくさん
出てくるはずです。

では、どうすればいいのでしょうか?

まずは、不登校の原因を私の小冊子でいい
ので学んで下さい。


不登校は親が原因ではありません。私立とか
公立とかも関係ありません。根本問題を学ぶ
必要があります。

次に、親子関係を再構築する事です。

強い親を演じなければいけません。私たち
教師も、担任の教師になる時には、強い
教師を最初は演じるものです。

そうする事が、子どもの安心になるからです。

ポイントは、両親ともが強くなる必要はない
ということです。母か父のどちらかさえ強く
なればいいです。

例えば、学校だとこういうことをしています。

担任と副担任がいます。この場合、副担任が
担任を生徒の前で持ち上げます。

「あの先生はお前たちの事を思っている良い
先生なんだよ。」


って、言ったりします。

担任の権威を高めていくことで、生徒の信頼
を強くさせるのです。それが教室内の安定に
繋がります。

家の中でも同じ事をやればいいのです。

例えば、「お父さんが働いてくれるお陰で
私たちは御飯が食べられるのよ。」と、
昔のお母さんは子どもに言っていました。


これは、父の権威を高める作用があります。

どちらかを夫婦で相談して決めて、権威を
高めるような言葉を子どもに言って下さい。
少しずつですが、親子関係が戻りますよ。

娘を信じていれば・・・と言う状態ではない
です。


親が自分で親子関係を崩した以上、それを
改善しないと、信じても変わらないです。
待てば、ひきこもりに発展していきます。

反省している暇は私たちにはないです。
こうやって、ひとつずつ学んで下さい。

そして、次へ、次へ行動していく事です。

今すぐ、夫婦で親子の縦関係を崩さない
決意を話し合って下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1970-3cbcba29

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ