Entries

不登校は病気?軽度発達障害?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

初めてメールさせていただきます。
息子中1です。

夏休み明けから休みがちになり、朝起きられない原因は起立性調節障害と
聞いて、ある先生の診察を受けました、血液検査は異常なく血圧などを
みて同じ診断をもらいました。

特に血圧をあげる薬などものまず、給食から出席したりしながら、何とか
6時間目だけいったりとかしていました。

中学になり新規一転張り切って初めのうちはいっていました。
部活もバレー部に入りました。今日で学校休むのは4月からで
11日目。

まだ担任の先生にしか相談していません。学校のスクール
カウンセラーに相談しようかどうしようかと思っているところです。
不登校のこどもはかなりの割合で軽い発達障害があるとなんかで
読んだのですがそれもとても気になっています。

なにかもんもんと毎日をおくっています。私はどういう心持でのぞめば
よいのでしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校は病気なのか?障害なのか?

この問題はすごく重要だと思っています。

起立性調節障害というのは、朝起きないことを
いいます。低血圧が原因だとも言われます。
朝起きるのが苦手な人っていますよね。

低血圧だと起きれないです。

私も学生時代は朝起きるのが苦手でした。
スカッと起きられるのは年に何回かです。

血圧も上が100とかだったと記憶しています。

それでも不登校にはなりませんでした。だから、
それだけが原因ではありません。しかも、今は
毎朝5時前ぐらいに起きています。30年前から
それぐらいの時間に起きています。

私には低血圧はあまり関係ないようです。

学校が嫌だから朝起きれない子が多いと
思います。ストレスが影響しています。

結局、この子も薬を飲まないで学校へ通えて
いたので、やっぱり関係は少ないですね。

次は、軽度発達障害についてです。

「軽度」という部分が非常にあいまいな点です。

私はお医者さんではないので、詳しい事は
お医者さんに聞いて下さい。私の知っている
範囲で話します。

結局、「軽度」というのはグレーゾーンのこと
ですよね。


例えば、風邪について考えて下さい。

平熱が36.5度の人がいます。この人が、
36.9度になったら風邪なのでしょうか?
37度はどうでしょうか?

36.95度はどうですか?

あいまいですよね、しっかりとラインをひく
ことはできません。それを「軽度」という
言葉にしているのです。

水が沸騰するのは100度きっかりです。

沸騰を100度と決めたからです。

でも、その人が健常かそうでないかの境目は
わかりません。私も調べた事はないですが、
軽度なのかもしれません。

これはわからないんです。

文部科学省が2012年に小中学生の障害に
ついて調査をしました。すると6.5%が何らかの
障害を持っていると発表しています。

不登校が中学生で、3.3%ですから、かなり
多いです。


確かに、私も不登校の子を見てきた中で、
この子は明らかに「何かの障害や病気」を
持っていると確信できる子はいました。

でも、私の感覚では不登校の100人に1人
ぐらいだと思います。軽度ではない子です。

軽度発達障害の子は、私でもわかりません。

どういうことかと言えば、私の学校にも軽度と
診断された子がやってきます。でも、何も
他の子たちと変わらないのです。


卒業して大学へ行った子がたくさんいます。

もちろん、軽度と診断された子の中で、私では
育てられないと、受け入れなかった子もたくさん
います。

だから、何が軽度発達障害なのかが私も
判定できません。

つまり、お医者さんの判定にズレがあるんです。
できれば、複数のお医者さんにかかることを
お勧めします。

もし、自分のお子さんが軽度発達障害だと
心配なら、お医者さんに相談して下さい。
不安なまま過ごすと、不安が大きくなるだけ
だからです。

起立性調節障害や軽度発達障害よりも、
不登校の原因として一番多いのが、私が
話す「思春期の感性変化」です。


もっと、この部分を勉強して下さい。

不安と焦りに負けると、冷静な判断ができ
なくなります。

もう一度、しっかり私の小冊子やメルマガを
読んでください。あなたの子どもはおそらく
才能豊かで、繊細な感性を持っています。

それが周りと合わずに不登校になっている。

だから、その感性に合う活動を作ってあげる
ことで解決できますよ。

それでは、今すぐ不登校小冊子を読み直して
くださいね。

もう一度、元気な息子さんの笑顔を取り戻して
あげましょう。あなただったら、必ずできます。
大丈夫ですよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1892-6909e8ca

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
4位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ