Entries

自信がなく友達を怖がる不登校の子を救ってあげた母の言葉とは?

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高校二年の男子の母親です。

高校一年の四月に勉強の内容があわないので
他の科目をやりたいと土下座で親に頼み込んできました。

しかし実際は、元々人に気を使う性格からか、新しい人に
声をかけても無視されるような気がする、なじめない 
というもう一つの理由が大きかったと思います。

フリースクールに行くことを自分で決めました。
とても楽しく、充実している様子で、親も安心して
おりました。

しかし二年になり人数も増え、声をかけられない、
仲間に素直に入れないことから学校へ行けなく
なってしまいました。

「友達に声をかける」「友達から頼りにされたい」
傷つきたくない、でもこのままではいけない。寂しい。
何かしなくては。そんな葛藤なのではないかと思います。

親はどのようにサポートしたらいいのでしょうか。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校になる子たちは、真面目で良い子
ばかりです。

その分、自分を抑え込んで我慢して、
周りに合わせようとします。この子だって
そうですよね。

これが酷くなると対人恐怖症のような状態へ
発展していきます。

中には、周りから馬鹿にされる事で一気に
不登校へ進む子もいます。どうであれ、同じ
原因を抱えています。

思春期だから、このようになっているのですが、
ここで改善しないと、大人になっても同じです。


大人で孤独に一人で生きている人がいます。

人間関係を上手に構築できないんですね。
求めているけど、恐怖が勝ってしまいます。
高校までに良い友達を作り、人間関係の
作り方を学ばせて社会へ出させたいです。

もっと大切なのは、仕事での人間関係です。

友達がいない人は世の中にたくさんいます。
しかし、仕事をしなければいけませんよね。
そこでも人間関係があります。

仕事は学校とは違います。学校はこちらが、
お金を払って行く所です。仕事は逆です。
働いた分だけお給料をもらいに行きます。

休んだらもらえません。

だから、ここで何とかしてあげないとダメだって
お母さんの気持ちは当然です。

なぜ、友達関係ができないのか?

基本的な部分を理解して下さい。

友達とはあくまで対等な立場です。合わせる
所は合わせて、自分らしい部分はそのまま
主張する。

そこのバランスが合えば、友達になるだろうし、
合わないと知り合いで終わります。

この子は自分らしさを出すのが恐いんです。

そうすると、友達はできなくて当然です。ただ、
合わせるだけです。友達にしたら、面白くない
人間に見えてしまいます。

人は自分に似た人か、自分にとって特になる
ような人と付き合います。

趣味が一緒だとかもそうですよね。あるいは、
この人は賢いから一緒に居よう、とかです。

これが人間関係の基本みたいなものです。

この子は、小さい頃から自分に自信がなく、
周りに合わせるように生きてきました。
自分らしさを出すのを怖がっているんです。


それを性格だと言う人もいます。

そう言えば、それで終わりです。議論の余地
なんてありません。

でも、世の中を見渡せば、人見知りの人は
たくさんいます。私だって人見知りです。
だからと言って、友達はいますよね。

結局は、自信がないのがすべてですね。

では、どうやれば自信を持てるのか?

自分の得意なもの、コトがないからです。
それさえ持てれば大丈夫です。

この子は周りに合わせるばかりで、自分を
抑えて付けてきました。自分の良い芽も
摘むんできてしまったのです。

ここは親の子育ても関係してきます。

人は、何か武器になる物を身につけないと
社会では生きていけません。


真面目で良い子はたくさんいます。

そこで負けない、何かを身に付けさせる
ことが大切なんですね。

不登校の子でゲームばっかりやっていて、
ゲームの神様、と言われている子がいます。
その子は友達が多いんですよね。

ゲームが良い意味で武器になっています。

では、この子は何に向いているのか?

何を武器にすればいいのか?


それを考えてほしいんです。そして、それを
褒めてあげると良いです。

「お前は●●だから、将来、成功するよ。」


とか、言った事があるでしょうか?

親の声掛けで子どもは自信を持つようになって
いきますからね。自信なんて何もしなくても
持てるものではありません。

「お前は、大丈夫だよ。お前は他の人にない
●●があるからね。お母さん安心してるよ。」


って、言ってあげて欲しいんです。

これだけで自信を持てるようになります。

誰かと比較し続けると、自信はなくなります。
なぜなら、必ず上がいるからです。

東大に行っても上には上がいます。英語を
習いに行けば、また上がいます。それで、
自信をなくすのです。

親から言われた絶対的な言葉が自信に
なります。

今から間に合いますから、この子の武器に
なるようなこと、得意なこと、才能のある
部分について褒めてあげて下さい。

それで友達関係も構築できるようになります。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1875-c79974c3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ