Entries

不登校に「学校へ行く意味」を教えてあげる。

感謝しています。ランキングに参加中です。
よかったら応援してあげて下さい。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


青田です、

以下の質問が届きました。

******************質問********************************

中学3年生の娘が4月に体調不良を原因に
学校に行けなくなっています。

最初は行く気があっても朝腹痛がおさまらないといった
状態だったのですが、今は体調は悪くなくても行かない
といった感じです。

本人は体調が整えば行くといっています。週末は
部活には行けたりしますが、授業となると行きません。

保健室登校など頭からない感じです。

同じ学年に不登校の子がいて、その子たちが
どんな風に言われていたのかもよく知っているので、
自分のことを不登校ではないと認めませんので
カウンセリングなどの対処もできなく、先日はそういう
本を読んでいるのを見つかり、2日ほど口を利きませんでした。

学校から私に呼び出しがありましたので、夜一緒に
学校に行くことにしました

学校のことを普通に話しますので本当は行きたいんだと
思います。その背中をうまく押してやりたいです。ただ感性が
あわないのであれば転校もしかたないのかとも思いますが、
3年生でもあり非常に難しいとも思います。

******************終わり******************************

……

回答:

不登校の子は偏見で見られています。
この子の言葉をよく聞いて下さい。

学年に何人か不登校の子がいて、周りから
馬鹿にされています。その事を子どもたちは
知っているんです。

だから、私は友達の不安があるから、それを
解消する為に別室登校から教室復帰を勧めて
いるんですよね。

友達の目が恐いんです。

教室で、自分の事をネタにして馬鹿にして、
笑っている光景が頭の中に浮かんでいます。


その恐怖心が学校を遠ざけている1つです。

それが恐いから学校へは行かないけど、
部活へ行って友達関係を保とうとしています。
休日に友達と遊ぶ不登校もそうですよね。

孤独になる事が本当に怖いのです。

だからと言って、ここで友達に家に来てもらう
ことをやっても上手くいきません。なぜなら、
一回は来てくれるけど、次がないからです。

来なくなると、子供はより孤独感に襲われる
ようになります。

そして、来てくれる友達も、折角、行ったのに
学校へ来ないから諦めるんですよね。

このままだと中学卒業まで不登校が続き、
高校進学もしない可能性もあります。何とか
して、動かして、学校へ戻してあげましょう。

なぜ、動かないのか?

それは、子ども自身、自分が不登校になって
いる理由が分からないからなんです。それが
一番の不安なんです。

本人もわけがわからないんです。

だから、どうやって解決すればいいのかも
わかっていません。恐いんですね。

おそらく、このお母さんは私の不登校小冊子
やメルマガを読んでくれていると思います。
不登校の原因はわかってくれています。

実は、その事を子どもと話し合って、共有
してほしいんです。

子どもの一番の不安はここなんですよね。

自分に何が起きているのか分からないのに、
子どもから動くのを待っているのは無駄な
行動だって分かると思います。

では、どうすればいいのでしょうか?

まずは、子どもと一緒に不登校の根本原因
について話し合う事です。

「あなたは他の人にない才能、感性を持って
生まれてきたの。でも、その才能を我慢して、
周りに合わせると辛いよね。

だって、人ってみんな違うのに、自分を押し
殺してるのって辛いよね。

お母さんもわかるよ、その気持ち。

学校へ何となく行けないのは、あなたの
脳や体が気が付いてるの。あなたがすごく
我慢しているのがね。学校へ行くと我慢
ばかりだから、拒否反応を起こしているの。

あなたの感性や才能が発揮できる場所や
活動を学校で作らないといけないんだよね。

その前に、何に才能があるか探さないと。

小学校までは学校は、周りに合わせる
場所だったよね。中学、高校は自分らしさを
見つけるのが学校だからね。

あなたは、あなたにしかないものを持って
いるからね。お母さんも一緒に探すよ。」

・・・

少し簡単に話しましたが、こんな感じで
会話してあげると良いです。

学校を合わせるだけの場所から、自分らしさ
を探す場所に意味を変えてあげるんです。
視点を変えてあげる。

それが不登校解決の第一歩だと思います。

不登校の子供の心理状態をしっかり理解
してあげて、不安を取り除いてあげて下さい。


このまま間違った学校の捉え方をしていれば
不登校は続いてしまいます。高校だって行かない
ような可能性もあります。

そうなる前に、今すぐ不登校の原因を息子さんと
共有してあげて下さい。

では、また。

青田


追伸:
暇な時にここをクリックしてみてください!

aota




質問はすべて下記からお願いします。

※質問・聞きたい事は必ず1つに絞って下さい。

ステップ1:子供の状況・性格を詳しく
ステップ2:困っている事・問題点・経緯
ステップ3:その問題点をさらに細かくする
ステップ4:そして、それをどうしたいのか?


Powered by NINJA TOOLS






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://futokou.blog106.fc2.com/tb.php/1861-eea0d05d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

全国7000人が参加した『不登校講演会』映像を配信中!

お名前
メール




プロフィール

不登校教育研究所 代表
青田 進


<今までの不登校教育実績>
再登校させた数=3919人
不登校の大学進学率=約92.7%
不登校教育歴=約21年
不登校講演会の参加者数=約7671人
現在、教育中の不登校生数=約723人

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
5位
アクセスランキングを見る>>

リンク


【まぐまぐ!殿堂入りメルマガ】





FC2ブログ