Entries

中高一貫校の不登校の対応法とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学3年生、男の子の母です。

息子は頑固で拘りが強く、完璧主義なところがあります。
人の目を非常に気にしています。

私立中高一貫の進学校です。不登校になり、約1年になります。
過敏性腸症候群と診断されました。

もう中学3年生ですし、外部入試やフリースクール、通信制の学校、
働くなどの選択肢がある事も伝えて、「自分の人生だから自分で
決めていいよ。よく考えて。」と話しました。本人も自分で調べて、
これから先の事を考えた結果、今の学校の高校に進学したいと
言っています。

授業のスピードが早く、学校の先生はこれから時間がかかるようだと
厳しいとおっしゃいます。ハッパをかける様にその事を話すと、
「そんなの分かってるよ」と言い、腹痛や頭痛を起こします。

本人なりに努力をしていると言いますが、信じて待っていれば良いのでしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

私立の中高一貫校に通っている不登校の
相談です。

多くの私立中の不登校の子どもたちは、
中学卒業までは学校に在籍できます。
だから、高校進学するのですが、その後、
不登校が続いて、留年して、退学します。


高校になっても、変化はありません。

どうしても不登校が続いてしまいます。

もっと厳しい学校だと高校進学前に進路の
変更を言われます。結局、不登校の根本
問題を解決しないと先延ばししているだけ
になります。

それが高校進学の時になるのか、進学後、
留年を迫られて決めるかになるのです。

この学校の先生も授業に追いつけないので
進路変更を暗に求めています。実際、全く
授業には追いつけないはずです。


このままだと他の私立中学の不登校の子と
同じ道を歩むことになります。

一度、高い学習環境を経験した子にとって、
その後の状況は慣れません。

私立出身の子はこれが難しいのです。

では、何が解決できない理由なのか?

「本人なりに努力をしていると言いますが、
信じて待っていれば良いのでしょうか。」

と、お母さんは言っています。

実は、この発言が不登校を理解していない
証拠です。

車が故障したけど、待っていれば、動く
でしょうか?と言っているのと同じぐらい
おかしな話なんです。


不登校とは、子どもの心の問題ではないの
です。不登校の基本を学ぶ必要があります。

不登校は学校環境と子どもの感性とが
合っていないことが原因です。詳しくは私の
小冊子やメルマガで学んでください。

だから、鍵と同じで、学校と子どもの感性が
ガッチっと合わないと学校へは行きません。

感性とは心ではないです。

近いですが、違います。

ここを理解してほしいのです。

例えば、小説を読む人とスマホでゲームを
する人とでは、感性が違います。心では
ありませんよね。


野球をやる人と、絵を描く人では感性が違う。

心のやる気とかは関係ないですよね。

不登校の子も同じです。心ではないんです。
私も最初は心だと思っていました。でも、
どれだけ心を強くしてもダメなんです。

それで、感性が原因ではないかと考えて
調べていると、やはり、これが原因でした。

感性が学校と合わないんです。

つまり、絵を描く感性を持つ人が、野球部に
入れられている感覚に近いです。心ではなく
感性が合わないのです。


だから、心は普通でも、合わないから体が
拒否している状態です。

あなただって、「このお店、何か合わない。」
って感じることがあるはずです。それって、
心ではないですよね。感性の違いです。

だから、絵を描く感性を持っているなら、早く
美術部を作って、絵を描かせてあげればいい。

これが不登校の解決なんですよね。

野球部を変えずに、絵を描くのが好きな心を
変えようとする発想が不登校が解決しない
理由です。

では、どうすればいいのでしょうか?

不登校の原因がわかったら、次は行動を
しなければいけません。

何をするのか?

まずは、この子の感性が何かを知ること
ですよね。感性が何かわからないと、どんな
環境を用意すればいいのかわかりません。


絵を描くのか、小説なのか・・・

何かを探らなければいけません。

それさえ見つけられれば、学校でその環境を
作ればいいですよね。

今まで待ち続けていたのは、無駄以上に、
状況を深刻化せていただけです。

この子の15年間の人生の中で、他の子に
ない感性は出てきているはずです。それを
特定して、学校でやるだけです。

時間は残されていません。

今すぐ、子どもの感性を見つけてください。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1888-e02450f2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ