Entries

「愛情不足」で依存状態の不登校への正しい声掛け法

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高校2年生の女子。

起立性低血圧で朝起きられないことと通学途中の
電車で具合悪くなったことが学校へ行けなくなった
きっかけですが、本人は、お母さんがお姉ちゃん
ばっかり構って私をほったらかしにしたからこうなった。

もっと私のことを中心に考えて欲しいといいます。

お母さんが変わらなければ私は学校にはいけない。

と日々、幼児に戻ったかのように私に世話をさせます。
完全に私に依存しています。

私は毎日赤ちゃんの世話をしているかのような感覚に
とらわれて、しんどいです。

この子への対応はどうしたらいいのでしょう。このまま
愛情を与え続けることがこの子のためになるのでしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

幼児退行、幼児返りになる不登校の子が
一定数います。

お母さんが言われるように依存状態です。

精神病とは違います。その一歩手前の状態
だとお医者さんは言います。私は何十人、
いや、百人以上はそんな子を見てきました。


高校生の男の子が、お母さんと手を繋いで
歩いている姿も、何人も見ています。

信じられないですが、依存状態です。

これを「愛情不足」だと言う人もいますが、
そうではありません。


私がずっと研究していて、このタイプの子には
特徴がある事が分かっています。それについて
話したいと思います。

でも、信じられないかもしれませんので、
無理に信じる必要もありません。

そもそも高校の不登校生だから、時間が
全くありません。すぐに留年が決まって
しまいます。時間がないなら、転校を視野に
いれながら対応して下さい。

大人の私達は、常にリスクを想定しながら、
現実的に行動しないといけないです。

それだけは頭に入れておいてください。

なぜ依存状態になるのか?


多くの人は「愛情が足りない」と勘違いして
しまいます。

この娘さんも「お姉ちゃんばかり・・・」と言って、
自分に愛情が足りないと感じている発言を
していますよね。

でも、これも違います。

愛情は十分です。


このタイプの子は、実は、異性の親、つまり、
この子なら父親との関係が影響しています。
父親との関係によって、生じている問題です。


何か子育ての家庭の中で、娘さんはお父さん
に見離されたように感じたのです。

お父さんはそんな感覚はないけど、何気ない
一言とかで娘さんが傷ついた。その傷が思った
よりも深かったんですよね。

それで、愛情が足りないと感じているのです。

だから、幼児退行して、もっと愛してもらうように
自分を変化させています。

わかったようで、分からない話ですよね。
でも、私が調べ続けてわかったことなんです。
だから、愛情をどれだけ与えても、解決は
しないんです。

例えば、鼻が折れて鼻血が出続けている
ところに、ティッシュを詰め続けても、足りなく
なりますよね。早く骨折を治すべきですね。

この子の傷を癒してあげないと改善しないです。

不登校になった事で、隠していた心の傷が
ジンジン痛くなってきたんです。不登校の
原因とは、また別なんですね。


これは信じられる人だけ信じて下さい。

でも、私はこれで問題を解決していますよ。
信じた方が良いこともあると思います。

では、どうやって治せばいいのでしょうか?


それは「そのままでいいんだよ。」って、
言ってあげる事なんです。

そのままの娘さんを愛している、認めている
ことを両親が伝えてあげるといいですよね。
この子はお父さんが特に言ってあげる。

「お前は、そのままで素晴らしい子だよ。
安心するんだよ。そのままのお前を、
認めているからね。信じているよ。」


って、声掛けしてあげて下さい。

この言葉を彼女は待っています。

俺は、お前を見離さないよ、って伝えて
あげることです。

でも、これをやっても不登校が解決するわけ
ではありません。それとは別の話です。

不登校には不登校の原因があります。

それは私の小冊子やメルマガを読んでみて
くださいね。

それでは、今すぐ、子どもの存在を認めて、
そのままでいいんだと伝えてあげて下さい。
安心感が必要なんですね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1902-9cf53ac0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ