Entries

自己表現の足りない不登校を変える教育法とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高2男子です。毎日遅刻が続いています。

午後から行ったり、3時間目から行ったり毎日いろいろです。
ブログを読ませて頂いて、改めて息子は、人一倍繊細で、
真面目で、その上親が息子に期待し過ぎてプレッシャーを
かなり与えていたと思いました。

よかれと思ってしてきたことが、息子を苦しめていたと
思うと、息子に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

高校生で、時間がないのは、親子ともよくわかっています。

クラスの遊びの集まりや、修学旅行など、イベントには
楽しく参加できますが、授業になると、身体が動きません。
勉強に対する不安が大きいと思います。

もう10か月くらい経ちます。私も息子も平日毎日しんどいです。
これからどうすればいいですか?

******************終わり******************************

……

回答:

不登校気味で不安な毎日過ごしている
高校生の相談です。

本当にしんどい毎日だと思います。

我慢、我慢の連続です。友達などと遊ぶ
のは、気晴らしになっているようです。
不登校の子も友達と遊べる子は多いです。

修学旅行などに参加できる子も多いです。

授業だけが行けない不登校の子も結構
いるんですよね。この子もそのタイプです。

ここから不登校に発展してしまう可能性は
とても高いです。高校の不登校なので、
留年があります。1つの学期を休むと、
出席日数が足りなくなるのです。

そうなると、そこからまるっきり違う人生を
歩んでしまう事になります。

そこから立ち直れる子はわずかです。

「自分は周りの子と同じように高校を
卒業する事も出来なかった。ダメな自分に
何ができるのか?何も出来るわけない。」


そう思ってしまいます。

人生そのものを諦めてしまいます。

なぜ、授業へ行けないのでしょうか?


勉強に不安があるのはもちろんです。
お母さんの指摘されている通りです。

もう少し深く理由を探ると、授業は受け身
だから、静かに座っていることを要求され
ますよね。

真面目で良い子ほど、自分を抑えつけて
目立たないように振る舞おうとします。


元気な子は、授業中でも自分を表現して
目立とうとします。自分を抑えないです。
だから、ストレスも極端には蓄積されない。

授業=自分を抑えつける時間、になって
しまっているのです。


ただし、それは不登校の子に限らず、
多くの学校ではそうです。今の学校は、
アクティブラーニングが盛んになっている
ので、以前よりは改善されています。

授業がどうあれ、学校の課外活動、クラブ
などで自分を発揮できる時間があれば
本当は解決できます。

結局、自分を表現する時間が学校にない
のが一番の問題です。

不登校にならない子は、感性が豊かでない
場合がほとんどだから、気にする事はない
のかもしれません。

でも、不登校になる子は共通して繊細な
感性を持っています。

だから、そういう時間を作る必要があるのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

まず、私たちが子どもを見る時に、この子の
タイプはどこかを見ます。

スポーツ系なのか、芸術系なのかとかです。

そして、芸術系なのが不登校の子には多い
ですから、そこで、この子がどの芸術表現に
感性が反応するかを調べます。

歌なのか、演奏なのか、絵なのか、文章なのか、
他のものなのか、どれかを探すのです。

そして、それを行う時間と場所を与えます。

ここまでは、普通の話です。ここからが問題
なのです。

不登校で絵が得意で自宅で絵を描いている
子もいます。でも、不登校のままです。感性
に合った活動をしているだけではいけません。


あくまで表現を通じて周りと関わる必要が
あるのです。

例えば、小説家は小説を世間に発表するから
成長していけるのです。自分用に書いていると
表現ではありません。感性の豊かな人は、
その表現を世間に発信することが必要です。

私は、できるだけ競争させるようにしています。

不登校の子は家で自己満足で何かをやる
ことばかりをやってきました。それで抜け出せ
ないでいます。

本当の自己表現は周りとぶつかるものです。

だから、競争させないと本当の表現力は出て
きません。

ちょっと深く話しましたが、やることは明確です。

何にこの子の感性があり、そのためにあなたが
できる環境作りをしてあげる事です。子どもが
動くのを待っても、どうにもなりません。

動けないから不登校になっているのです。

まずは、じっくり子どもさんの感性がどこに
あるのかを考えてみて下さい。

そこからスタートです。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1965-f0420ebb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ