Entries

お母さんの為に、不登校の心理を詳しく解説します!

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学2年の娘がいます。

以前からたまに学校を休むことがありました。その時は
腹痛だったり頭痛だったり、色々と言って休んでいました。
しかし、先々週の金曜日に学校が嫌だと言って休んでいます。

嫌な理由を聞いても自分でもわからないと言ってます。

先週の提出物だけ出しに私も一緒に学校に行きました。
保健室にいたのですが休み時間に先生が友達を呼んで
きてくれ、一緒に教室行こうと誘ってくれたのですが、
泣いてしまいました。結局その日はそれで帰りました。

家に帰って娘にどうだったかを聞いたら友達が来てくれて
嬉しかったそうです。心の重さが少し軽くなったとも言っていました。
 
夜になると次の日は学校に行くような感じの態度をします。
ただ、朝になると起きてこず、部屋に見に行くと学校行きたくない
と言って布団から出てきません。親子関係・・・考えさせられました。

今、学校行きたくないと言っている娘には厳しいことは言えないなと
思い優しく、そして娘の気持ちに沿って接しています。

しばらく休ませたほうがいいのか、それとも少しだけでもいいから
行かせたほうがいいのかわかりません。宜しくお願い致します。

******************終わり******************************

……

回答:

今回は、お母さん向けに、明快に不登校の
子どもの心理状態について話しますね。

不登校は学校と子どもの間の問題です。

この事に尽きます。子どもの心の問題では
ありません。何度でもこの事を頭の中に
入れてください。

「しばらく休ませた方が良い」

「子どもがから動くのを待つ。」

という発想は、不登校を長期化させます。
抜け出せなくなりますよ。

自分の力で学校へ行けるなら、不登校には
なっていません。すごく当たり前のことですが
そうですよね。

心が疲れているのは確かです。

でも、その原因は学校との間にあるので、
学校がある以上、その疲れは消えません。

例えば、こう考えて下さい。

あなたがお姑さんとの間にモヤモヤしたものが
あるのだとしたら、家の中で、あなたがじっと
待っていても、モヤモヤは消えませんよね。

同じですよ、娘さんも。

不登校の子の心理状態をしっかり理解したら、
待つという行動は取れないです。

わかりますか?

このまま待ち続けたら、中学卒業までずっと
不登校が続くはずです。そして、高校進学の
時には内申点が足りず、希望の高校へ進学
できないから、もう諦めてしまう。

ここで諦めたら、ほとんどの子は立ち上がる
ことはできません。人生そのものを諦めるかも
しれません。

そうなる前に動かしましょう。

なぜ不登校になったのか?

嫁姑の関係を考えてみて下さい。違う環境
で暮らしていた人間が、一緒に過ごすのは
とても難しいです。


特に奥さんの方は、姑に合わせないとダメ
なので、辛いです。

実際、精神科の先生に聞くと、嫁姑の問題で
うつ病や精神病になるお嫁さんもいるそうです。
合わないのに、姑さんに合わせようとして、
苦しくなるんですよね。

自分を出せない、自分を押し殺すからです。

あなたは、毎日、姑さんの所へ行けますか?
普通は行けないですよね。息が苦しくなる
はずです。

不登校の子と学校の関係も全く同じです。

真面目で良い子だから、学校に全て合わせ
ようとします。自分を押し殺すわけです。
苦しいに決まっています。


毎日、姑さんの所へ行くんですよ。想像が
できると思います。

多分、一緒に暮らすなら、そのうち慣れる
はずです。でも、半日だけ過ごすとなると、
余計慣れなくなるでしょうね。

この苦しさを不登校の子は持っています。

あなたが家でじっと待っていて解決すると
思いますか?無理ですよね。

では、どうすればいいのでしょうか?

大概、上手くやっている嫁姑さんは共通の
趣味があるとかです。あるいは、何か姑さん
の弱さが見えた時に、良くなります。

つまり、奥さんが自分を出せることができる
ようになったら、上手くいきますよね。

不登校の子もそうなんです。

我慢してしまっているんです。自分を出しては
いけないと勘違いしているんです。


でも、よーく考えて下さい。

どうやって姑さんの前で自分を出せるかを
考えたら、普通は無理ですよね。同じ趣味が
あれば、そこでは遠慮せず出せますよね。

不登校と学校の関係も同じです。

子どもが学校で自分を出せる場所が
あればいいんですね。


それが今の学校にはないんです。

クラブ活動には行く不登校の子はいます。
それは、自分を出しているのではないです。
ストレス発散でしかありません。


充実しているのではなくて、ストレスを
一時的に忘れる活動なんです。

ここを勘違いしてはいけません。

自分を出すとは「自己表現する」こと。


テニスをやっていても、あまり自己表現では
ないです。プロまで行けば違うでしょうが、
そうでない段階では、ちょっとした運動です。

不登校の子は他の子とは違います。

豊かで繊細な感性を持って生まれています。


普通の感覚で話すと誤解されるので少し
難しいんですよね。

豊かな感性を表現する環境が学校にない
から、苦しんでいるんです。じゃあ、それを
誰が用意するかっていう話です。

子どもが学校で「これをやりたいんだ!」って
言えるわけがありません。

今の学校に合わせるのが精いっぱい。

だから、私たち大人が主導して、この子が
自己表現できる場所を作ってあげることが
必要になります。

つまり、学校の活動を新しく設定する。

学校を変えるってことですよね。

そうしない限り、この子は動きません。

もちろん、不登校になって、親からの圧力
とかで精神的にダウンしている時期もある
のは知っています。その時は1週間ぐらい
休ませればいいです。

でも、せいぜい、それぐらいですよね。

学校でどんな活動ができるのか?

嫁姑の関係から考えれば、何がこの子に
起きているのかが理解できるはずです。

「いや、私はお姑さんと仲が良いです。」

と言う人もいるでしょう。あなたのことを
例にしているのではないですからね、
勘違いしないで下さいよ。

一般的な話をしているんです。

それでは、今すぐ、不登校の心理状態を
理解して、学校と新しい活動を与える事を
相談してみて下さい。


待ち続ければ、虫歯のように悪化するだけ
ですからね。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1872-0d17cf4e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ