Entries

円形脱毛症で髪が抜ける不登校のストレス解消法とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


『不登校の夏休みの正しい過ごし方』
は、今すぐこちらをお読みください。


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学一年生の二学期から不登校。

10月から他県のフリースクールに通い、二年生から
市内の離島の中学校に転校しました。性格は繊細です。
不登校になってから抜毛もとまりません。

転校して毎日学校にはかよっていますが、学校から帰ると
ゲームばかり。全く勉強はしようとしません。

ゲームばかりしている我が子を見るとこちらの気持ちが悪くなります。
今後どのような働きかけをしたら良いのでしょうか。中学二年生の
反抗期かとは思いながらも親の心の持ちようを教えてください。

******************終わり******************************

……

回答:

円形脱毛症や髪の毛をむしり取る不登校の
子がいます。

円形脱毛症は大人でも多くいますよね。

精神が不安定に発展していくと、髪の毛を
自らむしり取るようになります。常にイライラ
した状態です。

過度なストレスがかかっていることが原因。

中学生で髪が抜けるほどのストレス状態に
なっているのは、とてもかわいそうです。

お母さんもそれがわかっているから、離島へ
転校させて心を落ち着かせようとしたのだと
思います。

しかし、学校へは行くけど、精神状態は変化
していません。

ゲームばかりで、進展がみられないんです。

不安になって当然です。

問題を解決するには、問題の原因を見つけて、
そして、解決策を考えて、実行することしか
ありません。


例えば、風邪をひいたとします。

原因は手洗い、うがいをしていないからなの
でしょうか?寒い格好をしていたから?

これらはきっかけにすぎません。

本当は、免疫力が下がっているからです。
免疫が風邪に負けたんですよね。さらには、
免疫力が下がったのは、ストレスなのかも
しれません。

風邪ぐらいの話ですが、原因を追及していく
と、違う世界が見えてきます。

ストレスが原因だとしたら、ストレスに勝つ
為の対策をしなければいけません。

不登校も同じです。

原因を探らなければ、解決する事はできない
わけです。3堀り、4掘りぐらいして深く穴を
掘らないと本当の原因を見つけられません。

頭を使わないと解決できませんよ。

このままの状態が続けば、中学卒業まで
ダラダラ生活になります。そして、高校進学
は諦めてしまうかもしれません。


他の不登校の子に比べて、私の経験では、
円形脱毛のある子は時間がかかります。

やはり、精神状態が不安定だからです。

逆に言えば、他の子よりも繊細な神経を
持っているのは確かです。

しっかり不登校を克服させてあげれば、輝き
始めます。今までにない、より素晴らしい
子どもに成長してくれますよ。

なぜ、髪が抜けるのか?

私は精神科医ではないので、今まで髪が
抜けた生徒たちへの経験から話します。
ですので、100%当てはまらないです。


多くの子たちは、親との関係で苦しんでいま
した。決して親が悪いのではないです。

互いの意志が通じないために、イライラして
いるのです。

親のプレッシャーを無意識に強く感じて、
ストレスが過大しているのです。親がいると
イライラ度が増加します。


無理に子どもを動かしたりする意志が見える
だけで、抵抗を続けます。

もちろん、学校に合わないこともストレスに
なっています。親と学校の2つのストレスで
こうなっているのだと考えるといいです。

ゲームに逃げるしか自分のストレスを
落ち着かせる事ができない。


ゲームを取り上げたら、髪をかきむしり続ける
事になると思います。

では、どうしたらいいのでしょうか?

まず、あまりにも髪が抜けるようだったら、
精神科のお医者さんと相談して下さい。

それほど酷くないとしたら、まずは、共感の
会話法を実践してみてください。そして、
子どものやっているゲームを一緒に親が
やってみてください。


まずは、こうやって親に対するプレッシャー
そのものを無くしていく事が最初の一歩です。

おそらく、これだけでも子どもは変わります。

注意が必要なのは、親が子どもの下に入る
ことです。荒れ始めるきっかけの多くは、親が
親らしさを失い、子どもの下手に回って、優しく
なりすぎることです。

共感の会話法はテンプレートがあるので、
メルマガで学んで下さい。


次にやることは、希望の光をみせることです。

これがないと不登校の子は動きません。

離島に転校したことで、良い面もあるけど、
次への希望は少ないです。不登校でも、
立ち直る事ができるんだって、見せる事が
大切です。

言葉だけでなく、しっかり事実を知らせて
あげることも大切です。


例えば、この子と同じような子で、関東の
有名な私立大学へ現役合格して、今は
家庭を持っている子が私の学校を卒業
しています。

不登校で、円形脱毛症で大変でした。

そうやって克服して、幸せな人生を歩いて
いる人がいます。そういう事例を教えて
あげるだけでも違いますよ。

やってみて下さい。

それでは、息子さんの精神を安定させる為に
今すぐ共感の作業をやって下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1919-a7635cba

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ