Entries

2学期も不登校になった息子。どうして?何が足りないの?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中3の男の子です。

一学期に修学旅行を含め…30日登校は登校できましたが…
起立性調節障害と診断されて不登校になりました。

夏休みはほぼ毎日のように塾にいき、家ではずっとゲーム三昧でした。

2学期始業式から3日間は登校できたので淡い期待をしていたら、
4日目から腹痛、頭痛を訴え、何故学校に行かされるかわからないと
また休み始めました。

これからまた初めから親子の信頼を取り戻すことから行動したら
いいのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

休み明けから、再び不登校になっている
子ども達の相談が増えてきました。


このお母さんの相談は不登校の問題を解決
するための良い内容なので、取り上げたいと
思います。

最初に、「起立性調節障害」と診断されました。

病気か何かで学校へ行けないと考えている
人がいますよね。でも、この子は障害だと
言われたけど、夏休みは普通に過ごして
いました。

朝起きないから学校へ行けないのではない。
学校へ行けないから朝起きれない。


学校がない休みの日は起きられています。

考えている逆の事が起きています。

「腹痛、頭痛を訴え」という所から、ストレスが
溜まっているのが分かりますよね。子どもが
我慢して学校へ行っています。

「何故学校に行かされるかわからない」と
言っているのは、本音ではありません。

学校へ行けない自分を正当化する為には
自分ではなく、親や周りのせいにする事が
必要です。


それで強がっている発言です。

そして、この言葉で、子どもが不登校の
原因を理解していない事がわかります。
だから、子どもに不登校を責めても、何も
言葉が返ってきません。


次に、親子の接し方についてです。

起立性調節障害から昼夜逆転、ひきこもり
へと発展していきます。親がガミガミ言うのを
避けるために、時間をズラし、部屋に逃げる。

親が不登校の子の苦しい気持ちに共感して
あげると、朝起きられるようになります。

ここまではわかってくれています。

この子が再び不登校になったのは、親子の
関係が悪化したからではありません。それは
改善しているはずです。

そうではなくて、2学期になったけど、学校は
何も変わっていません。ここが理由です。


不登校は学校と子どもの間の問題ですね。

子どもが不登校になった時から、学校は、
ずっと同じままです。その学校へ子どもが
戻っても続くわけがありません。

不登校は子どもの根性やがんばりが足りない
わけではないのです。

このお母さんは、もう一度、私の小冊子を
読んでほしいんですね。不登校の原因、原理
がわからないと間違った対応をしてしまいます。

願えば学校へ行くのではないです。

何度も言いますが、子どもと学校が合わない
から不登校になっています。互いが歩み寄る
ことで行けるようになります。

学校で言えば、子どもに合う場所、活動を
作る事です。


おそらく、2学期がスタートしても、何も変化は
ないはずです。

不登校前と同じ学校へ戻っただけです。

例えば、あなたがガンになったとして、手術後、
ガンになった時と同じ食生活、運動習慣をして
いたら、どうなりますか?

またガンになるに決まっていますよね。

ダイエット後に、おやつばかり食べる食生活を
続けたら、周りから馬鹿にされます。

不登校も同じです。

接し方の前に、不登校の原因をもう一度、
しっかり考えて下さい。待っていても、子ども
から変わることはないです。

私たちが変えないといけないです。

それでは、今すぐ不登校小冊子を読んで、
不登校の原因を理解して下さいね。

話はそれからです。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1951-aeb9ad83

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ