Entries

アスペルガーと診断された不登校の正しい扱い方

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ




青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中3男子、おとなしい性格。中高一貫校に本人の希望で
入学しました。英語と数学が得意、体育は苦手です。

小63学期から体調不良で朝から起きられず、入学前の
病院の受診で、起立性調節障害、アスペルガー症候群
であることが分かりました。

中学校側は「何でも自分でできているようなので支援はしません」と。
遅刻しながらもなんとか登校していたものの、中2の二学期に、
「友達にも、先生にも失望した。普通でない自分が周りに合わせていくことが
どんなに大変かわからないだろう、学生を止めたい」と言って不登校に。

カウンセリングに通ってる病院では、不登校の専門医を紹介
されましたが、「治療する順番が逆じゃないか」と息子は入院を
拒否し、家庭療養に切り替え、長期欠席することになりました。

昼夜逆転生活、パソコンの前から動きません。夜中には歌っています。
昼間の居場所を探して、放課後デイサービス、発達障害者専門塾に
通いましたが、過呼吸性症候群で動けなくなり止めてしまいました。

「高校は出てないと将来困るし、親に心配をかけたくなかった」と
行けなくなったのは本人もショックだったようです。

今の状態で高校を卒業するためには、通信制の高校を選ぶ
べきでしょうか?

不登校を克服するためには、今の学校で頑張らせるほうが
いいのでしょうか?宜しくお願いします。

******************終わり******************************

……

回答:

アスペルガーと診断されても、諦めては
いけません。

これら私は、私の独自の考え方を話します。
お医者さんではないので、お医者さんの
診断のほうを信用するようにして下さい。

ただし、私もそのお医者さん以上に不登校の
子どもたちを育ててきた経験があります。

その中で体験して感じた事を話します。

不登校になると、みなさん、すぐに病院へ
連れていきます。すると、なぜだかわからない
ですが、病名がつきます。

起立性調節障害
軽度発達障害
アスペルガー
自閉症
対人恐怖症

・・・

「病気だからしかたないよね~」と言って、
どんどんとマイナス思考、行動がスタート
して、今の状況から抜け出せません。

私も今まで何千人もの不登校の子に会って
きました。

その中で、アスペルガー症候群と診断された
子もたくさんいました。数百人はいたと思い
ますよ。


でも、実際に私が「この子はアスペルガー
だから、私では教育できないな。」と感じたのは
そのうち10%もいないと思います。


ほとんどの子は、ちょっと人付き合いが苦手な
ぐらいで、普通に社会生活は送れる子ばかり。

「軽度」発達障害と言われますが、軽度の中
にも、いろいろ分かれているので、診断を
もらっても、それほど問題の無い子が多い
のも事実です。

あくまでも、私の勝手な判断なのでお医者さん
の意見を信じるようにして下さい。

この子がアスペルガーで、通常の
生活ができないとは思えません。なぜなら、
この子の分析能力の高さが私には疑問です。


アスペルガーの子は賢い子が多いです。

特に数学が強いです。

それとは別に、人間関係において周りに
合わせる事ができないのがアスペルガーの
特徴です。

「周りに合わせる事が大変」と言っています。

アスペルガーなら、この事にさえ気がつか
ないはずです。

周りの人との距離感がわからず、周りが
嫌がり、馬鹿にされて、からかわれたりする
傾向が強いです。

逆に、この子の場合、合わせ過ぎて疲れて
いますよね。

これは不登校の典型的なタイプと同じです。

実際に、この子を見ていないので、なんとも
言えません。

不登校の子の多くがアスペルガーだと診断
されながらも、学校復帰して卒業していき、
社会生活を送っています。これも事実です。

アスペルガーだから、普通のことはできない
んだと、思う必要はないと思います。

学校側が「普通に生活を送れる子」と言って
いるので、おそらく問題ないと思います。
アスペルガーというより、不登校の原因が
アスペルガーに見えているだけかもしれない。


ここは私とお医者さんと意見が合う人も
たくさんいます。


どういうことかと言うと、人は追い詰められて
精神的にストレス過多になると、病気のような
症状が出てしまうのです。

症状だけ見れば、何かの病気だと診断できる
けども、過程や環境を考慮すると病気ではない。

医学では治せない、教育でしか治せない。

そういう微妙な立ち位置にいるのが不登校
の子たちです。

では、どうすればいいのでしょうか?

不登校の解決には順番があります。そして、
不登校には共通する原因もあります。

これらをしっかりと学ぶ事が最初です。

原因については、私の小冊子でも読んで
みてください。かなり詳しく書いています。
あなたのお子さんの症状と同じ子がたくさん
います。


そして、解決方法はメルマガを読んでください。

そのうえで、これからどうしていくのかを決断
してみてください。

いつも話しているのですが、不登校に関して
専門家と言われている方はたくさんいらっ
しゃいます。

みなさん、それぞれの意見をお持ちです。

誰が良くて、悪いというものはありません。

多くの方に意見を求めるのは構わない
のですが、逆の意見を言われる可能性も
あります。

あなたが信じられると思われる先生の話を
聞いて、それを実践して下さい。


私の方法をやる必要はありません。

最後の最後になってからでいいですよ。

その代わり、その先生の方法を100%やる
ことです。中途半端にやるから失敗する
のだと思っています。

一番大切なのは、理論です。

方法ではありません。

その先生の理論があなたが理解できるか
どうかです。理解できれば、方法も簡単に
実践できるはずです。

行き詰っているなら、今すぐ、私の小冊子
から読んでみて下さい。基礎知識から
学んでみましょう。

アスペルガーと診断されても、多くの子は
普通に生活できます。

アスペルガーの程度に影響されると思って
ください。出来れば、何人かの病院で検査
した方がいいかもしれません。

参考にしてみてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1936-ac30cf6d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ