Entries

風呂も入らず、歯も磨かない暴力不登校の対応方法

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


『不登校の夏休みの正しい過ごし方』
は、今すぐこちらをお読みください。


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学一年の男児です。

6月中旬より学校に行かなくなりました。今は、険しい表情で
長時間ゲームをしたり、深夜まで動画を見たりと生活リズムは
グチャグチャです。

声をかけても、暴言暴力か無視です。

暴言暴力は、学校や友達、生活面など、触れられて欲しくない
話題の時です。担任の先生とも会おうとしません。家から出たく
ないようで、近くのコンビニへも行かなくなりました。お風呂には、
2~3日入らないこともあり、歯みがきは、最近見たことがないです。

共感の言動を心がけようと思ってますが、近寄るなオーラの
息子にビクビクしています。

安定期は来るのか?行動を起こせるようになるのか?と
不安になります。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の子育てで、親御さんが間違って
しまうことが1つあります。

それは、子どものワガママを許す事です。

家庭内暴力や親への暴言などを家の中で
子どもに許してしまうと、家族関係が崩壊
してしまいます。

家の中で暴れ、ひきこもり、親を奴隷として
扱う子どももいます。


学校へ戻る事などできなくなります。ずっと
家で暴れ続け、心の病を発症する子だって
います。

もちろん、ここで注意が必要です。

どんなことでも、前提があります。

親の無理解で苦しいから、暴れている子も
たくさんいます。ここで逆に親が叱り過ぎて、
潰れてしまう子どももいます。

まず、何がストレスなのでしょうか?

不登校の子どもの気持ちを話すので、これを
理解するようにして下さい。

不登校の子は、自分が学校へ行けない理由
がわかりません。なぜだか、学校へ行くのが
辛いのです。

だから、親から学校へ行かない理由を聞かれ
たとしても、答えられません。


自分でも原因がわからないから、どうしようも
ありません。迷い苦しんでいます。

それなのに、親は厳しく言ってきます。

朝起きれば、学校へ行くだろうぐらいにしか
考えていない。自分の気持ちをわかっては
くれない。わかろうともしない。

そこにイライラが溜まってしまうのです。

親にも否定されてしまうと、子どもは自分に
価値を見い出せなくなります。これが精神
安定上よくないのです。

自分の存在価値がないと考えると、風呂に
入らなくなったり、歯を磨きません。


自分を大事にする理由がないからです。

しかし、一方で、自分の存在価値を見つける
ためには、自分より下の人間を作ることが
手っ取り早いです。


自分より下の人間が居れば、自分はその人
よりも価値がある事になりますよね。

そこで、暴力を使って、親や兄弟姉妹よりも
上に立とうとするのです。

ここで親が負けると、親子関係が逆転します。

それで、家の中が崩壊してしまうのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

実は、子育てで子どもが乱れてしまうのは、
親が弱い存在になることが原因の1つです。

例えば、思春期の男の子はお母さんよりも
強くなっていきます。オスの本能が出て来て、
お母さんを負かそうとするのです。

しかし、昔は父親が強かったので、息子を
抑え込んでいました。


強い親の存在で、親子関係が安定していた
のです。親の方が子どもにビクビクしていたら
子育てなんかできません。

決して厳しくしなければいけないと、言って
いるわけではありません。

強ければいいんです。

子どもに舐められてしまうと、暴力がスタート
してしまいます。子どもの自由にさせる事が
子育てではありません。ワガママになるだけ
です。

共感の会話は大切です。

しかし、それは強い親がやるから意味が
あるんですよね。

弱い親にどれだけ共感されても、何にも
嬉しくありません。

強い親にする方法は簡単です。

互いの親が子どもの前で、相手が居ない時に
褒め讃える事です。これだけでいいです。

「お父さんのお陰で、お前は御飯が食べ
られるんだよ。いいかい。」

「お母さんがいないと、お前は生まれて
いないんだぞ。感謝しなさいよ。」


って、言ってあげればいいですよ。

弱いお父さんがいますが、それはお母さん
が子ども達に強いように見せてあげれば
いいんです。

まずは、正しい親子関係を築く事から
スタートしてみて下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1920-7ff9d6b2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ