Entries

心身症の不登校を改善する2つのポイントとは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


『不登校の夏休みの正しい過ごし方』
は、今すぐこちらをお読みください。


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中3男子で朝から下痢による不登校、
修学旅行だけは行けました。

性格は真面目、優しい、気弱で口答えがほとんどありません。

丁度1年前の中2の夏から腹痛と共に下痢が続き、学校と
部活を休みがちになりました。病院に連れて行ったところ
心身症の過敏性腸症候群です、と言われ薬も効果なしです。

高校進学で希望が工業科、ほぼ行きたい高校も決まっている中、
この状況では高校見学に行くことができない、試験日に受験する
ことが出来ないのではないかと不安になってます

息子に少しづつでも自信を回復させようと声掛けをしている
ところですが、なかなか上手くいきません。とにかくトイレに
こもる日々から脱却させたいです。声掛け以外にどうしたら
よいのでしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

心身症の過敏性腸症候群になっている
不登校の子は多いです。


私の学校でも毎年います。

こういう症状を持っている子には共通点
があります。それを知らないと、病気を
改善する事もできません。

心身症を一度発症すると、一生抱えて
いかないといけなくなると言われています。


思春期に起きたことは、思春期のうちに
治しておかないといけません。

なぜ、心身症になったのでしょうか?


心身症とは「ストレス性の症状」という意味
ですね。

過度なストレスが子どもにのしかかっている
と同時に、ストレスに勝てない子どもがいる
わけです。2つの問題があるのです。

この原因を探らないと薬を飲んだだけでは
改善しません。


私の学校にも、今まで数十人以上、同じ、
過敏性腸症候群の子たちがやってきました。
100人は超えているかもしれないですね。

なぜなら、心身症はストレスが消えてしまうと
症状も消えます。

不登校の時は過敏性腸症候群であっても、
私の学校へ入学・転校すると、すぐに消えて
しまう子が大変なので、数はよくわからない
です。

これから私が話すのは、入学後も心身症が
続いた子を改善した話です。

先程も話したように、考えないといけないのは
2つの原因です。

異常なストレス状態の原因と、ストレスに勝て
ない原因です。


「自信回復」と、お母さんは言われています。

それは、ストレスに勝てない原因を改善する
方法ですよね。片方の原因しか見ていない
のがわかりますか?

ストレスに勝てる前提で話しています。

例えば、すごく厳しい部活があって、それで
子どもが心身症になったとします。自信回復
するのって、最後ですよね。

すぐにその部活を辞めるとか、先生に優しく
してもらうとかが先だと思いませんか?

厳しい部活はそのままで、子どもだけを変化
させようとしても、大抵、失敗してしまいます。
もちろん、何か全国大会を目指しているのなら
厳しいのは仕方ないですが、普通違います。

不登校の子も同じです。

この子は真面目で良い子です。心の優しい
子どもですよね。こういう子たちの共通点は
周りに合わせて我慢することです。


自分に合わない環境でも我慢する。我慢
する。我慢する。自分の意見は言わない。

これを毎日、毎時間、毎秒、学校でやって
いるわけです。ストレスが異常にかかって
いるのが分かると思います。

まずは我慢して、自分の意見を言わない。

これが1つ目の原因です。

もう少し深く解説しますね。

自信がないから自分を出さないだけでなく、
自分を出す方法を知らないのです。周りから
存在を消して、目立たないようにすることで
自分を守ろうとしています。


多くの場合、親との関係が影響を与えている
ケースがとても多いです。親は意識しては
いないですが、周りから見るとわかります。

それは、親がやたらと子どもを管理したり、
コントロールしようとする傾向が強いことです。

親から口出しされると、子どもは自分自身には
価値がない、一人前でないと感じてしまうことが
あります。親の善意も、善意でなくなるのです。

まるで、自分が価値がないように感じる。


だから、周りに合わせることだけをやるのです。

でも、思春期になると、誰でも自分らしさが
出てきます。身長や顔つきなどの変化と
同じで、内面の感性も変化します。

それなのに、その自分らしさも抑え込むから
苦しくなって、ビクビクして、腸がおかしくなる。

「えっ?つまり、親の私が原因なの?」


と、言われる前に説明しますね。

あくまでも、子どもがそう感じているだけで、
あなた自身に罪も責任もありません。

元々、不登校の子は繊細な感性を持って
いるだけです。あなたの育て方を違う子に
しても、何も問題はありません。

あまりにも生まれつき繊細な感性を持って
いたから、この子はこうなったわけです。

それで、2つ目の原因の強さ問題があります。

繊細な感性を持っていても、自分らしさに
気がついて、それを育てて、自分の武器に
することができれば、ストレスに勝てます。


自信回復できるようになります。

では、どうすればいいのでしょうか?

まずは、親が子どもの存在価値を強く認めて
あげることです。価値ある存在だと認めて、
信じていることを伝えてあげる事です。

「お前は、すごい子だよ。安心するん
だよ。お母さんは、お前のことを認めて
いるからね。」


こんな声掛けをしてあげることです。

無前提に認めてあげる。

これが子育てで、子どもの自信の土台に
なりますからね。

次は、この子が周りに勝てる武器を作って
あげることです。

何が得意で、何に感性があるのかは私は
知りません。でも、一緒に暮らしている親
のあなたなら、わかるはずです。

それを磨いてあげて、周りより少しだけ
上手にしてあげる事です。

そうすることで、周りに合わせ過ぎ無くなる
習慣ができてきます。

声掛けだけでは、これは乗り越えられない
ですね。しっかりとして、武器を持たせないで
社会に出してはいけませんよ。

子どもと話す時に大切なのは、子どもが何か
周りに恐怖心を持っている事を前提に話を
して下さい。

そして、恐怖は恐がるよりも、認めた方が
緩和されます。


共感の会話法を通じて、親も恐怖を持って
いるんだって、教えてあげると良いですね。
すると、自分が持つ恐怖を共有してくれます。

いろいろと話しましたが、高校進学については
前回話した内容を参考にして下さい。

高校ではなく、その先に光を見せる事です。

それでは、今すぐ、この子に愛のある声掛けを
やってみてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1932-6cd06c1e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ