Entries

緊急!高校転校しないと留年する不登校

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

子供は高校2年女子です。

まさに「学校に行きたい」でも行けません。胃を悪くし、
何とか少しは食事は出来ています。性格は小さい頃から
人見知り。仲良しの友達には自己主張出来ます。

担任の先生はわが子は優しいから、友達が周りに
寄ってきます。なぜ学校に来れないのか分らないと
おしゃってました。

通信制のサポート高校が近くにあり通学タイプですので、
子供に見学はどうか促そうと思ってます。

子供は転校するより在学している高校に戻りたいと
言っていたそうです。元の高校に戻りたい気持ちが大きい中
子供にどう伝えていくのがいいのでしょうか。9月に登校
出来なかった場合中旬には留年となります。

******************終わり******************************

……

回答:

高校転校についての相談をいただきました。

私の学校にも残念だけど、不登校になって
途中で転校せざる得なくなって、やって来る
子ども達が大勢います。

仕方のないことだと思っています。

留年になるぐらいなら、転校する方が賢明
だと思います。


しかし、問題があります。それは、転校しても
不登校になるということです。

私の学校には毎日、転校の相談があるの
ですが、通信制へ転校して不登校になって
いる子の相談もかなり多いです。

全日制の高校には通信制からは転校は
できません。学校教育法で決まっています。


だから、どうすることもできません。

留年を避けて転校するのはいいのですが、
不登校の問題を解決していないのです。
だから、転校しても不登校のままです。


その意識がこのお母さんにはないですね。

これが厄介なんです。

私は不登校の専門家ですから、知っている
のですが、不登校は一緒の問題です。何を
話しているのか分からないですよね。

説明します。

不登校は思春期に起きる問題です。思春期
の感性変化が原因です。この変化が周りと
合わなくなった理由なんですね。

この感性変化が正常に成長できないままだと
ねじれ曲がった状態で大人になります。


思春期の葛藤をうまく自分の外へ出せないで
苦しみ続けている大人がたくさんいますよね。
不登校の子も同じです。

大人で引きこもりになる人の半数は、中高で
不登校を経験していると言われています。

だから、不登校は思春期の間に解決しないと、
ずっと一生続いてしまうのです。それが最も
恐ろしい事です。

高校転校すれば、問題がすべてクリアー!
ではないんです。


不登校はそんなに甘くはないです。


今、大人で会社が合わずに、精神が病んで
しまう人がたくさんいます。学校の先生にも
多いです。どの会社でもいるはずです。

遅れた不登校と私は言っています。

学校よりも会社の方が厳しいです。学校は
お金を払って行く所です。会社は働かない
と、お金をもらえない所です。

厳しさは全く違います。

だから、学校では不登校にならず我慢で
通っていた人が、会社で不登校になった。

今は転校しても、10年後にどうなるか。

昔と違って、今はフリーターという道があります。
道なのか、仕方なくなのかは分からないですが
そういう生き方をしている子もたくさんいます。

私はなるべくなら就職して、働けるようにして
あげたいので、不登校の子でも大学進学できる
体制を作り上げました。

お陰で私の学校の不登校の子は10人中9人が
大学進学してくれています。

高校転校も将来を考えながらやれるといいと
思っています。もしかしたら、娘さんはそういう
考え方なのかもしれません。

今の学校の方が将来は有利だと思っている。
だから転校したくないのかもしれないです。

そういう部分についてもしっかり話し合って
おく必要があります。親は現実的なので、
そこが話が合わなくなる原因です。

それと子どもは転校すると親に迷惑がかかる
と思っています。それで遠慮しています。


こういう気持ちを共感してあげながら、話を
進めて下さい。

ちなみに、転校の話をしていますが、私の
学校は多くの子ども達がやって来てくれて
いるので、転校するなら私の学校以外を
お勧めしておきます。大変なんですよね。

それと、ずっと話しているように不登校には
原因があります。

それを解決しない限り、高校転校しても
同じように、再び不登校になってしまいます。
私の小冊子でもいいので読んで、対策をして
みてくださいね。


高校の不登校は時間がありません。

転校を視野に行動している、このお母さんは
素晴らしい行動力だと思います。このまま
今の行動力を持ちながら、娘さんと話し合って
くださいね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1893-67d13c1a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ