Entries

「別」「ふつう」「何でもない」と言う不登校の心を開く方法

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


『2学期の始業式に参加させるアプローチ術』
は、今すぐこちらをお読みください。


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中1の息子です。

小6の修学旅行翌日より学校に行けなくなりました。

3学期になれば…中学になれば…と構えていたために、
現在も学校には行けていません。

共感の会話を実施しようと努力はしていますが、息子は
自分の思いを話すことをなかなかしません。特に自分の
ことになると「別に」「ふつう」「何でもない」と避けていきます。

本人が思いを話さない関係では、共感もないと思い、
親子関係を構築できるためにどうするか…と考えて
今まで来てしまった感じです。

このペースでいいのか?と自問自答する日々です。

なんにせよ、本人の思いを共感するためにも本人が思いを
発することができるようかかわるにはどうしたらよいので
しょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

黙り込んで、何も話してくれない不登校の
息子さんへの相談です。

共感の会話をしようにも、何も言ってくれない
から、共感なんてできない!って気持ちが
あるのは当然です。


何も話そうとしない不登校の子に対する
対応方法があるのでお教えします。


小学校から不登校になり、そのまま中学へ
進学しても不登校。

中学校では、1年の1学期に新しい友達の
グループが作られます。そこから、部活動を
通じて、さらに絆ができます。

この中学1年生を逃してしまうと、ほとんどの
不登校の子は学校へ戻れません。

戻ろうにも、戻る場所が学校にないからです。

それで中学卒業まで3年間不登校です。

私の高校にも、毎年、中学出席0日という子
が入学してきます。1人ではないです。何人も
います。

その子たちに話を聞くと、「戻れるわけがない」
と言います。


中学校ほど人間関係が厳しいです。

それは理解しておかないといけません。

では、なぜ何も話したがらないのでしょうか?


実は、不登校の子は自分でも自分がなぜ
学校へ行けないのか理由が分からない
のです。

だから、親に何か聞かれても、言い様が
ありません。

そして、思春期の男の子は、母親に対して
自分の弱い部分を見せようとはしません。
強がることで、自分の怯えている部分を
隠そうとしています。


「別に」「ふつう」「何でもない」と言ったのは、
こういう理由です。

いつも言うのですが、子どもは親の望む
ように振る舞ったり、生きる事をしています。
そうしないと、親に見捨てられるような気が
するからです。

だから、こう言ってしまいます。

表情では無関心のような感じがするかも
しれないですが、本心は違います。

では、どうすればいいのでしょうか?

最初に共感の会話法についてです。

まず、子どもが「別」「ふつう」「何でもない」と
言ったら、それに共感しないといけません。

「そうだよね、わかるよ。」

って、言ってあげるんですよね。

それが共感するってことです。

次に、子どもが心を開いてくれない時には、
必ず、同性の親が話を聞く事がポイントに
なります。

異性の親より、同性の親です。

これは私の長年の研究と調査をしてきた
結果、心を閉ざす子の多くは同性の親に
認められたい欲求を持っている事がわかり
ました。


お母さんがなかなか話を聞こうとしても、
難しい理由がそこにあります。

最初の一歩だけ、お父さんがやってくれると
あとは、お母さんだけでも可能です。

大抵、こういう子の父親も物静かで、何も
話さない傾向があります。

父親と同じ事をやっているんですよね。

だから、夫婦でしっかりと話し合いをして、
共感の会話をお父さんにやってもらえれば
いいです。

お父さんとの関係が改善すると、急に母に
寄ってくる傾向があります。


そうなると、変わっていきます。

本当に、今の状況は中学卒業まで不登校が
続いてしまいます。ここで動かすためにも、
夫婦で役割分担をしてみて下さいね。

大丈夫ですよ!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1943-1dffd16b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ