Entries

過呼吸、息切れを起こす不登校の学校での対処法とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


『2学期の始業式に参加させるアプローチ術』
は、今すぐこちらをお読みください。


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

私立中学3年の娘がいます。
性格は明るく友達も多い、行動力があります、
先生方にも可愛がっていただいてます。

しかし、言われた事を非常に気にします。中2の
2学期より男の子にからかわれたのがきっかけで
不登校になり、3学期より少しづつ登校し始めました。

3年の1学期は先生も驚くほど頑張り息切れをおこし、
もう頑張れない、学校をやめたいと言ったところで
夏休みに入り、何事もなかったように父親に教えて
もらいながら課題をがんばってます。

不登校の原因を解決できていないので、また2学期に
息切れを起こすのではないかと思います。

親子関係は先生のブログのおかげで良好です、
親としてあと、何ができるでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

息切れや過呼吸になる不登校の女の子が
います。この子たちの特徴があるので、
それを今回はお話します。

このお母さんが言われている事は正しいです。

原因を解決していないのに、症状が改善する
ことはありません。おそらく、学校へ戻っても
息切れや過呼吸は続きます。


私の育ててきた不登校の子たちも同じです。
原因を解決しない限り続いています。

この症状が続くと、本格的な不登校に突入して
しまいます。そして、家にひきこもり、ずっと
ゲーム漬けの生活がスタートします。

何とかして抜け出しましょう。

なぜ息切れ、過呼吸になるのか?

不登校になる子の多くは、真面目で良い子。
特に学校の先生たちから可愛がられます。
学校の先生から気に入られると、学級委員
とか生徒会長とかに選ばれたりします。

この子もそうです。

行動的で明るい性格ではあるんですね。

しかし、先生から可愛がられているという
部分が不登校の原因の1つでもあります。


先生に気に入られるというのは、真面目で
良い子です。どれだけ行動的で明るくても
先生から嫌われている子だっています。

「先生に可愛がられて良い子だな~」

って、何気なく嬉しくなってしまうと思います。

でも、私のような子どもたちをずっと観察して
いる人間には、真面目に先生の思い通りに
行動する事を努力する子に見えるのです。

つまり、先生に気に入られるように、自分を
先生に合わせているのです。


ここがポイントです。

人に合わせるという行為は、同時に、自分を
殺す、抑えつける行為でもあります。


このタイプの子は、小さい頃から大人たちに
気に入られる事で自分に価値があると感じて
きました。

だから、ずっと大人の顔色をうかがってきた。

ここまでは大丈夫ですね。

今まで、自分の価値は周りに合わせる事だけ
でした。なので、大人に評価されない状況に
なると、極度の不安に襲われます。


感性が鋭いので、敏感にストレスを感じて
しまいます。

それで恐怖感、焦りで息切れや過呼吸になる。

では、どうすればいいのでしょうか?

自分らしさがないのです。

「私は、これがあるから、私なの。」


って、言えるものがありません。

いつもキョロキョロして周りに合わせようと
しているだけです。

本来なら思春期を迎えて、自分らしさが
出て来ているはずです。それを抑え込んで
しまっているんですよね。

この自分らしさを出す練習が必要です。

そもそも、この子の自分らしい活動が何かを
探さなくてはいけません。不登校の子も、
同じです。何に向いているのかを探す所から
始めなくてはいけないです。

小さい頃からの子どもの得意とすることや
何か賞状をもらったことや、趣味、周りと
違う感覚などを考えてみる事です。

そこからヒントが見つかるはずです。

私の学校では、かなり高度な事をやっている
ので、説明しようにもできません。

過呼吸などの子は、自信がないし、内にこもる
傾向があるから、それを出させる練習からする
ようにしています。

根性や気合いを言葉で説明しても無理です。

そういうものではありません。

無意識に自分を抑え込んでいる習慣を持って
いるので、習慣そのものを変える必要があると
思っています。


まずは、学校で今までと違う活動をさせてみる。
この子が自分らしさを出せる活動ですよね。

例えば、本好きの子がいたとしましょう。

それなら放課後に現代文の先生に、本の書評を
書くように指導してもらう。そこで自分の思いや
感じている事を書かせます。

さらに、それをみんなの前で発表させるような
場所を作って、体を使って表現もさせます。

こんな感じで、ステップアップさせるのです。

学校の先生と相談しながら、何ができるか、
どうやったらいいのかを話し合ってみると
いいですよ。

少し時間がかかるのは仕方ないです。

すぐに改善しないと思った方がいいですよ。

でも、今やっておかないと大人になっても
過呼吸が出てきます。

私たちの方が動かないと、子どもだけでは
改善出来ません。学校と一緒になって、
対応して下さいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1941-8283fd72

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ