Entries

親に依存気味のベタベタ不登校への声掛け法を紹介

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


『2学期の始業式に参加させるアプローチ術』
は、今すぐこちらをお読みください。


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中2女子です。小6から休みがちで、中1は2学期をほとんど休み
ましたが、3学期は復帰。中2になり完全に不登校になりました。

人見知りで、感受性が強く個性的。

本人は中2になってから全く学校に行ってないので、今更行けない。
3年から行く!と言っており、勉強はほとんどしていません。最近、
私に対して小さい子供を扱うように接し出して、スキンシップが
激しくなってきました。

青田先生の書かれた通り、親と子の立場が逆転してしまい、状況が
悪化してきたのでしょうか。

親子の信頼関係は良好だと思っていたのですが、子供の機嫌取り
をしているにすぎない、本当の信頼関係ではないのかもしれません。
本来の信頼関係を持てるようになるにはどうすればよいでしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

子どもが不登校になると、隠れていた親子の
問題がいろいろ出てきます。

不登校そのものとは関係がないのですが、
親子関係が不登校解決のポイントです。
変な親子の関係が出来上がると、不登校も
続いてしまいます。

・親子関係が逆転する
・子どもの幼児返り
・親子喧嘩
・家庭内暴力
・親子の確執


など・・・

親子関係がおかしくなります。

親にしたら正論を言っているつもりでも、
子どもが理解しないと意味がありません。
イライラして喧嘩が始まります。

あるいは、厳し過ぎたから優しく接すると、
子どもが甘えて来てベタベタ近づいてくる。


不登校になってから、親の方が接し方を
大きく変えてしまう事で、変な親子関係が
出来あがってしまうのです。

子どもと言うよりも、親の方です。

親の不登校の子への接し方で、子どもは
どのようにも変化します。

子どもを変えることはできません。

変わるのは私たち親の側です。


だから、子どもが変わるのを待っていても
意味がありません。そもそも変わったのは
親の方だからです。

例えば、この子のように親に近づいてくる
タイプの子は「依存体質」を持っています。


別にこれが悪いわけではないですよ。

例えば、周りの人と協力して生きるタイプ
の人は追い込まれると依存体質になります。
反対のタイプですが、根は同じです。

だから、こういう依存体質の子は、将来、
周りと協力して生きていけますよ。

大切なのは、子どもが依存体質だから、
親に依存するわけではありません。親が
それを許す状態を無意識に作り出している
からです。

「構って欲しい」アピールの強い子は、
自分に価値がないと感じています。

自分に価値がないから、親に依存して、
親に構ってもらう事で、自分は価値があると
確認しているのです。

だからといって、親が構い続けていると、
ずっと近寄ってきます。

そして、親も自信がありません。

ここが問題なのです。親も自信がないから
弱い子どもを構う事で、自分に価値がある
ように感じるのです。子どもが甘える事を
無意識に許容しているのです。

親も不登校に子どもがなったことで自信を
失っています。

それが、子どもの依存を招いています。

では、どうしたらいいのでしょうか?


まずは、子どもに価値を与える声掛けを
してあげることです。

「お母さん、あなたを信じているからね。
安心するんだよ。」


この声掛けが一番うまくいくことがわかって
います。自信をなくした子には最高の言葉
だと思います。

直接言うか、手紙を書くか、ドア越しに言う
方法もあります。あなたの状況に合わせて
やってみて下さい。

そして、親自身には自分で自分の事を
信じていると言ってあげる事です。


不登校は親のせいではありません。

自分を責める事で自信がなくなり、弱い
子どもを抱え込む事で価値を見出そうと
してしまって、親子関係が崩れました。

不登校の責任は親にないと知って下さい。

私の小冊子を読んでもらえれば、すぐに
わかるとおもいます。あなたのせいでは
ありません。

それでは、今すぐ、子どもに安心の声掛け
をやってあげてください。

きちんとした協力関係のある親子に戻して
学校へ復帰しましょう!

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1940-83822722

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ