Entries

自殺願望のある不登校タイプの解決法

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


『不登校の夏休みの正しい過ごし方』
は、今すぐこちらをお読みください。


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学3年生 女の子 正義感が強く、小さい子供には優しい。
気性が激しい。2週間前ぐらいから学校を休むようになり、
今は不登校。

最初 学校を休むことになったきっかけは、長男(高2)と喧嘩をして。
学校でもソフトの先生と気が合わず、喧嘩をしている。

学校をもう1週間以上休んでいるため 学校に行けなくなるのでは?
また、このまま ずっと ひきこもったらどうなるかということが心配。
自殺したい と ずっと言っている。 精神状態が不安定。

精神状態が安定して 学校に行けるようになってほしい。

******************終わり******************************

……

回答:

「死にたい。」

「消えて、いなくなりたい。」

「自殺するんだ。」


と言う不登校の子がいます。

不登校の子の中で、この子と同じように
自分の存在を消そうとするタイプがいます。

ここから自傷行為、リストカットから、
薬の過剰摂取(オーバードーズ)へと発展
していきます。


ひきこもるタイプもこういう子が多いです。

こういうタイプの不登校は理論で、理屈で
どれだけ説明してみても理解しようとしにない
のが特徴です。

なので、親として何をすればいいのか、
わからなくなって当然です。

子どもが「自殺する。」と言っているのは
普通の状態ではありません。


今すぐに助けてあげなければいけません。

なぜ、こんなことを言うのでしょうが?

こう言うタイプの子は性格ではないのですが
孤独でいることを好む性質を持っています。
そのこと自体は問題ではありません。

不登校という状況に追い込まれる事で、
元々持っていた孤独性が強くなったのです。

これが一番の影響です。

自殺したい、と言っているのも衝動的な発言
の場合がほとんどです。

不登校になる前から「自分には価値が
ない。」と思っていのです。それが、
不登校になったことでより強く思うように
なったわけです。

なぜ、もともと孤独性があるのかについては
私の長年の研究ではこういう理由があります。

それは同性の親との関係です。

男の子は父親。女の子は母親です。


この同性の親との関係で悪化していくのが
わかっています。この関係が改善しない
限りは変わらないです。

なので、この子の場合はお母さんですね。

お母さんとの関係が良くなる必要があります。
ここで注意して欲しい事があります。

不登校になった事とお母さんは関係はない
です。不登校になった後の精神状態は、
お母さんとの関係に影響を受けています。

だから、2つ違う事が起きています。

まずは、この子どもの孤独へ逃げ込む
心理状態の改善が最初ですよね。これで
ひきこもりになったら、大変です。

母娘関係の改善ですね。

大切なのは、お母さんが改善していると
思うことではなくて、娘さんが改善してると
感じることなんですね。

では、どうすればいいのでしょうか?


「共感の会話テンプレート」に沿って会話を
してください。

単に共感するだけではありません。

普通は、「そうだよね。」って言っていれば
共感しているように思いますよね。それは
違います。

その共感は、一方的な共感ですよね。

この会話テンプレートを使うと、子どもの
方があなたに共感してくれるようになるん
ですね。


それが共感の会話法になります。

すでにメルマガでお話しているように、
共感の会話法を使って、喧嘩ばかりを
していた親子が仲良くなったり、ひきこもり
だった子が部屋から出てきたりしています。

だから、今すぐ使ってほしいと思います。

この子の場合、クラブ活動で問題があります。

子どもと顧問に任せるだけでなく、実際に、
何があったのかを知る必要があります。

クラブでの人間関係も大丈夫でしょうか?

「待っていれば、そのうち行くだろう。」

と、思っていて1週間が経過しています。
これが1ヵ月になり、1年になるのです。

担任、顧問だけでなく、教頭先生などとも
話すと良いと思います。多くの親御さんは、
学校の先生と話をしていません。

もっと話をするべきです。

本来、先生と喧嘩ができるぐらい強い子です。
不登校になるには、かなりのストレスがある
問題が存在しているはずです。

単に先生が嫌なだけなのかどうか調べる
ようにもして下さいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1922-67f75929

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ