Entries

ゲーム依存の不登校を救ってあげる方法とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

子供は中学1年の男子です。

夏休み明けから学校に行くのを嫌がり、2日間だけ登校し、
あとは不登校です。毎日オンラインゲームをして過ごし、
夜中までやってそれから寝ているようです。

スマホでやっているので取り上げようと思ったのですが、
かなり荒れるので今は本人の自由にしてしまっています。

何から手をつけてよいやら考えてしまいます。

急にやめさせるのは無理だと思うので、ちょっとずつ時間を
減らそうと話し合いをしたのですが、まったく聞き入れてくれません。
学校に行けない自分を責めて、ゲームに夢中になっているとしたら、
しばらく落ち着くまで待った方がよいのでしょうか?

それから、不登校の原因がよく分からないのですが、先生の
小冊子を読んだときに思ったのがうちの子供も周りの子と
合わせるのに疲れてストレスをためたのは?と思うようになりました。

普段は友達も多く、頼りにされて頑張っている優等生タイプなのですが、
もしかしたらそれがストレスになっていたのかもしれないと思っています。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の原因は、みんな共通しています。

私が小冊子で書いた原因は、あなたの子にも
当てはまります。発達障害など、根本な原因
の違いなどの例外以外ほとんど同じです。


違いがあるとすれば、程度の差だけです。

私たちは今まで数1千人を超える不登校の子を
見てきました。相談を含めたらもっと多いです。
その子たちを観察して、研究して、分析すると、
共通している事がわかりました。

怠けで不登校になっている子もいません。

親の教育が悪いから不登校になっている子も
いません。

みんな、「学校の環境と合わない」ことが原因
だとわかりました。また、他に共通している
ことは、親御さんが気がついていない事です。

友達もいて、クラブ活動もできている子が急に
不登校になる事があります。

「学校が合わない」と聞くと、何か問題がある
子がほとんどのように聞こえてしまいます。
でも、そうではありません。

無理に学校や周りに合わせ続けて、良い子を
演じすぎている子たちも不登校になっています。

優秀で真面目で良い子が不登校になります。

その根本の原因、要素は「豊かで繊細な
感性」を持っている事です。これが引き金に
なって、不登校になります。

他の子と違う感性を持っているので、当然、
思春期になれば、合わなくなってきます。

そこで、合わなくても平気に自分を出せる、
主張できる子ならいいです。でも、真面目で
良い子だから、周りと違うことはできない
です。自立力が足りないとも言えます。

それで不登校になっています。

真面目で良い子は、親の顔色をうかがって
毎日、過ごしています。


親が学校へ行くのを望んでいるのも知って
います。でも、どうしても学校へ行けないから、
現実逃避するしかありません。現実を忘れて
逃げたくなります。ゲームをやるのはそのため。

親が責めれば責めるほど、逃げたくなります。

そして、親が何も言わなくなればなるほど、
見捨てられたと思ってしまいます。

これらについて小冊子で話しています。

まだ理解できていないなら、何度でも読んで
みてください。それぐらい価値があるものだと
思っています。

不登校はとても深く、深く掘り下げないと理解
できない問題です。一度読んだぐらいでは、
分からないと思います。

ゲームの事ばかりに頭が向いてしまいますが、
ゲームをやるのは現実逃避のためです。

ゲームを取り上げても、現実の辛い状況が
目の前にやってくるだけですよね。余計に
辛くなります。

だから、ゲームを辞めさせたいのなら、
ゲームを取り上げるのではうまくいきません。


ゲームをさせているストレスを減らす事です。

わかるでしょうか?

例えば、仕事のストレスでお酒を飲んでいる
人からお酒を取り上げたら、ストレスを逃がせる
場所がなくて、暴れたり、鬱になったりします。

原理が分かれば解決法は簡単です。

では、どうすればゲームをやめるか?

それは親のプレッシャーを減らしてストレスを
減らす事です。親がガミガミ言って、子どもを
コントロールする事で、ストレスが増大している
のです。

何度も言いますが、不登校になる子は真面目
で良い子です。

つまり、親の言うような良い子を演じてきた。

だから、親の事が一番怖いのです。親から
見放される事が恐いのです。この事を理解して
おいてください。


今のあなたに対する子どもの態度は関係なしに
深層心理の部分に注目して欲しいのです。

あなたの事を恐がっているのです。

それを解消するのが一番最初です。

だから、あなたの態度そのものが子どもの
ゲーム依存を強めているのです。逆効果に
なっています。

そこで「共感の会話法」を使ってみて下さい。

これで多くの家庭が子どものゲーム依存から
解放されています。

子どもは親が学校を休んでいる事を責めている
と思って、想像力を極限まで働かせています。
そして、自分は駄目な人間だと思い込んでいる。

それを、「あなたの気持ちはお母さん、理解して
いるからね。大丈夫だよ、安心しなよ。」って、
伝えてあげることで、ストレスが一気に減ります。

学校へは行けないけど、家では普通に過ごせる
状態になります。

共感の会話法はメールマガジンでも詳しく話して
いるので、実践してみて下さいね。

劇的に変わりますよ!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1969-3527e887

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ