Entries

親の「愛のオーラ」を効果的に不登校へ伝える共感法

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


『2学期の始業式に参加させるアプローチ術』
は、今すぐこちらをお読みください。


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中3の長男。性格は真面目で優しい。

小1から続けていたスポーツを腰痛のために出来なくなり、
気力が無くなってしまいました。中3の6月末から登校を渋り、
7月からは自宅を出ずにいます。

塾にも行かなくなり、ゲームや動画、漫画と小説で時間を
過ごす毎日です。

質問ですが、共感の会話をやりたいのですが、外に出たくても、
どうしても人の目が気になり出られなくなっている、彼の大きな
不安と罪悪感を、心から「分かるよ」と言えないのです。

同じような不安感を、私は学生時代に経験していないのです。
今のところは、共通の活動を取り入れていました。

もう1つ質問です。

「子どもの不登校は親の責任はなく罪悪感は持たなくてもいい」と
おっしゃってくれています。でも、どうしても、過去の自分の子育てを
後悔する気持ちがすごくあります。

自己嫌悪と不安な毎日を、どうにか前向きに考えて、私自身が
元気に過ごしたいのです。この胸の苦しさを少しでも軽くできる
ヒントはありますか?

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の子と、そうでない子の接し方の
違いがあります。

この事について話しておきたいと思います。

家の中で不登校だろうが、躾(しつけ)は絶対
しなくてはいけません。


しかし、躾と聞いて「叱る」ことだと考えている
としたら、間違いです。怒れば、子育てをして
いると感じている人がいます。

正しい事と間違っている事を教えるのが躾。

もちろん、殴り合いの喧嘩をしているとか、
外なら犯罪になるような事をやったら、
怒鳴りつけるべきです。お金を盗むとか。

しかし、ほとんどの場合はそうではないです。

例えば、夜遅くまで起きて、騒いでいるなら、
家族の周りに迷惑をかけているから、静かに
するように言いますよね。多少、厳しく。

でも、静かだったらどうしますか?

誰にも迷惑はかけていません。

本人も、夜遅くまで起きるのはダメだって
わかっているけど、眠れない。

そういう夜だってあります。

「何やってるの!ゲームなんかして!
早く寝なさい!小学生じゃないのよ!」


とか、言って怒ってしまいます。

でも、言い方を変えれば、子どもは理解を
して、言う事を聞いてくれます。

「眠れないのかい?そういう夜もあるよね。
わかるよ。眠たくなくても、お布団の中に
入っているといいよ。

そうすると、明日の朝、起きた時に疲れて
ないからね。7時に起こすからね。」

って、言えば良いんですよね。

躾の基本的な対応方法は知って下さい。

共感の会話について話します。

不登校の子ども達が思っている事は、自分
の辛い気持ちを理解してくれる人がいない
ことなんですね。

「どうせ、誰もこの辛さはわかってくれない。」

と、思っているんです。

その辛くて孤独な気持ちを愛情で包み込んで
あげるのが、私たちのやるべきことなんです。

「大丈夫だよ、安心するんだよ。お母さんは
どうなっても、あなたを守ってあげるからね。
辛いよね、孤独だと思わなくていいからね。」

この愛のオーラ、パワーみたいなものを
伝えるのが「共感の会話」だと思っています。

例えば、交通事故で、右腕が無くなった
人がいたとしましょう。


誰も、この人と同じ体験をしたことはない
ですから、100%同じ気持ちにはなれない
ですよね。

でも、右腕がなくなって、周りの人と自分は
違う、普通の人生を送れない、馬鹿にされる
かもしれない、と感じる気持ちには、共感が
できるはずなんです。

不登校の気持ちを共感するのではなく、
孤独感や疎外感に共感するということです。

不登校だから孤独を感じる。

友達がいないから孤独を感じる。

親が離婚したから孤独を感じる。

友達に馬鹿にされて孤独を感じる。


原因は違うけど、みんな「孤独」の気持ちを
持っています。これには共感できますよね。
不登校にはなっていないけど、その結果、
出てきた気持ちには共感できるはずです。

そして、その気持ちを愛を持って共感して
あげるべきなんですね。

共感してあげて下さい。

最後に、不登校と子育ての関係についてです。

他の専門家の先生たちがどのように考えて
いるのかわかりませんが、私は理論的に、
そして、実際に不登校を研究して、不登校と
子育ての関係を結論付けました。

あくまで、不登校は学校と子どもの問題です。

親がどんな子育てをしていようと、不登校に
なる子はなるし、ならない子はなりません。

正直、あなたが自分の子育てを反省しても、
あなたの何十倍も愛情を注がず、適当に
育てている親の子は不登校になっていません。

これは、中学校や小学校の担任の先生に
聞けば、すぐにわかります。

特に公立の場合、様々な家庭と先生たちは
付き合っています。ネグレクトの親もいます。
でも、不登校にはなりません。


この子も長男で、下の子がいるわけです。

親は兄弟姉妹を分けて育てているのでは
ないです。ほとんど同じように育てます。
だったら、子ども全員が不登校になるはず。


なっていないでしょ。それは、親ではなくて、
子ども自身の感性が原因だからです。

どれだけ子育てを反省しても、不登校とは
直接は関係がありません。

もちろん、反省すべき所があるのなら、
それはそれで改善してください。

でも、不登校の原因ではありません。

親の愛情が足りないとか、躾が足りないとか
色々言われます。家庭環境が悪いとかも、
言われますよ。

脅かされて、取られるのはお金だけです。
注意して下さい。

不登校の子は寂しくて、孤独です。

その心の穴を私たち親の愛情で包み込んで
あげる。その最初が共感の会話です。今すぐ
実践して下さいね。

もう一度、素晴らしい親子関係が作れますよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1942-a04802b8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ