Entries

不登校に親が言うべき良い言葉と悪い言葉

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中1の息子です。

不登校になり、2ヶ月が過ぎました。ほとんどリビングで
過ごしています。ゲーム三昧、昼夜逆転、家から出ようしません。

私への信頼関係は、不登校1ヶ月を過ぎたあたりからなくなりました。

「近づくな!声をかけるな!」という状態です。一緒のゲームをしようと
思いますが、やり方がよく分からず…教えてほしいなって聞いても、
「自分で考えろ!」と。

息子から、「近づくな!声をかけるな!嫌いだから!」と言われた後、
どのような態度や返事をすれば良いのかわかりません。

”心配なの”というのは信じていないと感じてしまうのでしょうか?
気をつける言葉を教えて下さい。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の子どもへどんな言葉をかければ
いいのかについてアドバイスします。

不登校は思春期に起きる現象です。つまり、
反抗期と重なります。不登校で学校を休む
イライラと親への反発が同時に起きている
わけです。


優しい言葉を掛けているつもりでも、反抗期
の子どもには嫌な言葉もあります。


それで親子関係が悪くなり、不登校が長期化
している子はたくさんいます。親の間違った
声掛けがひきこもりを生んでしまっています。

正しい声掛けで、不登校の子を救いましょう。

では、何が問題なのでしょうか?

子どもが家の中で昼夜逆転したり、ひきこもり
になっているのは親子関係がほとんどの原因
です。

多くの不登校の家庭では、親が厳しく子どもに
当たる事で関係が悪化してしまいます。

親の無理解が不登校を悪化させる。

しかし、真逆の家庭もあります。

親が弱すぎる為に、子どもが不安定になる
家庭です。


子どもというのは、しっかりと親が自分の上に
立って支えてくれているから安心できます。
それが本来の親子関係です。

それなのに、親が弱くてフニャフニャしている。

子どもは安心できる親がいないために、
イライラが強まってしまうのです。


あまりにも強すぎる親もいけませんが、
弱すぎる親も悪影響を与える事になります。
難しいですよね。

なので、親が弱いから子どもが怒っている
のか、反抗期で母親に強く当たっているかを
判断して下さい。

親が子どもに舐められたら終わりですからね。

でも、反抗期は子育てで大切なものです。
反抗期の無い子が増えていると言われて
います。反抗期は必ず必要です。

親と違う、自分の意見を持たないと、子どもは
自立する事が出来ません。

反抗期で親に反発するのは悪くないです。


でも、親を馬鹿にした言動をしたら叱る必要が
あります。子どもは強い親を求めているから
です。間違った事は間違った事です。

では、どうすればいいのでしょうか?

「心配なの」という言葉は言ってはいけません。

親の本音だと思います。でも、言ったら、
子どもはもっと落ち込みます。不安定に
なってしまいます。

「心配=信用していない」と子どもには
聞こえてしまいます。


親に迷惑をかけているんだと強く思わせる
ことになって、より意固地になったり、より
反発的になるのでやめておきましょう。

それより、「信用してるよ。」って言えばいい。

それとゲームを一緒にしたり、共感の声掛け
ができない場合もあります。親が自分を
気にしている事が嫌なんですよね。

これは「心配」している共感になっています。

その雰囲気を出しているから、嫌がる。

こういう子の場合、その前に、こんな声を
掛けてあげると良いです。

「お母さんは、あなたががんばっている
のを知っているからね。安心するんだよ。

お母さんだったら、毎日泣いて家から出て
行ってると思うの。だから、あなたは強い
子だよ。信じているよ。

お母さんにとっては、学校へ行っている
のと同じだからね。それだけがんばってる。」


こんな声掛けをしてあげればいいです。

不登校の子は、自分を責めています。学校へ
行けない自分を恥ずかしいんですよね。親に
顔向けできない。だから、強がっている。

その気持ちを先に代弁して言ってあげると
いいですよ。

不登校だろうが、家の中で親は強くある。

その事を忘れないで下さい。優しくなるのは
良いんです。でも、弱くなったらいけません。
子どもに馬鹿にされては親をやれませんよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1947-510846bd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ