Entries

親が無理に起こさなければ、不登校は自分で起きるようになる

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


『2学期の始業式に参加させるアプローチ術』
は、今すぐこちらをお読みください。


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

朝は、毎日、起こすことに精一杯で、子供が頭の中で、
どんなことを考えているかなんて、考えもしませんでした

ざわざわとした教室を思い浮かべて、恐怖に感じているのでしょうね
それを、ガミガミと然りつけていた私は、思いが足りなかったと反省します
娘は、不登校になってこら、朝は起こすのをやめました

すると、自分で起きてくるようになりました

しかし、起きては来るけど、学校へは行けません

せっかく、起きてこれるようになったのだから、次の段階に
進みたいのですが、どうしたらよいかわかりません
次のステップに進むには、どうしたらよいでしょうか

******************終わり******************************

……

回答:

朝起きない娘さんを上手に起こすような
状況にしてくれました。

勘の鋭いお母さんです。

素直に私が話している内容を理解して、実践
して、結果を出してくれました。無理にでも
起こそうとすればするだけ、子どもは起きて
きません。


子どもの心理状態を理解すれば分かります。

まずは、不登校で学校へ行けなくても、
朝にきちんと起きてくるようにしてあげないと
学校へ行く気力も出てきません。

朝起きないと、昼夜逆転へ発展して、自分の
部屋にひきこもります。


だから、朝起こせるかどうかが分かれ道です。

子どもは親を恐れています。


この事実は目を背けたくなりますが、子どもは
恐れています。子どもの本能的な心理です。
親に見離されては生きていけないからです。

だから、朝、普通の時間に起きてしまうと、
学校へ行けない自分は叱られると想像します。

それで朝起きないし、起こそうとしても嫌がる。

少しだけ子どもに理解を示してあげるだけで
子どもは朝起きてきます。


まず、朝起こしましょう。

そして、今回の相談は、朝起こしてから
どうしていけばいいかについてです。

不登校は子どもと学校が合わない問題です。

朝起きたからと言って、学校が何か変わって
いるわけでも、子どもが変化した訳でもない
です。不登校になった時と同じです。

だから、学校へ行くことはありません。

ここが分からないといけないです。

何もせず、待っていれば子どもが学校へ
行くことはないです。

ここからが仕掛けというか、アイデアを出して
動かしていく必要があります。

結論を言えば、まずは別室登校させることが
目標になります。だからと言って、親の方から
別室登校を勧めても、動かない子がほとんど。

どうすればいいのでしょうか?

不登校の子はワガママで頑固です。

完璧主義な所もあって、ゼロか100みたいな
感じがすごくあります。

だから、いきなり別室登校を勧めてみても、
「行くなら教室へ行く!」と言います。


こちらから提案するのは最後で、最初は、
子どもの意見、思いを引き出す事をやる
べきです。

「成長の会話法」を知っていますか?

子どもに不登校の自分を考えさせて、
そこから学ばせ、次に自分がどうするかを
決めさせる会話法です。

すごく簡単に言えば、「これから、あなたは
どうしたい?どうすればいいと思う?」と
聞けばいいんですね。

親が最初に上からガミガミ言い過ぎるから
子どもは反発して、自分の思いを言わない。

そうではなく、最初に子どもに意見を聞く。

「どうしたらいいと思う?」

と、優しく聞けばいいです。

「わからないよ。」と言うと思います。それを
否定せずに、「そうだよね、わかるよ。」と
言ってあげる。共感の繰り返しです。

そして、最後に「こう言う考え方もあるから
アイデアとして聞いてね。」と言ってから、
「別室登校で気持ちを整えてみる方法も
あるみたいだよ。」と教えてあげる。

一度言えば、それで十分です。

それで子どもは、また、一人で考えます。

そして、もう一度、同じように質問をして、
聞いてみると、決断してくれます。決断
すれば、私たちが学校と相談して、準備
していくわけです。

焦りがすべて逆効果になっています。

しっかり、子どもの気持ちと不登校の原因
を理解して接してあげて下さいね。

学校へ戻れるようになりますよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1938-993ac478

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ