Entries

学校に違和感を感じる不登校と親の子育て

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高校1年男の子です。

1学期の期末直前から学校に行きずらくなり、期末テストは
全て受けましたが、夏休み前迄で7日欠席しました。

入っていた部活も止め夏休みは家で過ごしていました。
友達とも何回か遊びましたが映画や遊んできた後は、
必ず帰ってきた後頭が痛く楽しんだ様子も感じられません。

クラスには友人がいるとのことですが話を聞いていると
会話が合わないようです。ただ友人は優しく接してくれ
学校ではお弁当など一緒に食べているそうです。
現在、 全てにおいてやる気がでないと言ってます。

本人曰く、理由はわからないけど学校に違和感があるそうです。

転校したとしても、学校自体嫌いだからいけるかどうかわからないと
言っています。親としてどのような行動をとれば良いかわかりません。
アドバイスをお願いします。

******************終わり******************************

……

回答:

この子も前回の子と同じような状態にあり
ますよね。

不登校の典型的なタイプだと思います。

「理由はわからないけど、学校に違和感
がある。」


これが不登校に共通している事です。

高校の不登校生、中学、小学生からの
不登校生でも同じです。違和感がある。
だから、学校へ行けません。

このまま違和感を抱え続けていれば、
学校へ戻ることはできません。

そのままひきこもっている子はたくさんいます。

高校の不登校だから、すぐに留年が決まり、
学校を退学することになります。そうなると
人生が大きく変わってしまいます。

ここで改善して、笑顔に学校を楽しめる子に
してあげましょうね。

では、何が原因なのか?

違和感。

これは、学校に対する違和感よりも、自分に
対する違和感なんですよね。

思春期が不登校と関係しています。

思春期になると、子どもには変化が起きます。
心の変化ではなくて、自分自身の感性の変化
です。内面の変化ですね。


自分が急に変わってしまったんです。

だから、今まで通りの習慣で友達や学校で
過ごしていると、自分の中に違和感がある。

別に友達や学校は変化していませんよね。

変わったのは子ども自身です。

我慢がないとか、根性が足りないとかでは
ありません。根本の自分が変化したのです。
それに慣れていないんですよね。

例えば、幼虫から蝶に変化しますね。

地面を這いつくばっていた幼虫が、羽を
使って飛び立たなくてはいけません。

以前と同じように、羽を持って地面を這いつく
ばっていたら、苦しいですよね。

でも、不登校の子は蝶と違って、自分の変化
には気がついていません。サナギの時期が
思春期と同じです。

肉体の成長と同時に内面も成長します。

新しい自分が出来あがっているのに、それを
抑えつけて、「まだ、自分は幼虫だ。」と、
思ってしまっているのです。

自分を無意識に抑えつけている。

だから、頭も痛くなるのです。抑え続けると
体に不調が出てきます。我慢のし過ぎ。

では、どうすればいいのでしょうか?

原因が分かれば、解決方法が見えてきます。

自分らしさを出させる教育をする事です。

結局、今まで、自分らしさを出す事を誰にも
言われずに育って来ました。

何となく学校へ行って、何となく勉強して、
何となく友達と遊んで・・・思春期になって
何となくが通用し無くなった。


だから、今からやるのは、この子らしさを発揮
させる子育てです。

学校にこの子らしさを育てる場所がないのだと
思います。普通はありません。だから、探す
しかないです。学校と相談して、作るしかない
ですよね。

何がこの子に向いているのかは、私には
わかりません。見ていないから。

小さい頃から、一緒に住んでいるあなたなら、
子どもの特徴、他の子と違う所がわかると
思います。

その部分を活かす活動をさせることです。

例えば、本が好きな子ならどうしますか?

作文を書かせたり、小説を書かせたり、何か
考えつくと思います。それを学校の放課後に
させてみることです。

私がやっている大きな事の1つがそれです。

待っていても、何も変わりません。違和感も
消えません。我慢しているのが癖になって
いるから、自分らしさを出せないのです。


気がついた周りの私たちが環境作りしてあげる。

今すぐ、子どもの特徴、他の子と違う所を
探して下さい。まずはここからです。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1950-1b186861

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ