Entries

本が好きな不登校の女の子が学校へ戻れた理由とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

今、中3の女の子です。
明るく真面目で、どの子にも平等に接します。

2年生の時から、徐々に行きたくない、と休みがちになり、
12月には、ほとんど行かなくなりました。3年生になって、
1週間ほど行って、また、行かなくなりました。
土日の部活には休まず行きます。

朝は、8時に起きてきます。
行きたいのだけれども、行けないと言っていました。

原因を探す…
どうすればいいのだろうか…

今、子供が本が好きなので、子供のオススメな本を借りて
読んでいます。自分流の本の並べ方や、本の内容など、
たくさん話してくれるようになりました。

この前、学校に行くまでがしんどい、
行けばたいしたことはないと思うんだけど、行くまでが、決心がつかない、
途中から行くと、どう思われるか…と、あれこれ思われる…と、
言っていました。

以前は周りの目を気にしない、平気な子だったので、少し驚きました。
でも、これは原因ではないのでしょうか…?

******************終わり******************************

……

回答:

この子と同じタイプの子が私の学校にも
たくさんいます。

本好きの不登校の子も多いですよね。


今の時代、本を読む子はとても少ないです。

原因を知らないと不登校は解決できない
だろうと思っています。このお母さんも、
しっかり原因を探してくれています。

原因を探さずに、闇雲に学校へ戻そうと
していると戻ってくれる場合があります。

でも、原因を解決していないので、再び
不登校になるんですよね。そうすると、
子どもは二度の失敗を経験して、さらに
諦め感が強くなってしまいます。


動かしにくくなって、ひきこもりにつながる。

だから、原因を理解する事が一番大事です。

これは不登校の子ども自身も理解しておく
必要があります。

不登校の原因は何か?

すごく簡単に言えば、「感性が豊か」なこと。

これに尽きます。不登校の子に何千人と
会ってきましたが、それぞれ違う独特な
感性を持っています。

例えば、この子もそうです。

最初に話しましたが、本が好きなんです。
今はほとんどの子が本を読みません。

本を読んでいるだけで珍しいです。

お母さんの学生時代なら、何人かは居たと
思います。でも、今はほとんどいないです。
だから、本を読んでいるだけで感性が豊か
だってことなんです。

原因は、それですよね。

知っていたけど、気が付いていないんです。

本を読むだけで独特な感性を持っている
時代になってしまっています。昔は、娯楽が
なかったから、本で楽しんでいました。


でも、今は違いますよね。

何でもあります。それなのに本を読むのは、
そこに感性があるからです。わかりますか?
それだけで独特です。周りと合わないはず。

昔は、中学校とか高校だと、特に女の子が
何人かは休み時間に小説を読んでいました。

それで本を交換しあって、話題があった。

でも、この子は学校にそんないても場所も
ないんですよね。自分の感性である本を
読んだり、話したりできない。

だから、それを横に置いて、周りの友達と
話をする。そこにストレスが起きています。

では、どうすればいいのでしょうか?

そういう友達を見つけられたらいいですが、
今いないのだから、見つけられません。

そこで、学校の中で本の感性を活かす方法を
考えてほしいんですね。私の学校でも色々と
やっています。


基本的には、本を読んだら作文を書かせる。
本をみんなに紹介する。

これを日常的にやって、何か行事とかでは、
さらに発展させたりしています。そうやって、
本の感性を普通に受け入れる雰囲気を
作っています。

この子も最初は国語の先生と本について、
トークをする所から始めればいいと思います。


数年前に、朝読書会みたいなのが東京の
カフェで流行りましたよね。

あの感覚で良いと思います。

家でお母さんがやっていることを学校の
放課後に先生にやってもらう。そこから、
少しずつ活動を広げていく事です。

自分を抑えているから不登校になるんです。

自分を吐き出す、表現する場所を与えて
あげない限り、学校へ戻ることも定着する
こともないです。


家で待っていて、子どもから動く事なんて
絶対にないです。

しっかり、学校の先生と相談してください。

とっても素晴らしい感性を持っている子ども
なんだから、それを伸ばしてあげるのが、
私たち大人の仕事ですよね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1880-73d23643

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ