Entries

スポーツマンの高校生が突然、不登校になった本当の理由

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

高校1年男子です。

4月に入学したばかりですが、学校に行かなくなって
留年になりそうです。学校を休んでいても土日は
外出したりしていましたが、今は昼夜逆転で外にも
出たくないとずっと部屋で携帯いじっています。

スポーツマンの息子でしたが、何故こうなってしまったのか。

とにかく、外に連れ出したいのですが。今後の事を聞いても
何も考えてないと話しにも応じません。

今後、どうしたらいいでしょうか?

******************終わり******************************

……

回答:

高校の不登校の相談です。

高校は義務教育ではないので、いつまでも
休むことはできません。既定の欠席日数に
達してしまうと、留年になります。

留年になると休学か退学かを選択します。

どちらを選択しても大変な状況に変わりは
ないです。

転校という方法もあります。

高校転校するには、留年前に転校しないと
いけません。私の学校にも留年後に転校の
相談を受けるのですが、もうできません。

また、通信制高校に在籍していて不登校の
方が転校を希望されるのですが、私の学校
は全日制だから、転校できません。

いろいろと制約があるのです。

急に子どもが不登校になって、理由も理解
できないのに、転校の話をされるのは何か
違和感があると思います。

しかし、現実問題として、3か月程度の
休みで留年が決まってしまいます。

全く時間がありません。

ほとんどは子どもから動き出すのを待って
いるので、すぐに3か月がやってきます。
そして、気付かないうちに留年が決まり、
退学して家に引きこもってしまっています。


そうなると、もう誰も助けてくれません。

だから、リスクを防ぐために、こういうような
話をあえてしています。

高校の不登校は転校を視野に入れて、
対応しなければいけないのです。

そのうえで、これからすべきことを話します。

なぜ不登校になったのか?

このことから目を背けて、何か対応をしよう
とする人がたくさんいます。原因を見つめる
ことをしないと、転校したって、そこでまた、
不登校になります。

原因があるから不登校になっています。

不登校は思春期特有の現象です。

思春期とは、新しい自分が出てくる時期
ですよね。スポーツマンなのは、思春期
前の話です。

思春期になって、スポーツマンではない
本当の自分が出てきた。


しかし、それに対応できていないんです。

本人自身も自分の変化がわかっていません。
だから、戸惑っているわけです。

例えば、今まで右ハンドルで運転していた
のに、急に左ハンドルに変わるような変化
ですね。

全く違うのに、右ハンドルのように運転を
続けているから、うまくいかないんです。
それでストレスが溜まって、わけがわからず
辛くなって、不登校になっているのです。

だから、子どもに何を聞いても答えられない
のです。

子ども本人も訳が分からないからです。

じゃあ、学校に聞けばいいのか?

いや、学校の先生も不登校については、
あまりよくわかっていません。そのことも
知っておいてください。

不登校についての理解はまだまだです。

「じゃあ、どうすればいいのよ!」

って、怒られそうなので話しますね。

まずは、私の不登校小冊子とメルマガを
読んでください。日本で最初に不登校に
ついて詳しく書いてまとめた本です。

これらを読んで不登校の真の原因を
学んでください。

怠けとか、やる気がないとかとは全然
違う問題です。それが不登校です。


面倒だと思います。

でも、仕方がないんです。

原因を知ることが一番最初にすること
です。私が不登校の原因を解明して
います。それを参考にしてください。

そして、今まで何千人もの不登校の子を
学校へ戻して、卒業させてきました。

信じてもらえる実績はあると思います。

今すぐ、小冊子を読んで、不登校の基本
知識を学んでください。まずは、ここから
ですよ。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1866-9c435a19

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

最新記事


***************************************** 『不登校ゼロ運動』を応援してくださる方
は下のバナー3つをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ