Entries

進路に希望が持てない不登校の中学生を動かす方法

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中3、女、プライドが高く、あきらめが早い、自分で
考え動きたい性格

陸上部を2年秋にやめた。先生への恐怖により退部届を出さず、
逃げているうちに悩みがおおきくなった。また、以前より先生の
成績のつけ方への不信感があり、受験への不安も重なり、
3年の春から学校にいけなくなる。

6月に入り、修学旅行だけ参加。帰ってきたら、もう学校に
行くことはないという。

以前は高校にいったらと話していたが、最近はまったく
進路の話もしない。勉強も全くやっていない状態。
前向きに将来を考えてるためにはどうしたらようのでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の中学3年生が高校進学しないと、
もう立ち上がることができないです。全く
動かなくなるからです。

フリーターになってアルバイトをしても、
そこからどうしようもありません。

とても厳しい人生を歩くことになります。

なんとかして高校進学させてあげないと、
お母さん自身の人生も大変な事になります。
社会は誰も面倒をみてくれません。


部活でトラブルになる不登校の子も意外に
多いです。


学校に限らず、社会ではやり始めたことは
最後までやり通すことを求めています。
だから、クラブも続けて当たり前になって、
トラブルが起きてしまいます。

部活を辞めるというのを顧問の許可をもらう
必要があるからです。

これは仕方のない事です。

学校は社会に出るための準備、練習場所。
会社に入って辞める時に、メールで済ませる
ことはできません。

自分のお尻は自分で拭かなければいけない。
だから、これは通過儀礼みたいなものです。

未だに、厳しくすれば、それが教育だと思って
いる先生もいます。古い教育スタイルですが、
まだまだ残っています。

普通に考えて、中学2年で部活を辞めると、
学校で完全に孤立してしまいます。


先輩からも後輩からも、友達からも白い目で
見られてしまいます。それは、不登校の子は
よくわかっています。繊細な感性を持って
いるからです。


必ず、何か言われます。

おそらく、同級生や先輩から何か言われて
いるはずです。

でも、それが問題ではないんですよね。

実は、先生が恐くても良いんです。なぜなら、
先生を敵にして、生徒同士が結束するから
なんですね。

この意味はわかりますか?

恐い先生がいると、逆に生徒の結束力が
高まったり、仲良くなったりします。それは
どの組織でも起きていることです。


陰で先生の文句や悪口を言い合っているはず
なんですよね。想像できますよね。

しかし、この子は孤立しました。

つまり、先生が恐いのを仲間と共有する事が
できなかったんです。その事の方が問題だと
思いませんか?

恐い先生なんてどこにでもいます。

それを友達と共有し合うということができなく
なっているんですよね。

ここが本当の不登校の原因です。

クラブの先生ではなくて、それを共有できない
仲間がいない事が一番の問題です。


もう少し、本質の話をしますね。

周りの子と問題を共有できないのは、大人しい
とか、恥ずかしがり屋ということではないです。
ここをわかってください。

周りの子と合わないんです。何が合わない
のか?感性が合わないんです。

「感性?それってどういうことですか?」

と、思われたかもしれないので、話しますね。

例えば、私たちもクラスで30人いたとして、
全員の子と仲良くなるわけではないです。
とても合う子から、合わない子までいます。

合わない子とは、1年に1回もしゃべらない
かもしれませんよね。

それって、何がそうさせているんでしょうか?

感性の違いですよね。何か合う、何か合わ
ない。感性が違うからです。同じ趣味の子とは
仲間になるのも、感性の違いですよね。

他の子と感性がすごく違うんです。

思春期になって、その事が明確になった。
周りの子と感性が合わなくなって、一緒に
居づらくなった。

そのせいで先生が恐いことも一人で抱えて
しまっていたんです。

これは誰も悪くないです。

親も先生も周りの子も、本人もです。ただ、
成長過程で感性が他の子より強くなって
しまっただけです。

これが不登校の原因です。

これからどうやって動かしていくのか?

不登校になってから、親との喧嘩もあった
でしょうし、本人自身の葛藤もありました。

それをすべて吹っ飛ばしてくれるのが、
高校進学だと思っています。これを明るい
希望の光にしてあげるしかありません。

ステップ1:不登校の原因を親子で共有

最初にするのは、不登校の原因をしっかりと
親子で話し合って理解する事です。

私の不登校小冊子でもいいので、それを
目の前に置いて親子で話し合って下さい。

ステップ2:高校の目的
その次は、何のために高校へ行くのかを
話し合ってください。

それは、自分の成長です。自分の感性を
見つけて、よりよい人生を送るためです。

勉強のことも大切です。それは半分だけ。

ここでどれだけ、共感してあげながら話を
してあげられるかだと思います。

ステップ3:高校見学へ行く

そして、実際に高校を見に行くことですね。
本人が見たい学校、親の見たい学校、
すべり止めの学校の3校ぐらいです。

・・・

こうやってしっかりステップを踏みながら
進む事が大切です。

何もせずに、子どもから動くのを待っていて
学校へ行くことなんてありません。親から
動かないといけないです。

まだ時間はあります。夏休みに向かって、
動いてみて下さいね。

やっぱり、将来の事を考えてください。

不登校の子は自虐的に行動してしまう事が
あります。今さえよければいい。それでは、
生きていくのが難しくなります。

大人の親が一緒に、今さえよければいいと
考えたら、もうダメになります。

しっかりと考えて行動しましょうね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1894-2e4efa8a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ