Entries

先輩にからかわれ、友達が少ない息子が不登校になった原因

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


『2学期の始業式に参加させるアプローチ術』
は、今すぐこちらをお読みください。


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学一年の男子で、おとなしい性格で、自分の気持ちを言葉で
人に話すのが苦手なようで、終業式一週間前にクラスで嫌がらせを
受けてる、クラスにあまりお友達がいないということを打ち明けられ、
不登校になり部活も塾も休んだりしていました。

部活は苦手な先輩が自分の嫌なことを言ってきたりやってきたり
するようで、先生が注意もしてくれてお友達の力も借りて、何とか
行けるようになってきました。

私だと反抗期もあるせいか、全然いうことを聞かないので、主人が
単身赴任中で、私だけで学校にちゃんと9月から通わせられるのか、
不安でいっぱいです。

登校日は、お友達にきてもらって一緒に行く形にはなってますが、
9月から毎日はうちの子も朝練もあるし厳しいので、どうこれから
励ましてあげればいいか悩んでいます。

******************終わり******************************

……

回答:

いじめ、からかい、無視などで不登校に
なる子がいます。

いじめられても、不登校にならない子の方が
多いです。いじめられても、ほとんどの子は
学校へ行きます。


理由は簡単です。

不登校には不登校になる理由、原因があり
ます。いじめ、からかいでは不登校になる
だけの条件は満たされないからです。


全く別の問題だということです。

実際、多くの子たちは、周りから馬鹿にされ
続けても学校へ通い続けます。学校へ行か
ないことのリスクの方が大きいからです。

親から強く言われることが恐いのです。

この事を親はわかっていません。

子どもは親にどれだけ評価されるかで、
自分の価値を計っています。


親の望まないことはしません。

だから、学校でいじめを受けていることも
多くの子たちは親に言いません。いじめを
受ける弱い人間だと親に思われたくない
からです。

子どもは自分一人では生きていくことは
できません。

親の存在がどうしても必要です。それを
本能的に分かっているから、親の意志に
沿わない自分を隠そうとします。


ここからが大切なので、よーく聞いて下さい。

そんな子どもが不登校になって、学校へ
行けなくなるのです。

親の意に沿わない不登校になるというのは
子どもにどれだけストレスがかかっているか
想像できるでしょうか?


いじめられても学校へ行く子どもです。親が
恐いから通い続けるのです。

それなのに不登校になってしまうのです。

この大変さを理解してあげなければ、不登校
のこの心理状態は分からないと思います。

それで、どうしてここまで、こんな話をしたか
と言うと、不登校といじめは別問題だって
ことを理解して欲しいのです。

この子は、からかいが止まっても不登校に
なる可能性があります。

何度も言うのですが、多少からかわれても
学校へ通い続ける子がほとんどなんです。
子どもの心理状態からすれば行きます。

この子は行けなくなったので、別の理由が
あるのです。あくまできっかけに過ぎません。

「クラスに友達があまりいない。」

これも、不登校の子がよく言う理由です。

でも、よく考えて下さい。あなたが学生の
時でも、友達がほとんどいなくて、一人で
学校にずっといた子がいるはずです。

その子は不登校になっていません。

友達がいない人は世の中にたくさんいます。
それでも会社だったり、学校だったりには
行っています。

それでも不登校になる理由にはなりません。

だから、ここまでずっとお母さんが話している
ことは「きっかけ」です。原因ではないんです。
これが分からないから対応できない。


不登校は励ませば行けるとかではないです。

ここでしっかり不登校を学んで下さい。

おそらく、2学期は最初は学校へ行けると
思います。でも、再び、どこかで何かきっかけが
あると、行けなくなります。

不登校の原因を知って、対応策を学んで下さい。

まずは、私の不登校の小冊子とメルマガでも
読んでみて下さい。詳しく不登校の原因を
書いています。

ブログとメルマガで対応策も話しています。

何かうまくいかないのは、勘違いが大きいです。

不登校の場合、「きっかけ」と「原因」をごちゃ
混ぜにして考えてしまう人が多いです。それで
解決せずに、ズルズル長引いてしまいます。

・からかわれた
・友達がいない
・勉強ができない
・喧嘩した


とか、すべて「きっかけ」であって、原因では
ありません。

今すぐ、私の小冊子を読んで、不登校の原因を
学んで下さい。大丈夫ですよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1939-1aca1f65

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ